WordPressテーマ【SANGO】デザイン、価格、機能で選択

※アフィリエイト広告を利用しています

デザイン優先、機能優先、どちらも備えているテーマです。価格もお求めやすいです。

テーマSANGO(サンゴ)はデザイン性がいい、操作性がいい、おしゃれ、などと高い評価を得ているが、どうなんだろうか?

そこで今回はテーマSANGO(サンゴ)の解説です。

この記事はテーマSANGO(サンゴ)の下記を中心に書かれています。

  • デザイン性
  • 操作性
  • 機能性

etc…

テーマSANGO(サンゴ)を購入するかお悩みの方、是非およみください

なおこの記事内ではテーマSANGO(サンゴ)の設定、操作などの詳細内容については触れておりません。

詳細内容を確認されたい方は下記を参照ください。

https://saruwakakun.design/

目次

SANGO(サンゴ)の価格

以下はSANGO(サンゴ)販売価格はホームページより

2022年7月7日にSANGO v3.0をリリースします。それに伴い大変恐縮ですがSANGOテーマの販売価格を¥11,000から¥14,800に値上げ致します。

値上げ当然の社会経済情勢で、いたしかたないと思います。以前の¥11,000円はとても魅力的な価格のテーマでした。

現在の価格¥14,000でもコスパは高いです。

SANGOをお得に購入できる

レンタルサーバー、Conoha WING契約時に「WINGパックとセットでおトク」を選択して購入できます。

SANGOとサルカワ

Webサイト 「サルカワ」 を運営している誰かが作りました。なのでサンゴサルカワで作られたと書きます
そこで少しサイト「サルカワ」について、

サイト「サルカワ」はウェブデザイン、記事内容など、全てにおいて見本となるサイトです。数多くのコンテンツを運営しています。一部を紹介します。

  • Webデザイン
  • 便利ツール集
  • テクノロジー紹介
  • デザインの手法
  • 暮らしの知恵

etc…

以上の内容で高品質なサイトを運営しているので、今も拝見しています。

このようなサルカワが作られたテーマ、サンゴはサイト作り、ブログ作りには力強いテーマです。

SANGOのデザイン性

モノ、商品を買う時にカタログ、メディア画像、雑誌など視覚で感じる美しさがあります。美しい商品を作っている企業は社屋を始め、社内インテリアも、すべてが美しい。

逆にそうでないデサインはすべてが中途半端です。カタログの作りが下手、ホームページのデザインが下手、いくら言葉で「きれい、美しい」と書いても視覚的に判断して下手なデザインは多くあります。

雑誌で例えるなら、大衆芸能週刊誌とデザイン専門誌はちがいます。どちらが美しいと感じるかはそれぞれの感覚ですが、大半の方はデザイン誌を美しいと感じます。

テーマSANGOのホームページは実に心地よいデザインであり、分かりやすく、操作感もいい、なのでテーマの作りも上質である。

SANGOのイメージ

色彩が柔らかいので女性受け、女性に使ってほしい、と言った意見を目にするが、そんな事はない、男性、女性の区別はしないほうがいい。デザインに性別は関係ない。

また、社会問題の記事、経済記事などの社会派記事のサイト、ブログにはSANGOは向いていないとも言われているが、これは利用する側のセンスの問題であり、型にはめ込んだ、思い込んだ考えです。

SANGOは自由と柔軟性をもったテーマで、作り方しだいで、どのような形にもなる。

マテリアルデザイン

マテリアルデザインの本質はユーザーにストレスをあたえない、どのようなデバイスでも操作は感覚、直感的、で簡単である。

SANGOの操作は直感的であり、少ない操作でデザインができる。見た目のデザインと機能美を兼ね備えたテーマである。

デザインに関してまとめると

  • 操作のしやすさ
  • 直感的操作ができる
  • 装飾性が高い

SANGOの機能

機能的な方法を数多く備えています。

  • ブロックエディター対応
  • 記事装飾のバリエーション
  • カスタマイズのしかた
  • 基本的SEO対策設定済み

etc…

SANGOの機能紹介すると文章量が多くなるため省略します。詳細を確認されたい方は「使い方ガイド」を参照してください。

特徴

SANGOの特徴はデザイン性と価格です。数多いWordPressテーマの中で、テーマ選択で大きな要素は価格と、機能(デザイン)です。

この両方を満足させているのがSANGOです。

サンゴはこんな方におすすめ

  • 初めてのテーマを選ぶ方
  • テーマの乗り換えを考えている方
  • デザイン性と機能的テーマを探している方
  • 収益化を考えている方
  • 個人、団体、企業
  • コスパを求める方

あらゆるサイトでの利用が可能です。固定観念で選ばないように。

SANGOのメリット・デメリット

メリット
デメリット
  • 複数のサイトで利用可能(スプリットライセンス)
  • お求めやすい価格
  • 機能が豊富
  • 初期設定に時間がかかる
  • 柔らかい、優しいイメージだけが持たれる。

SANGO利用者のための勉強会やフォーラムが開催されています。参加することにより最新情報、スキル向上がのぞめます。

SANGOの購入方法

2箇所から購入できます。

  1. BOOTHで購入、¥14,800円、
    ブース(BOOTH)はネットショップサービスで 自分がつくった作品を販売することができる。
  2. ConoHa WINGで購入¥14,800円
    レンタルサーバーConoHa WING(コノハウィング)からの購入でレンタルサーバー同時契約でお得です

お得に購入するのであればやはりConoHa WING(コノハウィング)でのお求めをおすすめします。購入条件によってサービスは異なりますが一度検討されては?

まとめ

テーマSANGOはデザイン性と機能、価格でバランスの取れたテーマでお買い得です。一度、購入されると長く利用できる高機能を持っています。

テーマSANGOを利用されている方が多いので、テーマが被ることがあります。これは仕方ないです。人気テーマなので。

テーマ選び、サンゴ(SANGO)SANGOに興味がある人はぜひ参考にしてみてください

購入サイト:ConoHa WINGでSANGOをはじめよう
         BOOTHで購入

SANGO
総合評価
( 4 )
メリット
  • 操作性がいい
  • デザイン性が高い
  • 設定が簡単
デメリット
  • 人気があるのでデザインがカブる
  • サポートが悪い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次