初心者でも簡単!個人事業主向けECサイト構築の決定版

※アフィリエイト広告を利用しています

あなたのハンドメイド作品を、多くの人に届けませんか?

自分の作品を多くの人に届けたいという夢を持っていませんか?

今売りたいもの、売りたいと思っているあなたに、おすすします。

ECサイトを構築すれば、あなたの夢を実現することができます。

しかし、ECサイトの構築は初心者にとってはハードルが高いと感じる人も少なくありません。

そこで、個人でネット販売をする簡単にECサイトを構築できる方法をご紹介します。

ECサイトを構築する方法はいくつかありますが、初心者におすすめなのは、WordPressテーマを利用した方法です。

WordPressテーマは、デザインテンプレートとも呼ばれ、オリジナルデザインや自由レイアウト、時間短縮、費用節約など、さまざまなメリットがあります。

なかでも、今回おすすめするテーマは「WordPressテーマRIKYU」です。

WordPressテーマRIKYU」は、ブログ機能とEC機能を兼ね備えたテーマであり、初心者でも簡単に使いこなすことができます。

WordPressテーマRIKYUでは以下の内容が運営できます。

  • ホームページ作成
  • ブログ運営
  • ECサイト(ECショップ)運営

WordPressテーマRIKYUは、ブログ機能とEC機能を兼ね備えているため、まずはブログで作品を紹介して、徐々にECサイト販売を拡大していくことも可能です。

WordPressテーマRIKYUひとつでブログ、ECサイト運営できます。

目次

WordPressテーマRIKYUで理想のECサイトを実現!

WordPressテーマRIKYUなら、あなたの理想のECサイトを簡単に実現できます。

3タイプのデモサイトから、あなたのECサイト、イメージを膨らませてください。

今すぐ以下のRIKYUデモサイトをチェック!

デモサイト1.https://demo.tcd-theme.com/tcd104/  お茶のお店

デモサイト2.https://demo.tcd-theme.com/tcd104/sneaker/ スニーカーのお店

デモサイト3https://demo.tcd-theme.com/tcd104/plant/  観葉植物のお店

ECサイトの魅力アップ!WordPressテーマRIKYUの拡張性で自分好みのECサイトに!

ECサイトを構築する最適なWordPressテーマRIKYUの特徴を解説します。

特徴は、機能の拡張性の高さです。

数多くの機能の中で特に注目してほしい機能を以下3点を紹介します。

1、商品一覧のサムネ画像の比率変更

商品一覧のサムネ画像は、ユーザーの購買意欲を高める重要な要素です。

では、商品一覧のサムネ画像の比率を商品の特徴やターゲット層に合わせて、

最適な画像サイズを簡単に変更、設定することができる。

たとえば、商品の特徴を大きくアピールしたい場合は、横幅を広くして縦幅を狭くすることができます。

2、商品販売ページのレイアウト変更

では、商品販売ページで大切な項目のレイアウトを自由に変更できる。

商品販売ページのレイアウトを自由に変更できることは、ECサイト運営にとっては便利な機能です。

自由なレイアウトは商品の特徴やターゲット層に合わせて、売上アップにつながります。

3、商品ランキングページ

では、商品ランキングページを簡単に作成できる。

商品ランキングページは、人気商品や売れ筋商品を簡単に見つけることができるため、消費者側にとっては便利な機能であり、

商品ランキングページで、ECサイトのニーズに合う効果的な商品構成、商品運営ができます。

ぜひ、WordPressテーマRIKYUの拡張性を活用して、あなたのECサイトを自分好みにカスタマイズしてみてください。

RIKYUの拡張性について詳しくはこちら

WordPressテーマRIKYUで、ECサイトの魅力をアップ!主要機能の質問でチェック!

ECサイトの魅力をアップするWordPressテーマRIKYUの主要機能を、質問形式で理解されてはいかかでしょうか?

以下、WordPressテーマRIKYUの想定される質問と主要機能を詳しくチェック!

いろんな規模のネットショップがつくれるWordPressテーマ「RIKYU」の主要機能:質問ベースでご紹介

ECサイトの基礎知識を押さえて、あなたのECサイトを成功に導こう!

ECサイトとは、インターネット上で商品やサービスを販売するサイトのこと。ECショップとも呼ばれる。

以前は「ネットショップ」と呼ばれていましたが、最近は「ECサイト」という呼び方が一般的になっています。

ECサイトには、大きく分けて以下、2種類あります。

  • 自社ECサイト:自社で運営するECサイトです。
  • モール型ECサイト:Amazonや楽天市場などのショッピングモールに出店するECサイトです。

今回のは、自社ECサイトとして運営できます。

ECサイトの取引形態は、大きく分けて3つ

B2C(Business to Consumer)会社とお客さまAmazon楽天ZOZO
C2C(Consumer to Consumer)お客さまとお客さまメルカリヤフオク
B2B(Business to Business)会社と会社アスクルモノタロウ
ECサイトの取引形態

「ECサイト」と「オンラインショップ」の明確な区別はありません。どちらもインターネット上で商品やサービスを販売するサイトを指します。

で構築するECサイトはB2Cです。

WordPressテーマRIKYUは小規模ECから大規模ECまで、さまざまなスケールでネットショップを構築できます。

ECサイトの構築方法の種類と選び方

ECサイトの構築方法は、構築の難易度や費用、カスタマイズ性などによって、大きく分けて5つに分類されます。

1、パッケージ型
  • あらかじめ用意されたECサイトのパッケージを利用するため、比較的短期間で、低コストでECサイトを構築できる。
  • カスタマイズ性は低いが、基本的な機能は搭載されているため、初心者でも比較的簡単に構築できる。

今回のはパッケージ型です。

2、モール型
  • 楽天市場やAmazonなどの大規模なECサイトに出店する方法。
  • 集客力が高いこと、初期費用や運営費用を抑えられることがメリット。
  • 規制の範囲内での運営となり、場合によって商品やサービスの種類に制限が生じる。
3、フルスクラッチ型
  • ゼロから自社でECサイトのシステムを構築する方法。
  • 自由度が高く、独自の機能を実現できることがメリット。
  • 開発に多くの時間と費用がかかり、セキュリティやシステムの安定性などのリスクが生じやすい。
4、ASP型
  • クラウド上でECサイトを構築する方法。
  • 月額利用料のみでECサイトを運営できるが、ASPの機能やデザインには制限がある。
5、SaaS型
  • クラウド上でECサイトを構築する方法。
  • ASPよりも機能やデザインのカスタマイズ性が高い。

は、あらかじめ用意されたECサイトのパッケージを利用するため、比較的短期間で、低コストでECサイトを構築することができます。

選び方のポイント

ECサイトの構築方法を選ぶ際には、以下のポイントを検討しましょう。

  • 構築の難易度
  • 費用
  • カスタマイズ性
  • 集客力
  • 機能

自社の状況やニーズに合った構築方法を選ぶことが大切です。

C2CよりECサイト販売を選ぶ理由

ネット販売方法の、メルカリやヤフオクなどのC2C販売形態で、初期費用や運営費用がかからないため、気軽に始めることができます。

しかし、C2C販売形態は、商品の販売のみを目的としているため、自社ブランドの構築や商品のこだわり、特徴を表現することは難しいです。

一方、ECサイトは、自社ブランドの構築やこだわり商品の販売、商品の特徴を表現しやすいというメリットがあります。

また、ECサイトは集客力が高いという特徴があります。そのため、個人事業主が長期的な視点でネット販売を成功させたい場合、ECサイトの構築がおすすめです。

は、豊富なカスタマイズ機能が搭載されており、ECサイトで自社ブランドの構築やこだわり商品の販売に最適です。

また、SEO対策にも対応しているため、集客力も期待できます。

ECサイトは、育てれば大きな事業になります。

あなたの作品を売りましょう。ぜひECサイトの構築を検討してみてください。

WordPressテーマRIKYU、ECサイト運営のこだわり

WordPressテーマRIKYUは、ECサイト運営にこだわりをもって開発されたテーマです。そのこだわりは、以下の3つにまとめられます。

1.商品のブランド化

ECサイトは、商品のブランド化に最適なツールです。商品の特徴や魅力を、わかりやすく伝えることで、顧客の心を掴むことができます。

WordPressテーマRIKYUでは、商品の魅力を最大限に引き出すデザインと機能を搭載しています。例えば、商品画像を大きく表示するレイアウトや、商品の特徴をわかりやすく伝えるテキストなどを用意しています。

2.顧客とのコミュニケーション

ECサイトは、顧客とのコミュニケーションを深めるツールでもあります。商品の購入後も、顧客との接点を持ち続けることで、リピーターを増やすことができます。

WordPressテーマRIKYUでは、顧客とのコミュニケーションを円滑にするための機能を搭載している。例えば、お問い合わせフォームやレビュー機能などを用意しています。

3.独自のサービスの展開

ECサイトは、自社の強みを活かした独自のサービスを提供するためのツールです。

例えば、セールやキャンペーン、ポイント制度など、顧客のニーズに応じたサービスを展開することで、他社との差別化を図ることができます。

では、独自のサービスの展開を支援する機能を搭載しています。例えば、クーポンコードやポイント制度を簡単に設定できる機能などを用意しています。

上記のメリットは、C2C販売では実現することができません。そのため、自社商品の販売では、独自ECサイトの利用がおすすめです。

は、これらのこだわりによって、ECサイト運営を成功に導くためのサポートを提供します。ぜひ、WordPressテーマRIKYUを活用して、あなたのECサイトを成功させましょう。

WordPressテーマRIKYUでECサイトをスピーディに構築・運営する

WordPressテーマRIKYUは、ECサイトをスピーディに構築・運営できるテーマです。その理由は、以下の3つが挙げられます。

1.EC機能の搭載

は、ECサイトに必要な基本的な機能がすべて搭載されています。そのため、ECサイトを構築するために必要なコードの記述やプラグインのインストールなどの作業をする必要がありません。

具体的には、商品の登録やカート機能、決済機能、配送機能など、ECサイトに必要な機能がすべて揃っています。そのため、初心者でも簡単にECサイトを構築することができます。

2.デザインの統一

は、統一されたデザインが採用されています。そのため、デザインのカスタマイズに時間をかける必要がありません。

WordPressテーマRIKYUのデザインは、シンプルで洗練された印象を与えます。また、カラーやフォントなどの基本的なデザイン要素は、自由にカスタマイズすることができます。

3.充実したサポート体制

は、充実したサポート体制が整っています。そのため、操作や運営に困ったときでも、すぐに解決することができます。

WordPressテーマRIKYUのサポート体制は、以下のとおりです。

  • 公式サポートサイト:よくある質問やチュートリアルなど、豊富なサポート情報を提供しています。
  • メールサポート:サポートサイトに掲載されていない質問にも、メールで回答します。

これらのサポート体制を活用する

WordPressテーマRIKYUでECサイトを構築する2つの方法

WordPressテーマRIKYUは、ECサイトの構築に最適なテーマです。その構築方法は、大きく分けて2つあります。

1.WordPressテーマのみの設定手順

この方法は、ブログ運営に慣れた後、本格的にECサイトを構築したい場合におすすめです。

手順

  1. WordPressテーマRIKYUをインストールする
  2. WordPressをインストールする
  3. テーマを有効化する
  4. テーマのカスタマイズ
2.WordPressテーマとWooCommerceを連携させて構築する方法

この方法は、本格的にECサイトを構築したい場合におすすめです。

手順

  1. WordPressをインストールする
  2. WordPressテーマRIKYUをインストールする
  3. WooCommerceをインストールする
  4. 商品情報を登録する
  5. 決済方法を設定
  6. 公開する

どちらの方法も、ドメイン取得、レンタルサーバー契約が必要です。

ブログとECサイトを同じドメインで運営する方法〜メリットとデメリットを解説〜

ブログとECサイトを同じドメインで運営するには、サブディレクトリを使用します。サブディレクトリとは、ドメイン名に「/」を付けて、その後に任意のパスワードを付けたものです。

例えば、ドメイン名が「example.com」の場合、サブディレクトリ「blog」を使用すると、以下のようにアクセスすることができます。

参考例サブディレクトリ= https://example.com/blog

サブディレクトリを使用すると、ブログとECサイトを別々のディレクトリに格納することができます。これにより、ブログとECサイトのコンテンツをそれぞれ独立して管理することができます

また、ブログとECサイトを同じドメインで運営することで、以下のようなメリットがあります。

メリットデメリット
・検索エンジンからの評価が高まる
・ブランドイメージの統一が図れる
・集客力の向上が期待できる
・ブログとECサイトのコンテンツを独立して管理することが難しい
ブログ・ECサイトを同じドメイン運営メリット・デメリット
メリットとしては

検索エンジンからの評価が高まることが挙げられます。これは、同じドメインで運営されているサイトは、関連性が高いと判断されるためです。

また、ブランドイメージの統一が図れることもメリットです。

同じドメインで運営されているサイトは、同じブランドとして認識されるため、顧客に安心感を与えることができます。

さらに、集客力の向上も期待でき、ブログで集めた顧客をECサイトに誘導しやすくするためです。

デメリットとしては

ブログとECサイトのコンテンツを独立して管理することが難しいことが挙げられます。

これは、サブディレクトリを使用すると、ブログとECサイトのファイルが同じディレクトリに格納されるためです。

そのため、ブログとECサイトのコンテンツを独立して編集するには、注意が必要です。

WordPressテーマRIKYUでブログ+ECサイトの運営方法、ブログ活用

WordPressテーマRIKYUは、ブログECサイトの両方を運営できるテーマです。そのため、ブログを活用して売上を伸ばすための方法として、以下の2つが挙げられます。

1. ブログ運営でSEO対策を行い、ECサイトの集客力を高める

ブログ運営を開始し、ブログのコンテンツでSEO対策を行い、上位表示をさせます。

その後、ブログの集客力を活かして、ECサイトを立ち上げ、物販を始めることができます。

この方法のメリットは、ブログで集めた顧客をECサイトに誘導しやすいことです。

また、ブログのコンテンツで商品の紹介や購入方法などの情報を発信することで、顧客の購買意欲を高めることができます。

2. ECサイトと別サイトで集客用ブログを運営する

例えば、ECサイトでは商品の紹介や購入方法などのコンテンツを、

集客用ブログでは商品の使い方やレビューなどのコンテンツを掲載することで、顧客のニーズに合わせた情報提供をすることができます。

この方法のメリットは、ECサイトのコンテンツと集客用ブログのコンテンツを分けて管理できることです。

また、集客用ブログでは、ECサイトの宣伝だけでなく、ブログ自体の人気や収益化も目指すことができます。

どちらの方法が適しているかは、ブログの目的やターゲット層によって異なります。

ブログで運営を開始し、ECサイトの集客力を高める方法は、ブログの運営に慣れてからECサイトを立ち上げたい場合におすすめです。

「ECサイト」と「別サイト」で集客用ブログを運営する方法は、より効果的な集客を図りたい場合におすすめです。

WordPressでECサイトを作るメリット・デメリット〜失敗しないためのポイント〜

WordPressは、ブログやウェブサイト作成に多くの方に使用されるCMSです。ECサイトの作成にも利用することができ、以下のようなメリットがあります。

メリット

プログラミングが不要WordPressは、HTMLやCSSなどのプログラミングの知識がなくても、ECサイトを作成することができます。
比較的短時間で開設できるWordPressテーマやプラグインを利用することで、比較的短時間でECサイトを開設することができます。
プラグインでEC用の機能が追加できるWordPressには、ECサイトに必要な機能を追加できるプラグインが数多くあります。
幅広い決済方法が使えるWordPressには、クレジットカードや銀行振込、代金引換など、幅広い決済方法に対応するプラグインがあります。
管理が簡単WordPressは、管理画面から簡単にサイトの管理を行うことができます。
WordPressでECサイト運営、メリット

デメリット

WordPressでECサイトを作るデメリットは、以下のとおりです。

セキュリティリスクがあるWordPressは、オープンソースソフトウェアであるため、セキュリティリスクがあります。定期的なアップデートとセキュリティプラグインの導入で対応が必要です。
カスタマイズにスキルが必要WordPressは、自由度の高いCMSですが、カスタマイズにはスキルが必要です。
最新の決済テーマが使えない場合があるWordPressは、常に新しいバージョンがリリースされています。最新の決済機能を利用したい場合は、最新のWordPressバージョンに対応した決済テーマを選ぶ必要があります。
WordPressでECサイト運営、デメリット

失敗しないためのポイント

WordPressでECサイトを作る際には、以下のポイントを押さえることで、失敗を防ぐことができます。

目的に合ったテーマ選び

ECサイトの目的やターゲット層に合わせて、適切なテーマを選ぶことが大切です。商品の種類や販売方法など、必要な機能を備えたテーマを選びましょう。

セキュリティ対策を徹底

WordPressは、セキュリティリスクがあるため、定期的なアップデートとセキュリティプラグインの導入で対策を徹底しましょう。

スキルを身につける

デザインや機能を自分好みにカスタマイズしたい場合は、ある程度のスキルを身につける必要があります。

最新の決済機能を利用

最新の決済機能を利用することで、顧客の利便性を高めることができます。最新のWordPressバージョンに対応した決済テーマを選びましょう。

WordPressテーマでECサイトを構築する際の注意点〜失敗しないためのポイント〜

WordPressテーマでECサイトを構築する際には、以下の点に注意することで、失敗を防ぐことができます。

カスタマイズは必要最低限にする

WordPressは、自由度の高いCMSですが、カスタマイズはセキュリティリスクを高める可能性があります。

必要最低限のカスタマイズにとどめ、セキュリティ対策を徹底しましょう。

決済機能は最新版を使う

最新の決済機能は、セキュリティや利便性が向上しています。

最新のWordPressバージョンに対応した決済テーマを選びましょう。

目的に合ったテーマを選ぶ

ECサイトの目的やターゲット層に合わせて、適切なテーマを選ぶことが大切です。商品の種類や販売方法など、必要な機能を備えたテーマを選びましょう。

運営体制を整える

ECサイトの運営には、商品の管理や注文の対応など、さまざまな作業が必要です。

例えば、以下のようなものが挙げられます。

  • 商品の管理
  • 注文の対応
  • 顧客対応
  • マーケティング
  • システムの管理

これらの運営体制を整えて、スムーズに運営できるようにしましょう。

以上の点に注意することで、WordPressでECサイトを安全かつ効果的に運営することができるでしょう。

ECサイトを運営するなら、〜WordPressテーマRIKYUでが選ばれる理由〜

WordPressテーマRIKYUでが選ばれる理由

WordPressテーマRIKYUは、以下の理由から、ECサイトの運営に最適なテーマと言えます。

プログラミング操作が不要

WordPressテーマRIKYUは、WordPressテーマとして、必要な機能がすべて搭載されています。そのため、プログラミング操作の知識がなくても、簡単にECサイトを構築することができます。

コストを抑えられる

WordPressテーマRIKYUは、有料テーマですが、他の有料テーマと比べて比較的安価に利用することができます。また、プラグインを利用することで、さらに機能を拡張することも可能です。

幅広い決済方法に対応可能

WordPressテーマRIKYUは、クレジットカードや銀行振込、代金引換など、幅広い決済方法に対応するプラグインが用意されています。そのため、幅広い決済方法に対応する必要のあるECサイトにも最適です。

短期間で構築可能

WordPressテーマRIKYUは、必要な機能が備わっているので、比較的短時間でECサイトを構築することができます。

WordPressでECサイトを構築するなら、プラグイン拡張がポイント

WordPressは、基本的な機能は備えていますが、ECサイトを構築するには、以下の機能が必要です。

  • 商品管理、
  • 決済、
  • 配送など

これらの機能をプラグインで追加することで、比較的簡単にECサイトを構築することができます。WordPressで多く利用されているプラグインは「WooCommerce」と呼ばれているプラグインである。

WordPressテーマRIKYU+WooCommerce

は、ECサイトを構築するためのプラグイン「WooCommerce」に対応しています。

「WordPressテーマRIKYU+WooCommerce」を組み合わせることで、以下のようなメリットがあります。

デザイン性の高いECサイトを構築できる

豊富なデザインテンプレートやカスタマイズ機能により、オリジナリティの高いECサイトを構築できる。

豊富な機能を備えたECサイトを構築できる

商品管理、決済、配送、マーケティングなど、ECサイトに必要な機能を幅広くサポートします。

比較的簡単にECサイトを構築できる

プラグインを利用することで、プログラミングの知識がなくても、簡単にECサイトを構築できる。

そのため、WordPressでECサイトを構築する場合は、プラグイン拡張機能がポイントとなります。

WordPressテーマRIKYUで個人事業のECサイトを成功させるためのSEO対策

WordPressでECサイトを構築する場合、SEO対策を適切に行うことで、より多くのユーザーにサイトを訪れてもらうことができます。

いわゆる検索上位表示対策である。

また専用ECサイト構築ツールの、ShopifyEC-CUBE、またはBASEにおけるSEO対策での上位表示は難しいとされています。

一方、WordPressテーマRIKYUはSEO対策が比較的容易です。その理由は、以下のとおりです。

テーマのSEO機能を利用する

WordPressテーマRIKYUには、SEO対策に役立つ機能がいくつか用意されています。

例えば、タイトルタグやメタディスクリプションの自動生成、内部リンクの設定、canonicalタグの生成などです。

これらの機能を活用することで、SEO対策の基本的な要素を簡単に実装することができます。

キーワードを意識したコンテンツを作成する

SEO対策においては、キーワードを意識したコンテンツを作成することが重要です。

WordPressテーマRIKYUは、キーワードの設定や関連記事の表示など、コンテンツ作成をサポートする機能が用意されています。

これらの機能を活用することで、SEO対策に効果的なコンテンツを作成することができます。

内部リンクを活用する

内部リンクは、サイト内のコンテンツを相互に結びつけることで、サイトの回遊性を高め、SEO対策に効果を発揮します。

WordPressテーマRIKYUは、関連記事の表示や関連キーワードの表示など、内部リンクを活用する機能を用意しています。

これらの機能を活用することで、内部リンクを効果的に活用することができます。

被リンクを獲得する

リンクとは、他のサイトからリンクをもらうことです。被リンクを獲得することで、サイトの信頼度が向上し、SEO対策の効果が高まります。

WordPressテーマRIKYUは、SNSボタンの設置やSEO対策に効果的なコードの挿入など、被リンクを獲得するサポート機能を用意しています。

これらの機能を活用することで、被リンクを獲得しやすくなります。

これらのポイントを押さえることで、で個人事業のECサイトを成功させるためのSEO対策、検索上位表示対策を成功させることができます。

ECサイト構築の定番、WooCommerceのメリットとデメリット

ECサイトを構築する際に、最も人気のあるプラグインはWooCommerce(ウーコマース)、その理由は、以下のとおりです。

メリット

オープンソースで無料初期費用を抑えてECサイトを構築することができます。
WooCommerceは、WordPress用のオープンソースのプラグインです。
そのため、無料で利用することができます。
また、ソースコードが公開されているため、
カスタマイズや機能追加が自由に行うことができます。
幅広い機能商品管理や決済などの基本的な機能に加え、
レビューやマーケティングなどの機能も利用できます。
WooCommerceは、
商品管理、決済、配送、レビュー、マーケティングなど、
ECサイトに必要な基本的な機能をすべて備えています。
また、豊富なプラグインが提供されているため、
ニーズに合わせて機能を拡張することができます。
使いやすいWordPressの操作に慣れれば、比較的簡単に利用できます。
WooCommerceは、WordPressの操作に慣れれば、
比較的簡単に利用することができます。また、
日本語に対応しているため、日本語で利用することができます。
WooCommerceのメリット

デメリット

セキュリティ対策が必須定期的なアップデートの実施や、セキュリティプラグインの導入など、適切なセキュリティ対策を講じましょう。
カスタマイズにはスキルが必要カスタマイズを検討する場合は、事前にスキルや知識を身につけておくとよいでしょう。
WooCommerceのデメリット

これらのメリットとデメリットを踏まえて、WooCommerceを利用するかどうかを判断しましょう。

WooCommerceを利用する際には、以下の点に注意しましょう。

セキュリティ対策を万全にする

WooCommerceは、オープンソースであるため、セキュリティリスクがあります。定期的なアップデートとセキュリティプラグインの導入で、セキュリティ対策を万全にしましょう。

カスタマイズは必要最低限にする

WooCommerceは、カスタマイズが自由にできるため、セキュリティリスクを高める可能性があります。必要最低限のカスタマイズにとどめ、セキュリティ対策を徹底しましょう。

ECサイトを構築するなら、WooCommerceとTCDの組み合わせがおすすめ

WordPressでECサイトを構築する場合、WooCommerceとTCDの組み合わせがおすすめです。その理由は、以下の2つです。

1.WooCommerceとWordPressは親和性が高い

WooCommerceとWordPressは同じ企業が開発しているため、相性がよく、スムーズに導入できます。

また、WordPress用のオープンソースのプラグインはWordPressとの互換性が高く、問題なくインストールできます。

2.WordPressテーマRIKYUはTCD製品でSEO対策が充実

は株式会社TCDが提供するWordPressテーマです。TCDのWordPressテーマRIKYUは、SEO対策が充実しているのが特徴です。

具体的には、タイトルタグやメタディスクリプションの自動生成、内部リンクの設定、canonicalタグの自動生成などのSEO対策機能を備えています。

これらの理由から、WordPressでECサイトを構築する場合、WooCommerceとTCDの組み合わせがおすすめです。

WooCommerceとTCDの組み合わせであれば、比較的簡単にECサイトを構築することができ、またSEO対策も簡単に行うことができます。

ECサイトの立ち上げを検討している方は、ぜひ検討してみてください。

WordPressテーマRIKYUでECサイトを構築する費用

WordPressテーマRIKYUでECサイトを構築する費用は、サーバー費用、ドメイン費用、WordPressテーマ費用、クレジットカード決済代行手数料、その他費用の5つに分けられます。

1.サーバー費用月額1,500円~サーバー費用は、月額1,500円からのプランが一般的です。
サイトの規模やアクセス数によって、必要なスペックや容量が異なるため、事前に確認しておきましょう。
2.ドメイン費用年間1,500円~ドメイン費用は、年間1,500円からのプランが一般的です。
ドメインは、サイトのURLを構成するものです。
自社で取得することもできますが、
レンタルサーバー会社で取得する場合は、サーバー費用に含まれている場合があります。
3.WordPressテーマ費用39,800円WordPressテーマ費用は、一括買い取りで39,800円です。
4.クレジットカード決済代行手数料月額費用 0円~1万円クレジットカード決済代行手数料は、売上と付随して発生します。
一般的に、3〜3.6%の手数料が発生します。
また、月額費用が発生する場合があります。
5.その他費用数万円~その他費用には、商品の梱包材や送料、広告費などが挙げられます。
WordPressテーマRIKYUでECサイトを構築する費用

月額費用WordPressテーマRIKYUでECサイトを構築する費用

月額費用として気になるのが、売上と付随して発生するカード決済代行手数料です。

上記のクレジットカード決済代行手数料は、GMOペイメントゲートウェイでの月額250万円以下の利用金額であり、

月額250万円を超えた場合は月額費用が1万円が発生します。そのため、月額250万円を超える決済を想定される場合は、

適切な決済代行会社を選ぶ必要があります。

クレジットカード決済代行会社

クレジットカード決済のみを導入する場合、以下の会社があります。いずれも自らで決済代行業者との契約が必要です。

  • GMOペイメントゲートウェイ
  • 楽天ペイメント
  • イプシロン
  • コムシスネットワークス

販売商品によっては、コンビニ決済や電子マネー決済など、クレジットカード以外の決済方法を導入する場合もあります。

その場合は、上記以外の決済代行会社を選択してください。

決済代行会社によって、クレジットカードのみ決済、または複数の決済方法をサービス提供しています。

それぞれの特徴や役割を理解した上で、自社のニーズに合った決済代行会社を選ぶことが重要です。

WordPressテーマRIKYUでおすすめ販売商品

WordPressテーマは、シンプルで洗練されたデザインが特徴です。そのため、トレンドを取り入れたおしゃれな商品を販売するのに適しています。

おすすめの販売商品は、以下のとおりです。

アクセサリー

ハンドメイド製品や、トレンドを取り入れたデザインのピアスやイヤリングは、若い女性層を中心に人気があります。

アパレル

素材や縫製にこだわった洋服は、幅広い年代の女性から支持されています。

インテリア雑貨

トレンドや流行に左右されにくいため、安定した売上が見込めます

食品

地域の特産品や、オリジナルの加工食品は、お土産やギフトとして人気があります。またサブスク利用で季節の野菜を郵送できます。

コスメ・美容

トレンドを取り入れた商品や、オリジナルのブランド商品は、女性の購買意欲を刺激します。

文房具・雑貨

文房具・雑貨は、毎日の生活に欠かせないものです。また、手作りのハンドメイド商品や、オリジナルのデザインの雑貨は、個性的なショップとして差別化を図ることができます。

ペット用品

ペットフードや、ペット用オリジナル用品は、ペットオーナーのニーズに応える商品です。

商品のターゲット層を明確にすることで、より効果的な販売戦略を立てることができます。また、トレンドを取り入れたおしゃれな商品を販売することで、競合他社との差別化を図ることができます。

トレンドを取り入れたおしゃれな商品を販売するだけでなく、商品の品質やサービスなど、競合他社との差別化を図ることも重要です。

まとめ

は、シンプルで洗練されたデザインが特徴で、トレンドを取り入れたおしゃれな商品を販売するのに適しています。個人事業主でも、比較的簡単にECサイトを構築することができます。

ECサイトを構築するメリットは、以下のとおりです。

  • 店舗を構える必要がないため、初期費用を抑えて事業を開始できる
  • 24時間365日、いつでもどこからでも商品を販売できる
  • 商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えることができる
  • 定期的なアクセス解析を行うことで、効果的なマーケティングにつなげることができる

WordPressテーマRIKYUは、これらのメリットを実現するのに役立つテーマです。

ECサイトを構築したいと考えている方は、ぜひ検討してみてください。

またECサイトを成功させるためには、商品やサービスの魅力をわかりやすく伝えること、定期的なアクセス解析を行うことが重要です。

そして使いやすく管理しやすいWordPressテーマの選択が求められます。

WordPressテーマRIKYUは、これからECサイトを構築しようと考えている方にぴったりのテーマです。

ぜひ、無料デモを参考に、その魅力を体験してください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次