【初心者向け】WordPressテーマ選びのポイントとおすすめ5選:会社ホームページ制作

※このページは広告リンクが含まれます。クリックしても、読者の皆様には一切のご負担はございません。

初めて作る会社ホームページ制作。不安でいっぱいだと思います。
「本当にWordPressシステムで大丈夫?」

「デザインテンプレートって、使いこなせるのかな?」

「時間内に完成できるか心配…」

そんなあなたに、WordPressテーマ(デザインテンプレート)を利用したホームページ制作をおすすめします。


WordPressシステムは、世界中で利用されているオープンソースのCMSで実績と信頼を得ています。

※本記事では、WordPressテーマとは「WordPressデザインテンプレート」を意味し、WordPressとだけ表記されているのはシステムを意味します。
システム は、ブログやホームページを簡単に作成・管理できる オープンソースのCMS (コンテンツ管理システム) です。WordPressテーマ(デザインテンプレート)とは別である。


専門知識がなくても簡単に設定でき、ブログやホームページを作成・管理できることが特徴である。


WordPressテーマは、あらかじめ用意されたデザインテンプレートと機能を組み合わせて、簡単にホームページを作成できるツールです。

ホームページとは、ホームページ=WordPressデザインテンプレート+WordPressシステムで構成されるもの。

デザインセンスやプログラミング知識がなくても、ホームページを作ることができます。


ホームページ制作担当者にとって、WordPressデザインテンプレートは、

  • 時間とコストを節約
  • 簡単に更新
  • デザイン性の高いホームページ

を作成するのに最適なツールです。


会社ホームページ制作は、会社の顔となる重要な仕事です。
WordPressデザインテンプレートを活用して、自信を持って取り組んでください。


以下では、会社ホームページ制作におすすめのWordPressデザインテンプレートを5つ紹介します。

※本記事で紹介している情報は執筆時点のものであり、ご利用前に必ず最新情報をご確認ください。

目次

ホームページにおすすめWordPressテーマ(デザインテンプレート)5つ!

1.Emanon(エマノ)

Emanoは、Web集客機能を備え、エレガントで洗練されたデザインが特徴、中小企業、士業、コンサルタント、個人事業主におすすめ!

おすすめ用途

中小企業、士業、コンサルタント、個人事業主や、Web制作会社にご利用いただいているWordPressテーマです。

WordPressデザインテンプレートは4種類

1.Emanon Premium:本格的な企業サイト・オウンドメディア対応
2.Emanon Business:簡易的な企業サイト向け
3.Emanon Pro:オウンドメディア用
4.Emanon Free:WordPress入門用

無料デザインテンプレートあり

上記の4.Emanon FreeWordPress入門用として利用可能であり、ブログ、アフェリエイトにも対応できる。

デモサイト

Emanon Premium

販売価格

Emanon Premium:27,800円
Emanon Business:12,800円
Emanon Pro:9,800円
Emanon Free:0円

Emanon紹介動画

2.LIQUID PRESS

LIQUID PRESSシリーズは・LIGHT・CORPORATE・LP・INSIGHT・SMARTの5つある。企業向けサイトにはCORPORATEがおすすめ!

おすすめ用途

LIQUID PRESS:次世代型フルサイト編集対応ブロックテーマ(NEW)
LIQUID MAGAZINE:ブログ、メディア向け、分析機能付き
LIQUID CORPORATE:企業ビジネスサイト向け、多言語対応
LIQUID LP:ランディングページ向け、運用マニュアル付き

 LIGHT:は無料

おすすめユーザー

・ブロガー、フリーランス、企業のWeb担当者
・美しいデザインでサイトを作りたい方
・サイト制作コストを削減したい方等

デモサイト

LIQUID CORPORATE

販売価格

LIQUID MAGAZINE:16,280円
LIQUID CORPORATE:16,280円
LIQUID LP:16,280円
LIQUID INSIGHT:16,280円
LIQUID SMART:16,280円
LIQUID PRESS:16,280円

3.TCD Beyond(ビジョンド)

サイト制作をもっと自由に、もっと簡単に。革新的なWordPressデザインテンプレートがBeyondです。Beyondは、これまでTCDテーマで培ってきたノウハウを結集した、次世代型WordPressテーマです。

おすすめ用途

企業サイト向けのWordPressデザインテンプレートです。中小企業の自社サイトとしてはもちろん、スタートアップ企業のサービスサイトなどにも最適です。

機能

実績を数値化、チャート作成、LP制作、資料差ウンロードを表示、

デモサイト

TCD Beyond(ビジョンド)

販売価格

TCD Beyond:43,780円

4.facade

「facade」は、企業向けのウェブサイトを作成するためのテーマです。

おすすめ用途
  • 企業、コーポレートサイト
  • 店舗サイト
  • サロン、医院サイト
  • コンサルタント、士業サイト
  • 個人ブログ、アフィリエイトサイト
特徴

安心サポートでホームページを完結まで導きます。またSEO対策においてプラグインなしで高速表示を実現している。画面での特徴の1つにウェブサイトが読み込まれている間に表示される画面、「ローディング」機能を備えています。

  • モダンで洗練されたデザイン
  • カスタマイズ性に優れている
  • さまざまな機能を備えている
具体的な機能

ローディングアニメーション機能、Instagramタイムライン表示、などデザインクオリティの高いホームページ制作が可能である。

  • ヘッダーやフッターのカスタマイズ
  • ページレイアウトのカスタマイズ
  • ウィジェットの豊富な種類
  • ソーシャルメディアとの連携
  • 検索エンジン最適化(SEO)対策
ブロックエディターについて

ブロックエディターと完全には互換性がありません。そのため、ブロックエディターを使用する場合は、一部の機能が使用できない場合があります。

ブロックエディターを使用する場合は、以下の点にについてクラシックエディターを使用しなければならない可能性があります。

  • ヘッダーやフッターのカスタマイズ
  • ページレイアウトのカスタマイズ
  • ウィジェットの配置
  • ソーシャルメディアとの連携
  • SEO対策
注意事項

このテーマは、企業向けのウェブサイトを作成するための優れたテーマです。ただし、ブロックエディターを使用する場合は、上記の点に注意してください。

デモサイト

facade

販売価格

facade:1,600円

5.エスティバル

エスティバルは、カスタマイズ性が高く、初心者でも使いやすいことです。エスティバルの WordPress テーマシリーズは、「他のテーマでは実現できない、クリエイティブな自由を与えてくれます」

エスティバルは、WordPressテーマ 7シリーズWordPressテーマ Elementorシリーズ2種類に分けられています。

おすすめ用途

多機能用途に対応しています。

  • 一般企業・ビジネスサイト
  • 医療・歯科・メンタル
  • 工業・建設・デザイン
  • 飲食・レストラン
  • 美容・ネイルサロン
  • 物販・小売店
  • ネットショップ・ECサイト
特徴

多くの機能を備えています。下記に機能の一部を紹介します。

  • ECサイトに対応、WooCommerceと連携
  • レスポンシブデザイン
  • 検索エンジン最適化(SEO)対策
  • ソーシャルメディアとの連携
  • ページレイアウトのカスタマイズ
デモサイト

下記のデモサイトはWordPressテーマ 7シリーズの内容です。

販売価格

上記のWordPressテーマ 7シリーズ1,〜20,まで全て 定価45,000円

WordPressテーマ Elementorシリーズ、定価1,700円〜

会社ホームページ制作は

  • 会社のイメージを向上
  • 顧客との接点を増やす
  • 新しいビジネスチャンスを獲得

など、多くのメリットがあります。

WordPressデザインテンプレートを活用して

  • 時間とコストを節約
  • 簡単に更新
  • デザイン性の高いホームページ

を作成し、会社の成長に貢献しましょう。

一緒に頑張りましょう!

WordPressテーマ(デザインテンプレート)でホームページを作るメリット・デメリット

WordPressデザインテンプレートのメリット

WordPressテーマでホームページ制作メリット5つ

  1. 格安でシステム構築できる
  2. 多様な会社イメージにマッチする豊富なWordPressテーマ
  3. 簡単な操作で更新・管理
  4. 機能拡張を可能にする豊富なプラグイン
  5. 困った時に役立つ豊富な情報

それぞれについて解説します。

1.格安でシステムが構築できる

WordPressシステム(CMS)は無料で利用できます。WordPressテーマ(デザインテンプレート)は無料のものと有料がある。

後述するドメイン取得費用やレンタルサーバー費用は必要ですが、全体的な費用を抑えることができます

ホームページ制作会社、プロに依頼した場合と比較すると、

  • 制作料金:
    • プロに依頼: 30万円~100万円 (小規模サイトの場合)
    • WordPressシステム・テンプレート利用: 1万円~5万円 (デザインテンプレート購入費用)
  • 制作時間:
    • プロに依頼: 1~2週間 (小規模サイトの場合)
    • WordPressシステム・テンプレート利用: 自身の作業時間
  • 管理料金:
    • プロに依頼: 月額5,000円~
    • WordPressシステム・テンプレート利用: 不要

このように、WordPressテーマ(デザインテンプレート)を利用することで、格安でホームページを制作できます。

2. 多様な会社イメージにマッチする豊富なWordPressテーマ

多種多様な会社形態に対応する、豊富なWordPressテーマ(デザインテンプレート)が存在します。

各会社のイメージに合ったWordPressテーマ(デザインテンプレート)が見つかり理想的なホームページを実現できます。

WordPressテーマ(デザインテンプレート)販売会社はデモサイトを提供しており、デモサイトからあなたの会社イメージ画像をさがすことができます。必ず視聴してください。

※デモサイトとは:ホームページの完成イメージを確認できるサンプルサイトのようなものです。またサンプルで使用されている写真、画像は付属していません。各自で用意するものです。

豊富なWordPressテーマ(デザインテンプレート)から会社イメージに合うものを選択することで、スムーズにホームページ制作を始められる。

3. 簡単な操作で更新・管理

WordPressテーマ(デザインテンプレート)は、ブログ感覚で簡単に更新・管理できます。

文章と画像を配置するだけでホームページが完成するため、プログラミング知識は不要です。

もちろん、知識があればより自由度の高いカスタマイズも可能です。

主な操作内容

  • 記事の作成・編集: ブログのように記事を作成・編集できます。
  • 画像の挿入: 画像を挿入して、視覚的に訴求するページを作れます。
  • デザインの変更: テンプレート設定画面から、簡単にデザインを変更できます。
  • プラグインの追加: 機能を拡張したい場合は、プラグインを追加できます。

初心者でも簡単に操作できるため、初めてホームページを制作する場合におすすめです。

4. 機能拡張を可能にする豊富なプラグイン

プラグインとは、WordPressテーマ(デザインテンプレート)の機能を拡張するためのプログラムです。

WordPressデザインテンプレートを家に例えると、プラグインは家電や家具のようなものです。

家は完成したものの、照明を追加してオシャレにしたい、クーラーを設置して快適にしたいといった要望に応えるのがプラグインです。

具体的には、以下のような機能を追加できます

  • SEO対策: 検索エンジン対策を強化し、上位表示を目指す。
  • お問い合わせ: 問い合わせフォームを設置し、顧客からの連絡を受け付ける。
  • SNS連携: ソーシャルメディアとの連携を強化し、情報発信を拡大する。
  • ショッピングカート・決済機能: オンラインショップを開設し、商品販売を行う。

これらのプラグインは世界中のクリエイターによって開発されており、多くのものが無料で提供されています。

注意点3つ

1.プラグインは必要最低限に留め、動作速度の低下を防ぐ。
2.信頼できる開発者のプラグインを選択し、セキュリティリスクを軽減する。
3.プラグインを最新の状態に保ち、脆弱性を修正する。

これらの点に注意することで、プラグインを安全に活用できます。

5. 困った時に役立つ豊富な情報

 WordPressデザインテンプレートに関する情報は、インターネット上で非常に多く公開されています。

制作・運営中に問題が発生した場合、多くの場合、同じ問題を解決したページを見つけることができます。

情報収集の例

  • エラーメッセージ: エラーメッセージを検索することで、原因と解決方法を調べることができます。
  • デザインカスタマイズ: 具体的なカスタマイズ方法や、参考となるデザイン例を見つけられる。
  • プラグインの使い方: プラグインの使い方や、おすすめのプラグインを見つけることができます。

また、優れたデザイン性を持つホームページも多数存在するため、デザインの参考にすることもできます。

情報収集を通して、

  • 問題解決
  • デザインのヒント
  • 新しい機能の発見

などが期待できます。

WordPressテーマ(デザインテンプレート)のデメリット

WordPressテーマ(デザインテンプレート)は、初心者にとって簡単にWebサイトを作成できるツールですが、

制作から問題解決、全てを自分で行う必要がある」というデメリットがあります。

プログラム制作会社に依頼すれば、電話一本で完結し、管理までしてくれますが、自分で作成する場合は、全て自分で対応する必要があります。

具体的には、以下のようなデメリットがあります。

1.デザインの自由度が低い

WordPressテーマ(デザインテンプレート)はあらかじめデザインが決められているため、自由度が低くなります。

  • 細かいデザイン変更は難しい
  • 他のサイトと似たようなデザインになりやすい

2.機能が制限されている

WordPressテーマ(デザインテンプレート)は、利用できる機能が制限されている場合があります。

  • 特定のプラグインが使えない
  • 独自機能を追加できない

3.セキュリティリスク

無料WordPressテーマ(デザインテンプレート)の中には、セキュリティ対策が不十分なものもあります。

  • マルウェア感染のリスク
  • 個人情報の漏洩リスク

4.カスタマイズが難しい

プログラムの知識がないと、WordPressテーマ(デザインテンプレート)をカスタマイズするのは難しい場合があります。

  • デザイン変更に時間がかかる
  • 専門家に依頼する必要がある

5.アップデートによる不具合

WordPressテーマ(デザインテンプレート)を更新すると、サイトのレイアウトが崩れたり、機能が動かなくなる場合があります。

これらのデメリットを理解した上で、WordPressテーマ(デザインテンプレート)を利用するかどうかを検討する必要があります。

また、デメリットを補う方法は、

  • 有料WordPressテーマを利用する
  • 子テーマを使ってカスタマイズする
  • コードの知識を習得する
  • 信頼できるテンプレート開発者を選ぶ

などの方法があります。

デメリットを理解した上で、正しく利用するようにしましょう。

初めてのWordPressテーマ(デザインテンプレート)選びで失敗しない5つのポイント

数多くのテーマから、理想的なホームページを実現するために必要な要素を満たすテーマを選ぶのは簡単ではありません。そこで、初めてのWordPressテーマ選びで迷っている方向けに、失敗しないための5つのポイントを解説します。

1. デザイン

会社イメージに合ったデザインを選ぶことは、ホームページの第一印象を左右する重要な要素です。

1.1 デザインを選ぶポイント

  • 自社のイメージに合ったデザインを選ぶ
    • 業種やターゲット層に合ったデザインを選ぶ
    • 色使いやフォントにもこだわる
  • 使いやすさを考慮する
    • 初心者の場合は、シンプルなデザインを選ぶ
    • 文字が読みやすく、見やすいデザインを選ぶ
  • デモサイトを確認する
    • テーマがどのように表示されるかを確認できる
    • スマートフォンでの表示も確認する

2. 国産テーマ

数万種類以上あると言われるWordPressテーマ(デザインテンプレート)ですが、日本製のテーマを選ぶことをおすすめします。

2.1 国産テーマを選ぶメリット

  • 日本語でサポートを受けられる
    • 問題が生じた時に簡単に解決できる
    • 情報が多いので、問題解決に役立つ
  • 日本の文化や習慣に合っている
    • 欧米製のテーマでは、使いにくいと感じる場合がある
  • 安心感がある
    • 日本語でサポートを受けられるので、安心
    • 有名な企業が開発しているテーマも多い

3. サポート

WordPressテーマ(デザインテンプレート)を購入後、問題が生じた場合、迅速かつ丁寧なサポートを受けることは非常に重要です。

3.1 サポート体制の比較

項目無料テーマ有料テーマ
サポート方法フォーラムやドキュメントのみメール、チャット、電話など
対応速度遅い速い
対応品質低い高い
日本語対応ない場合が多いある場合が多い
サポート体制比較表

4. SEO対策

近年、検索エンジンで上位表示されるために、SEO対策は重要になっています。

4.1 SEO対策とは

  • 検索エンジンで特定のキーワードが検索された際に、自分のサイトが上位に表示されるようにするための対策
  • タイトルタグやメタディスクリプションを設定する
  • キーワードを適切に盛り込む
  • コンテンツの質を高める

4.2 SEO対策設定がされたテーマを選ぶメリット

  • 上位表示への近道になる
  • アクセス数の増加につながる
  • ビジネスチャンスの拡大につながる

4.3 SEO対策で重要なポイント

  • コンテンツの質を高める
  • 定期的にコンテンツを更新する
  • キーワードを適切に盛り込む
  • 文章を分かりやすく読みやすくする

5. スマホ対応(レスポンシブデザイン)

近年、インターネットユーザーのアクセスは、パソコンからスマートフォンへと大きくシフトしています。

5.1 レスポンシブデザインとは

  • デバイスの画面サイズに合わせて自動的にレイアウトを調整するデザイン手法
  • スマートフォン、タブレット、パソコンなど、どのようなデバイスからアクセスしても、快適にホームページを閲覧できる

5.2 レスポンシブデザイン対応のテーマを選ぶメリット

  • すべてのデバイス(スマホ・タブレット)で快適な閲覧体験を提供できる
  • Google、検索エンジンからの評価が向上する
  • アクセス数の増加につながる
  • ホームページ制作の効率化
  • デザインの自由度が高い

WordPressテーマを選ぶ際には、上記の5つのポイントを参考に、会社イメージに合ったテーマを選びましょう。

初めてのWordPressテーマ選びは、迷ってしまうことも多いと思いますが、上記のポイントを参考にすれば、失敗する可能性を減らすことができます。

上記の5つのポイント以外にも、価格なども考慮する必要があります。

初めてのホームページ制作:WordPressテーマを使って設定する順番

白紙の状態からでも大丈夫! ここでは、WordPressテーマ(デザインテンプレート)を使ってホームページ制作を初めて行う方向けに、設定手順を分かりやすく説明します。

STEP
準備

目的を決める: ホームページで何を伝えたいのか、目標を明確にしましょう。

必要なものを用意する

  • レンタルサーバー: ホームページのデータを保存する場所です。
  • ドメイン: ホームページの住所のようなものです。
  • WordPress: ホームページ作成ソフトです。
  • WordPressテーマ: ホームページのデザインを決めるテンプレートです。

    ドメインは、レンタルサーバーを契約するに用意しておくことを強くおすすめします。

    理由
    ドメインは、ホームページの住所のようなものです。ドメインを取得しないと、ホームページを開設できません。レンタルサーバーを契約する前にドメインを取得しておくと、スムーズにホームページ制作を始められます。

【ドメインについて関連記事】

STEP
WordPressインストール
  1. レンタルサーバーにWordPressをインストールします。
  2. ドメインをレンタルサーバーに設定します。
STEP
WordPressテーマ(デザインテンプレート)設定
  1. WordPressテーマを選択します。
  2. テーマをインストールして有効化します。
  3. テーマ設定画面で、ホームページの基本的なデザインやレイアウトを設定します。
STEP
コンテンツ作成(作文・画像レイアウト)
  1. ホームページに表示するコンテンツ(文章、画像、動画など)を用意します。
  2. WordPressの管理画面から、各ページを作成してコンテンツを編集します。
STEP
公開
  1. 作成したページを公開します。
STEP
運用
  1. ホームページのアクセス状況を分析します。
  2. 必要に応じてコンテンツを更新したり、デザインを変更したりします。

その他

  • ホームページ制作は、時間と労力が必要です。
  • 分からないことがあれば、インターネットで調べたり、専門家に相談したりしましょう。
  • 諦めずに、一歩ずつ進めていきましょう。

この説明が、初めてのホームページ制作の参考になれば幸いです。

ホームページ運営の成功を左右する!レンタルサーバーの重要性

ホームページを開設・運営する上で、レンタルサーバーは欠かせない存在です。 しかし、多くの方がレンタルサーバー選びを軽視してしまう傾向があります。

実は、レンタルサーバー選びは、ホームページの表示速度やセキュリティ、そして運営コストに大きく影響します。

 つまり、適切なレンタルサーバーを選ぶことが、ホームページ運営の成功を左右すると言っても過言ではありません。

レンタルサーバーの重要性と、最適なレンタルサーバーを選ぶためのポイントについて簡単に触れておきます。

1. ホームページの表示速度

レンタルサーバーの性能は、ホームページの表示速度に大きく影響します。 表示速度が遅いホームページは、ユーザー離脱率を高めてしまうだけでなく、SEO対策的にも不利になります。

特に、近年はスマートフォンユーザーが急増しており、モバイル環境での表示速度も重要になっています。 

2. セキュリティ

レンタルサーバーは、ホームページのデータを保存する場所です。 そのため、セキュリティ対策が不十分なレンタルサーバーを選ぶと、データ漏洩や改ざんなどのリスクが高まります。

特に、近年はサイバー攻撃が巧妙化しており、レンタルサーバーも攻撃対象になっています。 セキュリティ対策に力を入れているレンタルサーバーを選ぶことが、ホームページを守るために重要です。

3. 運営コスト

レンタルサーバーには、さまざまな料金プランがあります。 機能や性能によって料金が異なり、中には非常に高額なプランもあります。

予算内で最適なレンタルサーバーを選ぶためには、必要な機能と性能を明確にする必要があります。 費用対効果を意識して、コストパフォーマンスの高いレンタルサーバーを選びましょう。月額1,000円台で考えてください。

まとめ

初めてのホームページ制作で迷っているあなたへ!

この度は、「WordPressテーマ(デザインテンプレート)」の選び方について解説しました。

記事の内容を簡単にまとめると、以下のとおりです。

1. WordPressテーマ(デザインテンプレート)とは?

WordPressテーマ(デザインテンプレート)とは、ホームページのデザインやレイアウトを簡単に設定できるテンプレートです。

2. WordPressテーマ(デザインテンプレート)を使うメリット

  • デザインの知識がなくても、簡単にホームページを作成できる
  • 豊富なデザインから、自社イメージに合ったテーマを選べる
  • 初期設定が簡単で、すぐにホームページ制作を始められる
  • 機能拡張が容易で、さまざまな機能を追加できる

3. WordPressテーマ(デザインテンプレート)を使うデメリット

  • 無料テーマは、機能が制限されている場合がある
  • 有料テーマは、費用がかかる
  • カスタマイズには、ある程度の知識が必要となる

4. おすすめWordPressテーマ(デザインテンプレート)

  • 有料テーマ

5. WordPressテーマ(デザインテンプレート)の設定手順

  1. テーマの購入・ダウンロード
  2. テーマのインストール
  3. テーマの設定
  4. コンテンツの作成
  5. 公開
  6. 運用

6. ホームページ制作の成功にはレンタルサーバーも重要

WordPressテーマ(デザインテンプレート)と合わせて、レンタルサーバーも選ぶ必要があります。

7. ホームページ制作は諦めずに、根気よく続ける

ホームページ制作は、時間と労力がかかります。しかし、完成した時の達成感は格別です。

この記事が、あなたのホームページ制作のお役に立てれば幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次