個人事業主は安定性、高評価wpX Speedレンタルサーバーがおすすめ3つの特徴

※アフィリエイト広告を利用しています

個人事業で収益運営、企業サイト作りには性能にこだわりたい、安定性を求めるならwpXSpeedです。

エックスサーバー株式会社はエックスサーバー、wpX Speed、シン・レンタルサーバーと3つのレンタルサーバーを展開している。

今回はWordPress専用クラウド型レンタルサーバー、wpX Speedの紹介です。

アフィリエイト運営を考えて収益化を考えているなら、wpX Speedがおすすめ、区分リソースで他者の悪影響を受けないレンタルサーバーです。

wpX Speedクラウド型レンタルサーバーの特徴は3つ

  1. 速さ
  2. 専用割当てリソース
  3. オートスケール

WordPressを利用する上で高い機能をもちあわせています。

これから先の時代を見越して作られた高性能と安定した運営、合理的な料金設定で利用かのうなWordPress専用クラウド型レンタルサーバーです。

WordPress専用レンタルサーバーをお探しのかた、是非参考ににしてください。


個人事業主や将来はブログで収益化を考えているならwpX Speedクラウド型レンタルサーバーは一つの選択肢にもなります。

\ 詳しくは下記をクリック/

目次

おすすめポイントはクラウド型・個人専用区分リソース

クラウド型レンタルサーバーとは一つのサーバーを利用人数分区分し利用専用サーバーとして提供します。共用サーバーのように1つのサーバーを数人で利用するものではない。

専用サーバーなので仮想化ソフト費用、管理コスト面では割高になるデメリットがある。

サーバー費用を抑えたいのであれば従来の物理レンタルサーバー(共用サーバー)がお得です。

物理レンタルサーバーとは具体的にはエックスサーバーなどです。

それでは具体的にwpX Speed、WordPress専用クラウド型レンタルサーバーの内容を紹介します。

wpX Speedをおすすめポイントを見ていきましょう。

スクロールできます
チェック項目内容
SSD化対応
初期費用無料
転送量13.5T/月(1日約450GB)
容量200GB
高速化nginx、NVMe、PHP-FPMモードFastCGIモード利用、HTTP/2
SSL対応無料独自SSL
WordPress簡単インストール対応
WordPressかんたん移行対応
サブドメインマルチドメイン無制限無制限
自動バックアップ無料、1日1回サーバー上全てのデータをバックアップ、過去7分保持
サポート電話サポート有り、電話番号すぐ分かります。親切です。
wpX Speedをおすすめポイント

大きな特徴はさきほどの説明どうり、WordPress専門のレンタルサーバーであること。

レンタルサーバーを利用する場合のCMS(Webサイト構築ソフト)は、ほぼWordPress一択で世界のCMS市場シェアを見てもWordPressの利用は62.5%、ブログ運営はWordPress利用者が圧倒的に多いです。

ブログ運営では圧倒的人気ソフトであるWordPressに特化したレンタルサーバー、wpX Speedは安定的な速さ、機能面で優れています。

wpX SpeedのWordPress専用クラウドレンタルサーバーは今後需要が増すことが予想されます。

キャンペーン

特別なキャンペーンはしていません。キャンペーンなしでも十分にお得な料金システムを提供しいるからです。

料金は使った分だけ支払う、さらに上限金額を設定されているので契約料金以上支払いは発生しません。

独自ドメイン

独自取得できます。

独自ドメインには愛着がわきブログ運営継続のモチベーションにも繋がります。是非取得してください。

取り扱いドメイン一覧

スクロールできます
種類年額最短契約年数備考
.com1,650円1年
.net 1,650円 1年
.org 1,650円 1年
.biz 1,650円 1年日本語ドメインの取得ができません
.info 1,650円1年日本語ドメインの取得ができません
.jp5,500円1年
.ne.jp 7,700円1年個人や個人事業主は取得出来ません
.gr.jp7,700円1年個人や法人により構成される任意団体で登録可能です
.co.jp7,700円1年個人や個人事業主は取得出来ません
.or.jp7,700円1年個人や個人事業主は取得出来ません
取り扱いドメイン一覧

速度

wpX SpeedレンタルサーバーはNVMe採用しNVMeはSSD側に搭載することにより読みか書きデータを高速転送ができます。

また2021年「KUSANAGI」と提携によりWordPressの高速化チューニングが施されさらに速度を増しました。

安定稼働

wpX Speedレンタルサーバーはクラウドサーバーの特徴であるリソースを専門に個別割り当てし、常に安定稼働を確保しているので、

一般的物理サーバー(レンタルサーバー)は共同利用のため他利用者のデータによる悪影響でアクセスしづらい状況が生じますが、これを回避できます。

またwpX Speedオートスケール機能により急なアクセス増加に対して自動対応できます。

オートスケールの説明は下記「本記事内で使われた用語について解説します」参照

オートスケール設定のしきい値を決める参考情報は管理パネルログイン>サーバー設定>リソース利用状況、から確認できます。

オートスケールは利用料金に関係するので、自己判断でオン、オフの設定が必要です。例えば、オン、オフの設定は過去3ヶ月分のリソース利用を確認して行うといいでしょう。

プラン

wpX SpeedレンタルサーバーのプランはW1〜W3まで用意しています。

おすすめはW2です。

2023年以前は3つのプランを提供しています。

スクロールできます
W1W2W3
2.2円/時(税込) 最大1,320円(税込)/月4.4円/時(税込) 最大2,640円(税込)/月8.8円/時(税込) 最大5,280円(税込)/月
メモリ2GBメモリ4GBメモリ8GB
コア数2コアコア数3コアコア数4コア
SSD容量200GBSSD容量300GBSSD容量400GB
転送量目安13.5TB/月転送量目安18.0TB/月転送量目安22.5TB/月
初期設定費無料初期設定費無料初期設定費無料
wpX Speedレンタルサーバープラン

\ 詳細は下記をクリック /

wpX Speedレンタルサーバーお試し期間

ありません。

これもキャンペーンをしないことと同じく、単純に使いたい人向け、安定性と速さの自信でしょう。

wpX Speedレンタルサーバー利用者数

日本のWordPressサーバーシェア率(2022年1月)、wpXSpeedは2.4%、国内7位です。

キャンペーン、お試し期間なしでもこの順位はまさに安定と高速を約束した結果でしょう。

下記にで順位が確認できます。

参照:マニュオン

SSL(TLS)証明書

無料独自SSL、無料無制限で利用できます。

WordPressかんたんインストール

WordPress簡単インストール機能がつかえます。通常の設定は数時間必要です。WordPressかんたんインストールは数十分で完結でき時間を有効につかえるのは魅力的。

料金設定

wpX Speedクラウドレンタルサーバーは必要なときに必要な分を使う。使用した分だけ料金を支払います。全てのプランは時間単位の課金制です。

wpX Speedレンタルサーバー料金は上限設定されています

レンタルサーバーを使用した分だけ無制限に料金が発生するわけではない。

wpX Speedクラウドレンタルサーバー上限金額が決められているので、それ以上の金額は発生しません。使った分だけ支払うお得なレンタルサーバーです。

サポート

メール、無料電話サポート有ります。

エックスサーバー株式会社で展開しているエックスサーバーレンタルサーバーやシン・レンタルサーバーのお問い合わせ項目も分かりやすく電話番号を明記しています。

利用者の問題解決に積極的で好感がもてる。

電話対応をうたっている他社は電話番号を明記していない、またはわかりにくいようにしています。サポートに非協力的な会社も実在しています。

マニュアル

ホームページで詳細に明記され、またマニュアル内容に関しての質疑に対して電話、メールでの問い合わせができるようにしています。

バックアップ

有料です。1データ5,500円の費用がかかります。オプションでひと月770円でバックアップデータの復元ができます。有料分だけ確かなデータ復帰、管理されていて安心。

バックアップも利用された分だけ支払料金が発生します。

\ 詳しくは下記をクリック/

本記事内で使われた用語について解説します。

スクロールできます
用語解説
HTTP/2ウェブサーバーからウェブページのデータを取得するためのプロトコル(手順、規則)
PHP-FPMモードウェブサイトを高速安定させる機能
FastCGIモードウェブサーバ上で一度起動したプログラムを一定時間待機させ、それによって処理を高速化できる。
NVMeSSDで2種類あり、SATAとNVMeがある。NVMeは高速でかつ小型である。
オートスケールサーバー負荷時に自動的にサーバー台数を増減する機能です。システムの安定稼働を目的とする。
nginxWebサイトに使われるサーバーソフトで高速、大量処理を得意とする。Apacheより早い。
KUSANAGIWordPressなどのウェブシステム向けに最適化された仮想マシンです
本記事内で使われた用語

以降はクラウドサーバーについて説明します。

個人事業は安定したクラウドサーバーがおすすめ

クラウドサーバーは自分専用のスペースをサーバー内で持つことができ、他からの使用状況で悪影響を受けずに安定稼働ができます。

全てのサーバーに求められていることは

  • サーバートラブルが少ない、安定している
  • 表示速度が速い

クラウドサーバーは仮想技術で成り立っており、上記のサーバートラブルが少なく、安定し、表示速度が速いのが特徴で、またクラウドサーバーはソフトウェアを持たなくてもオンライン上でアクセスして利用できるシステムです。

料金面ではクラウドサーバーは使いたい分だけ使う、使用量に対して料金を支払うことで、使わなくても月額一定料金支払いのレンタルサーバーと比べとお得です。

クラウドサーバー運用には本来、専門的知識を必要とし、構築、運用、セキュリティはご自身で管理しなければなりません。

しかしレンタルクラウドサーバーはサーバーをレンタルするのでシステム構築や運用、セキュリティは事業者である、レンタルサーバー会社が行います。

個人で何らかの事業をされている方でした、費用面と安定性といった面からバランスの取れたwpX Speedレンタルサーバーはおすすめです。

\ 詳しくは下記をクリック/

仮想化

クラウドサーバーの仮想化とは1台の物理サーバーが複数台のサーバーが実在するように機能することから言われている。

仮想とは1台の物理サーバーが数台で稼働しているかのように振る舞うことから仮想と言われている。

仮想を例えるなら

例えるなら一台のパソコンにWindowsOSMac0Sをインストールができ、Windows用ソフトもMac用ソフトも一台のパソコンで作動できると仮定した場合、

コンピュータ本体ハードは1台ですが、別々のOSが稼働しているので2台のコンピュータが存在しているように思える。

これが仮想と言われている意味です。1台を2台で稼働しているように見えることです。

これはユーザーから見たら実在しないが仮にあると想定している。これが仮想である。

まとめ

今回はwpX Speedを紹介しました。特筆すべきことはクラウドサーバーでWordPress専門というところです。個人事業主で安定性を求め、アフィリエイト運営ができるレンタルサーバーを求めるならwpX Speedレンタルサーバーは最適です。

今後はクラウドサーバーが増え続けて行くことでしょう。サーバー運営は仮想化することのほうがメリットが多いです。

物理サーバのデメリットはクラウドサーバに比べ、サーバ本体のユニットごとに設置するため多くのスペースが必要で、電源、管理の面で効率が悪いからです。

現状の物理レンタルサーバーハードウェア技術進歩により、物理サーバーはCPUが行う計算に必要なコア数、メモリやストレージ容量のは使い切っていません。これも効率が悪い。

クラウドサーバーは運営効率、コスト面からも効率的に、安定稼働できるサーバーなので需要は増える。

wpX Speedは自分のブログ運営成長と共にプランもステップアップできるので長く使い続けられるクラウド型レンタルサーバーです。

とくに個人事業での利用はおすすめです。初心者の方でも将来的にアフィリエイトで収益化を考えているかたにおすすめです。

総合評価
( 4 )
メリット
  • WordPress専用高速サーバー
  • 専用割当てCPU
  • 急激アクセスに対応機能オートスケール
デメリット
  • 料金設定割高
  • 高機能、上級者向け
  • 利用者が少ないので情報も少ない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次