ブログを始めるあなたにmixhostレンタルサーバーは90秒でWordPress設置

※アフィリエイト広告を利用しています

レンタルサーバーに高速と安定性を求める方に、初めてのブログ運営の方にWordPress専門のレンタルサーバーmixhostレンタルサーバーはあなたの希望をかなえます。

2023年度の第三者調査機関では速度、ユーザー満足度など6冠獲達成を成しとけ、高評価されているため契約数を伸ばし続けているレンタルサーバーです。

mixhostレンタルサーバー運営は2016年度に発足しアズポケット株式会社から提供されている。

特徴は物理サーバーでありながら利用者個別にリソースを割り当てWordPressに特化し「アダルトOK」のレンタルサーバーで、個人から企業まで広く利用されている。

この記事はmixhostレンタルサーバーでの料金、サーバー機能チェック、特徴を解説していきます。

mixhostレンタルサーバーをご検討の方、是非、参考にしてくださ。

目次

mixhostレンタルサーバーでブログ始める最小料金は968円

初めての方には、契約期間が36ヶ月の場合、将来の不安から選ぶことをためらうかもしれません。そこで、目標とする1年間の継続を考えると、12ヶ月契約がおすすめです。

mixhostでは現在キャンペーンとして12ヶ月契約で56%の割引を実施しています。下記は、12ヶ月のスタンダードプラン料金から56%割引された金額です。

スタンダードプラン内訳
12ヶ月契約月換算968円  (12ヶ月一括支払い  11,616円)
ドメイン12ヶ月契約で永久無料(指定ドメイン)
合計月換算968円  2,178円 (12ヶ月一括支払い 11,616円  2,6136円
スタンダードプラン内訳表

mixhostレンタルサーバーはこのような方におすすめ

  • はじめての方でブログを長く運営し収益化を考えている方
  • アクセス数の多い方
  • 画像サイトの多い方
  • サーバーの機能、安定性にこだわりたい方
  • アダルト運営をしたい方

はじめての方でも安心、安定の運営がなされストレージ容量、速さ、どれも高性能のレンタルサーバーです。料金は長期契約でお得に利用できます。

おすすめは以下の理由

  • サーバー速度
  • CloudLinux機能で安定
  • プラン変更が可能、アップ、ダウン、両プラン変更対応(2022年3月16日ダウングレードにも対応)
  • 日本国内のWordPressサーバーシェア率とランキング1.6%、国内9位(参照マニュオン)

mixhostレンタルサーバー、スタンダートプラン解説

mixhostレンタルサーバー機能装備をチェックしましょう。項目は以下の内容です。

オススメプランは「スタンダード」です。スタンダードプランの特徴は容量やサービス内容では下位クラスですが、月に25,000PVアクセス、年間300,000PVアクセスに対応しています。

SSDストレージは下位クラスながら無制限で利用でき上位モデルとの差を感じさせないスペックです。

mixhost機能10項目チェック、料金設定(スタンダード)はキャンペーンなし、通常料金で表示。なぜ通常料金での表示かと言いますと、キャンペーン終了後は正規の料金で支払いが発生するからです。

スクロールできます
チェック項目内容(スタンダード)詳細
料金設定(スタンダート)
初期費用
月額(12ヶ月契約)
月額(36ヶ月契約)
無料
2,178円 (年間26,136円)
2,178円(年間78,408円)
WordPressサイト2個以上つくれるか
可能
マルチドメイン数
データベースの数(MySQL)
無制限
無制限
WordPress簡単設定対応WordPress90秒クイックスタート
サーバーの速さSSD
メモリ
通信規格  HTTP/3 
Webサーバー
転送量
無制限
8GB
対応
LiteSpeed
無制限
SSL独自SSL証明書無料
管理画面の使いやすさcPanel採用
バックアップ・データ復元バックアップ
データ復元
無料、自動、1日ごとに14日間
無料
プラン変更可能即日対応、使用可能、
お試し期間なし
30日間返金保証
プランのダウングレード可能
 ー
30日以内解約可能、返金あり
アップグレードも可能
サポート体制メールのみ電話サポートなし
スタンダードプラン概要

ここでは細かなデータを深堀せず、必要最小限に上記10項目をチェックしてみました。

はじめてのブログ運営は不安があります。しかし長く続けたいと考えているならサーバーに求めることは多少費用がかかっても安定性、速さ、管理のしやすさに重点を置くべきです。

料金のみに重点をおくあまり、スピード障害、やストレージ容量不足などでサーバーを変えたいと思った時、また最初のサーバー難民となりサーバー選びから始まり、料金を見くらべる作業をしなければなりません。

それなら最初からmixhostレンタルサーバーを選択されてはいかがでしょうか?

mixhostスタンダード、プランは「はじめての方」でも安心して将来のデータ量増加、画像、動画数を気にすることなく安心運営できます。

一個のプランで長く利用できるのがmixhostレンタルサーバーです。

以降から少し詳しく上記10項目チェックの内容とそれに付随するいくつかの項目を説明します。

mixhostレンタルサーバー料金・プラン

mixhostレンタルサーバー、おすすめプランはスタンダード(Standaed)です。各社共通で長期契約がお得ですが、何らかの理由で解約したい場合を考えたら36ヶ月の長期契約は不安です。

そこで1年契約、12ヶ月契約で年間24,816円一括支払い、月額換算で2,718円から始めてみてはいかがですか?

キャンペーン料金についての支払注意事項として、キャンペーン料金は更新時に通常料金にもどることです。

2023年5月11まで、キャンペーン価格では年間11,616円

キャンペーン価格では月額支払い2,178円通常料金から割引56%適用され月額支払い968円になり、年間24,816円から年間支払金額は11,616円と破格のお値段です。

レンタルサーバー会社、選択で料金の安さを第一選択肢に考えるならmixhostレンタルサーバーを選ばずに、迷わず他社での契約を考えてください。

mixhostレンタルサーバーは低料金ではありません。

mixhost(ミックスホスト)ではなぜ通常月額換算2,178円と価格設定されているのか?料金の違いはレンタルサーバー性能と管理のちがいです。

高性能なレンタルサーバーは1,000円台が多い、性能で選ぶとそれなりの料金が発生します。

サイト、2個以上つくれるかチェック

スタート当初は長くブログ運営をしたい、そして最終的にはアフィリエイトで収益化を目指したい、と思うなら、一つのサイトより、2つ目のサイトで収益化をするパターンが多いです。

これは1つの契約レンタルサーバーから複数のサイト(ブログ)を作る事を意味します。

複数のサイト制作に必要な機能は、マルチドメインの数 データベースの数(MySQL)です。マルチドメインが10個ならWordPressのサイトも10個作れる。

mixhostレンタルサーバーではWordPressサイトを無制限につくれます。

サーバーの速さの影響は閲覧数に影響

サーバーの速さは閲覧者の離脱にもつながりGoogleのSEO評価も下がると言われています。

たしかにユーザーからみてサイト表示速度が2秒〜3秒かかるなら我慢できず他のサイトに移ってしまいます。

また0.01秒の人間の目で判断しづらい速さを求めても意味はない。

参考までにGoogle側から提案されている速さの指標は以下の図です。

サイト表示速度は早いほうがいい、読者にとっても速さは親切である。ある程度のページ表示速度はGoogleのSEO評価以前にユーザーファーストであれば当り前のことです。

mixhostレンタルサーバーの速さの理由

  • mixhostレンタルサーバー機能
  • CloudLinuxサーバー
  • PHP
  • MySQL

以上を簡単に解説します。

mixhostレンタルサーバー機能
  • SSD(ソリッドステートストレージドライブ)を使用
  • 2Webサーバーソフト(LiteSpeed)使用
  • 転送量(無制限)
  • HTTP/3採用、
CloudLinuxサーバー

CloudLinux(クラウドリナックス)はサーバーOSであり、バツグンの安定性を発揮する。さらにmixhostレンタルサーバーのCPU、メモリ「3CPU/メモリ4GB」をそれぞれ利用者にリソース割り当てを行っている。

mixhostレンタルサーバーの大きな特徴は物理サーバーでありながら上記のように契約者ごとにリソース割り当てしていること。

リソース割り当てにより他の利用者からサーバー動作による悪影響を受けにくい安定稼働を提供できることです。

ちなみにmixhostレンタルサーバーは仮想サーバーではありません。CloudLinuxサーバーと呼んでいます。

PHP

サーバー高速の要因でもあるPHP(スプリクト言語)の動作環境はモジュール版より早いLSAPI方式を採用しています。mixhostレンタルサーバーではPHPを現在最新版の8で運用、スピードとセキュリティに優れている。

MySQL

マイ・エスキューエルはデータベース管理システムです。大量のデータを安全に、保管、更新を高速に取り扱うことができるシステムです。MySQLはSQLで動いています。

プラン変更できるか確認

長期間ブログ運営をしているとデータ容量保存の問題が生じてきます。ブログ成長とともに容量が不足する場合がまれにあります。

ブログ内容に高画質画像を多く利用される人や収益化のため多くの商品画像を掲載する方など最近動画や画像を取り入れるなブログが多くなっています。

最初は不安の中でスタートしたブログ運営です。費用の面で低予算プランを選択する場合が多いです。

低予算の場合は容量が少な目なので高画質な画像で容量不足が生じます。容量不足を回避する意味でプラン変更は必要です。

そこで同じレンタルサーバー会社でステップアップ、プランに移行できることを確認しましょう。

しかし希望するプランがない場合は他のレンタルサーバー会社に引っ越しをしなければなりません。

他社へのプラン引っ越しには再度、費用と手間が生じます。運営費節約、時間節約の意味でもプラン変更で他社への引っ越しは避けたいです。

mixhostレンタルサーバーではプラン変更はいまのプランからステップUPできます。それもマイページから手続きできます。

この場合アップグレード・ダウングレードにも対応しています。

mixhostレンタルサーバーでは2022年3月16日付の記事でプランのダウングレードにも対応することを発表。

アップグレード はお支払い確認後、ダウングレードは即時反映されます。

mixhost(ミックスホスト)のサポートページ

また自らのサイトでアクセス集中が予想された場合には即アップグレード変更ができ、そして再度もとのプランに戻すこともできます。

他社からのWordPress移転代行には10,978円の費用がかかります。

mixhostレンタルサーバーの管理画面の使いやすさは賛否両論

はじめての方には初めての管理画面が、使いやすいか分からないです。

そこで大切なのは直感でつかえるか?を基準に考えてください。

レンタルサーバーの管理画面は、契約内容をはじめWordPress設定、アクセス解析、セキュリティ設定などサーバーに関わる情報確認と操作をする画面です。

管理画面の使用感には個人差があります。見た目と直感で使うしかありません。

mixhostレンタルサーバーはcPanelと言われる、ソフトを採用

管理画面に関しては最初に触られた操作が基準となり、新しい管理画面では違和感を感じます。慣れるまでには時間が必要です。

mixhostレンタルサーバーでは下記の「cPanel」を採用してます。

「cPanel」操作に慣れるまで時間がかかります。

cPanel

mixhost(ミックスホスト)cPanelのなかみ

レンタルサーバーはバックアップできるかチェック

ブログ運営を管理する上でデータのバックアップは重要です。必ずバックアップできるかチェックしましょう。

バックアップはデータの破損や消失に備えて保存しておくことです。バックアップデータは別の場所で別保存されます。

なぜデータが破損、消失するのか、多くは人による誤操作です。必ず生じる問題であり、備えておいて損はないです。

バックアップを取る方法には手動と自動があり、 自動バックアップを行っているレンタルサーバー会社を選択すべきです。
mixhostレンタルサーバーは自動バックアップ無料で行います。

もしも復元が必要であるなら無料で復元してくれる方がいいです。しかし無料復元にばかりこだわらないでください。

バックアップや復元料金は本来有料としている会社が多いです。

お試し期間ではなく30日間補償制度

mixhostレンタルサーバーでは、お試し期間はありませんが返金制度を設けています。

30日間補償制度は30日以内に、なんらかの理由により契約解除を行った場合に返金する制度です。

30日間保証制度契約解除に関して注意事項

  • 追加オプション料金は対象外
  • ドメイン取得料金は対象外
  • 30日すぎると、対象外(31日目から解約できるが、返金はなし)
  • プラン変更、対象外
  • 解約手続きと同時にサポートセンター連絡が必要

解約と返金は別

解約は30日過ぎても可能であり1年過ぎても解約できます。ここでは30日以内の解約を30日間保証制度と呼ばれて返金される内容についての説明です。

解約はmixhostマイページにログインをし手順どうりで済ますが、自動で返金も同時手続きされるとお考えでは間違いです。返金は解約手続き後に別途必要です。

「ご契約後のお問い合わせ」から返金手続きをしてください。

独自ドメインを取得されている場合は全額返済にはなりません。

mixhostサポート機能をチェック

電話サポートはないです。メールかヘルプ&サポートミュニティで問題解決します。

電話サポート対応と明記されているレンタルサーバー会社がありますが、電話番号は苦労しないと見つからないのが多いです。

また、つながらない電話での待機、通話料金、何度も電話する手間より素早いメール対応のほうが良心的です。

電話対応を謳っているレンタルサーバー会社がありますが、2時間以上通じない場合もあります。通じても問題解決されないこともあり、それなら最初から「メール対応のみ」と説明されているほうがいいです。

実際の経験ではmixhostレンタルサーバーでのメール対応は早く適切な回答を頂きました。

メールのみ対応なので電話サポート番号を探す時間を有効的に使えます。

http://からhttps://にリダイレクトする方法

mixhostレンタルサーバーでは常時SSL化設定に関して以下の方法をお知らせしています。

[A] Really Simple SSL プラグインを使用する(WordPressサイトのみ)
[B] cPanelのForce HTTPS Redirect機能を利用する
[C] cPanelのリダイレクト機能を利用する
[D] .htaccessを編集する

詳しくはhttp://からhttps://にリダイレクトする方法を参照ください。

いいレンタルサーバーは速さだけではない

どのような条件がいいレンタルサーバーか?

速さでしょうか?

料金でしょうか?

速さや安定性を求めるなら料金1,000円台のプランを選択するのが確実です。

しかし速さだけが、いいレンタルサーバーの基準ではないです。

データー密集時、多くの負荷、様々な動作環境の中でバランスよくデーター分散をしサーバー運転を安定させることが大切です。

大切なのはサーバーの管理体制とチューニングです。人的管理と機械的管理両方行うレンタルサーバー会社を選びましょう。

価格の差は機械性能、人的管理に差があるからです。あまりにも低予算のレンタルサーバーを選択する際は十分検討してお決めください。

mixhostレンタルサーバーのメリット・デメリット

メリットデメリット
高速
初期費用0円
契約料金1ヶ月支払いがな
mixhost(ミックスホスト)のメリット・デメリット

メリット・デメリットを確実に明記できることは難しく、多くは感想意見なのでここではカットさせていただきます。しかし、2点についてのみ書くと、

デメリットで気になるのは料金1ヶ月支払いがないことです。是非mixhostレンタルサーバーで検討してほしいです。

メリットでは高速対策でのハードやソフト面では最先端技術を使用し高速化対策に満足度しています。しかしこれも人それぞれの感想です。

当然反対意見の「遅い」と言われている方もいます。

mixhostレンタルサーバー口コミ評価

それではmixhost(ミックスホスト)の「みん票」の口コミを見ていきましょう。

最高スペック

エックスサーバーとかconohaとか一通り使ってわかったが、mixhostが一番速くてコスパがいい

Cパネル以外は満足!

2019年から利用しております。x鯖や木葉など、複数契約して使っていましたが、1番満足しています。

なんだかんだ、初心者の頃からずっと使っています。他のサーバーに慣れている人などは、Cパネルが独特過ぎて使いづらいと感じることがあると思います。

サーバーの性能は、他のレンサバと大差ないので、サポートがちゃんとしている点においては、他のレンサバよりもちゃんと問題解決をしようと誠意ある対応でおすすめです。

初期費用もかからないので、お得にレンサバを使うなら一番不満の少ない選択になると思います。

サーバー契約からWorkPress設定までがカンタン!

数あるレンタルサーバーの中でこちらのサーバーを選んだ理由は3つです。

一つ目は、サーバーの契約をして独自のドメインを取ると、

ワンクリックすればWordPressがインストールでき、設定までされるところです。

自分でいろいろと設定しなければならないと思っていたのに、こんなに簡単に自分のサイトが作れるとは拍子抜けするほどでした。

さらに、自動的にSSL化されているので安心してサイト運営ができます。

二つ目は、1つのサーバー契約で、複数のドメインを持てることです。

ドメインごとにサーバーを契約しなければいけない手間が省けます。

三つ目は、初期費用がかからず、月額費用も安く抑えられているところです。格安サーバーを契約するよりは、高速で安定したmixhostを選んで良かったと思いました。

バックアップやデータ復元の保証があり安心

自営の仕事のためにホームページを制作することになり、レンタルサーバーを契約する必要がありました。


表示速度や月にかかる料金なども契約の際には重要になる項目でしたが、決定打となったのはデータのバックアップと破損した場合の復元が無料であることです。

操作方法に多少の不安がありましたが、WordPressの設置やドメインの取得も簡単にできました。


月にかかる費用が千円以下のスタンダードプランを契約したので、宣伝経費としては安く抑えられたことも嬉しいポイントです。

本記事内で用いられた言葉の解説

ここからはブログ記事内で使われた言葉を抜粋して解説してあります。

PHP

PHPは、動的にWebページを生成するためのサーバーサイドで動作するスクリプト言語です。

スクリプト言語にはJavaScriptとPHP(Hypertext Preprocessor)の2つがあります。

PHPはコンパイル処理を必要とせず、実行できるプログラミング言語です。

コンパイル処理は、コンピュータが理解できるように変換する処理のことで、一時的に時間がかかりまる。

PHPはこの処理が不要なため、高速化に貢献しています。現在、PHP 8が主流です。

PHP 8では、JITコンパイラと呼ばれる機能が導入され、プログラムコードの一時的な保存が可能になりました。また、その他の機能が最適化されたため、サーバーの負荷を軽減し、高速化に貢献しています。

SSD

SSD「ソリッド・ステート・ドライブ」の略

サーバー内のアプリケーションソフト、ファイルを保存、取り出しを行う。保存処理、データ取り出し処理、2つの動作スピードを高速で行う装置です。

HDD搭載サーバーと比較するとSSDは3倍の速度で処理できます。

mixhostレンタルサーバーでは割り当て数値を公開しています。

スタンダードータイプではCPU6 コア&SSD300GBメモリ8GB

NVMe

エヌヴイエムイーというSSDの一つです。データの読み書き、転送を高速で処理できる。高性能、高速化を追求した部品です。

Webサーバー

マシン、ハードディスクを稼働させるプログラムです。パソコンあるいはスマホからのアクセスに応答してくれるのがプログラムである、Webサーバーです。

転送量

パソコンやスマホからのリクエストで、データーを送る量のこと、送るデータ量のことです。ではどれだけの量があると安心なのでしょうか?

例:ブログのデータ量は文書と数枚の写真データで1.5〜2.0MBです。ユーザーからの閲覧で計算すると1ブログ1サイトを2.0MBで計算した結果

1日10,000人の方が閲覧(アクセス)したと仮定。2.0MB×10,000人=20,000MB(20GB)

1ヶ月で300,000人(300,000PV)

月データ使用量は20,000MB(1日)×30日=600,000MB(600GB)

mixhostレンタルサーバー、スタンダードプランでの転送量を、 仮に4,500GB(4.5TB)と設定した場合、4,500(GB)-600(GB)=3,900GB(3.9TB)が余っています。

HTTP/3

ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルとはWebサーバーとパソコンやスマホが情報のやり取りで使われる通信手段、いわゆる決め事です。

Webサイトにはそれぞれの言語といわれるプロトコルと呼ばれている言語で構成されている。

「ことば」に言い換えると英語のサイト内容を理解するには英語で、日本語サイトを理解するには日本語になります。

これでは英語と日本語では会話が成立しません。英語を話せる方が日本語も話せるか、逆に日本語を話せる人が英語も話せるようにするしか方法はありません。

これを1つのことばで統一してサイトを作り上げることで素早く理解できるようになります。これがHTTPと言われる言語である。

HTTPは進化されて、HTTP/0.9からはじまり、HTTP/1.1、HTTP/2、現在ではHTTP/3、となりより高速での読み込みがなされます。

SSL

SSL(Secure Socket Layer)セキュア ソケット レイヤー 直訳すると、厳重、受け口、階層、これだけでは意味がわからない。

SSLはインターネットでセキュリティを意味しデータを暗号化する。例えばクレジットカード番号を暗号化し盗み防止。電子証明書による本人確認、なりすましを防止する。

アドレス http://・・・とhttps://・・・の違い

前述のSSLの続きになる。SSLはWebサーバーとWebブラウザ(Safari、Firefox、Internet Explorer、Google Chrome)との通信において安全のためにデータの暗号化を行っている。

安全なWebブラウザ(Safari、Firefox、Internet Explorer、Google Chrome)にはアドレス、https://・・・ Sが付きます。htts://・・・で始まる銀行などのホームページで入力された情報は暗号化され通信途中で情報が盗みとれないようにしています。

物理サーバー

1台のサーバーをそのまま使うことで、レンタルサーバーは1台のサーバー機能を数人の利用者が共同利用している。

仮想サーバー

1台のサーバーをソフトにより数台分稼働しているように使えるサーバーで、利用者専用サーバーとして提供できる。

リソース

レンタルサーバーのリソースは以下の内容です。

  • ストレージ
  • メモリ
  • CPU

があります。これた3つがレンタルサーバーを動作させる構成要素である。簡単に3つの構成要素を説明します。

ストレージ

WebサイトやメールのデータをHDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)に保存するための装置であり、長期間用、補助記憶装置と言われています。

身近なストレージとしてはSDカードやUSBがあります。

メモリ

長期間用、ストレージに対して一時的保管用の記憶装置をメモリと言われる。CPUとストレージ(HDD・SSD)のに入りデータをスムーズに行う。

サーバーのメモリの種類はいくつかある。例として

  • RAM(ラム)
  • ECCメモリ
  • DRAM(ディーラム)

が有名である。

ブログ運営当初は4G程度で十分である。また月に数万からのアクセスや多くの収益が発生したなら12GへステップUPしましょう。

CPU

CPUを日本語で表すと、中央演算処理装置という。メモリやストレージと並んでサーバーを構成する需要装置である。サーバーの処理能力を表す。

CPUは速さと直結しクロック数(1.8GHz)の数字が大きほど(2.4GHz)処理能力が速い。またCPUには「コア」の数がある。コアとは人間で例えると作業人数でコア2よりコア4の方が多いので効率がいい。

まとめ

今回はmixhostレンタルサーバーの解説でした。バランスのとれた高速、安定性を利用者に提供してくれます。

初めてのブログにWordPress設定が簡単に済、WordPress専用として長く利用できるレンタルサーバーで、またアダルト開設できる数少ないレンタルサーバーでもあり、アダルト目的なら迷わずに選べるレンタルサーバーです。

ブログの収益やアクセスの成長に伴うステップUPとして柔軟なプラン変更に対応している。

金額でけで判断するレンタルサーバーではなく実績で判断でき、その上での料金体制で納得できるレンタルサーバーです。

mixhostレンタルサーバーは初めてのレンタルサーバーをお探しの方、将来は収益目的されているあなたに最適なレンタルサーバーです。是非ご検討ください。

損をさせないレンタルサーバーです。

mixhost(ミックスホスト)
総合評価
( 4 )
メリット
  • 高速
  • メールサポート親切
  • 30日間の返金保証
デメリット
  • サポート平日のみ

障害に関しては少ないです。以下にて確認できます。

参照:mixhost  Incident History

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次