初めてのレンタルサーバーは高速【カラフルボックス】評価、メリット・デメリット

※アフィリエイト広告を利用しています

コストを抑えてブログを始めたいあなたに、高速・安定性を兼ね備えているクラウド型レンタルサーバー、カラフルボックス(Colorfulbox)をご紹介します。

カラフルボックス(Colorfulbox)レンタルサーバー会社、「株式会社カラフルラボ」は2018年度に発足しました。

後発ならではのメリットは新技術を取り入れ高機能機器で安定稼働できることです。

2022年1月、日本トレンドリサーチによる調査ではユーザー満足度が高く副業に使いたいレンタルサーバーNo.1に輝いています。

最新技術を取り入れたレンタルサーバー、カラフルボックスは今後の成長率が期待できるレンタルサーバーです。

この記事はカラフルボックス(Colorfulbox)レンタルサーバーの特徴と、レンタルサーバーに関連する専門用語、SSD .RAIDや、転送量の具体的な容量などもあわせて解説しています。

カラフルボックス(Colorfulbox)をご検討の方、是非参考基準としてお読みください。

目次

カラフルボックス(Colorfulbox)の特徴

他社との差はクラウド型レンタルサーバーであり利用者個別にリソースを割り当てた共用レンタルサーバーです。

リソースとは、個別割に割り当てられた、CPUやメモリなどの物理的なハードウェアでる。

個別リソース割当によって

他者からの悪影響を受けません。クラウド型レンタルサーバーは安定稼働で個人から企業まで広く利用できます。

カラフルボックス(Colorfulbox)には多数のプランが用意されていますが、おすすめはプランBOX2です。

この記事内容は「はじめての方レンタルサーバー利用者」向けとして、BOX2、を1年契約でおすすめする形で書きました。

カラフルボックス(Colorfulbox)のBOX2は、はじめての方でも安心して1つのプランで長く利用でき、将来のデータ量増加を気にすることなく運営できます。

通常料金1,166円からスタートできます。

この記事では、料金の考え方は12ヶ月(1年)を基本としています。カラフルボックスで最もお得なプランは「BOX2」で、キャンペーンなしの月額料金は1,166円です。

年間の料金は13,992円になります。

キャンペーン期間が終了した後は、上記の金額での月額料金が適用されることに注意してください。

カラフルボックス(Colorfulbox)は月払いには対応していませんが、1ヶ月契約は可能です。

月換算表示は分かりやすくするためです。支払いは契約時に一括支払いです。

また最新キャンペーンをチェックすることでお得にレンタルサーバーを利用できブログ運営できます。

月額料金でもっともお得な契約は最長期間36ヶ月ですが、初めての方は先行きの不安から選択しづらいかもしれません。まずは12ヶ月料金でレンタルサーバー契約をされる方が安心です。

下記は50%OFFキャンペーンから12ヶ月料金でBOX2プラン料金をまとめた内訳です。

BOX2内訳
初期費用、3ヶ月以上無料
12ヶ月契約12ヶ月×@583円=6,996円、一括支払い
ドメイン12ヶ月契約で永久無料(指定ドメイン)
合計6,996円(キャンペー期間不明)通常料金は13,992円です
BOX2キャンペーン12ヶ月料金内訳

カラフルボックス(Colorfulbox)のおすすめユーザー

  • 初めての方で、ブログを長く運営し収益化を考えている方
  • ステップアップを考えている方
  • サーバー速度と安定性を求めている方

カラフルボックス(Colorfulbox)は、高性能なレンタルサーバーで、初心者の方でも簡単にWordPressの設定、セキュリティ対策、サーバーの安定稼働を体験できます。

お得な料金は、長期契約の12ヶ月以上からご利用いただけます。

カラフルボックス(Colorfulbox)【おすすめ】理由

  • 最新のSSD、RAID構成
    高速かつ信頼性の高いデータストレージ
  • サーバーソフトに次世代「LiteSpeed」を採用
    高速で軽量なWebサーバーソフトウェア
  • CloudLinuxを採用
    セキュリティが強化され、安定性が高いLinuxベースのオペレーティングシステム
  • 豊富な料金プラン
    顧客のニーズに合わせた多様なプランが用意されている
  • プラン変更が自由
    顧客は必要に応じてプランを変更できる
  • 新たな会社の為、ハード、ソフト、最新鋭である
    新しい会社であるため、最新のハードウェアとソフトウェアを使用している

このように、最新のSSD、RAID構成、次世代のWebサーバーソフトウェア「LiteSpeed」、安定性が高いLinuxベースのオペレーティングシステム「CloudLinux」を採用し、

多様なプランが用意され、自分の成長に伴い自由にプラン変更ができる。

レンタルサーバー選びの3つのポイント

レンタルサーバーを選ぶ際は、以下の3つのポイントをチェックしましょう。

  1. 安定性
  2. 速さ
  3. 管理画面

1. 安定性とは、障害が起きにくく、サーバーが停止しにくいことです。過去の障害情報を確認してください。

2. 速さとは、サイト表示が速いことです。それには、SSD化やHTTP/2ないしHTTP/3の採用が必要です。

3. 管理画面、サーバー設定、契約内容の変更、バックアップなどの操作性は良好ですか?

上記の3つの項目をチェックしましょう。

カラフルボックスは、1.と2.については問題なく、3.については使いにくいと言われています。使いにくい操作には時間をかけて慣れる必要があります。

以下では、カラフルボックス(Colorfulbox)のレンタルサーバー選択時にチェックすべき12項目をまとめました。。

カラフルボックス(Colorfulbox)プランBOX2を対象に12項目をチェック

スクロールできます
チェック項目(BOX2)内容詳細(BOX2、通常料金)
料金(プラン)設定初期費用3ヶ月以上契約で無料、1ヶ月契約の場合2,200円
月額(12ヶ月契約)1,166円月額換算、一括支払、13,992円
月額(24ヶ月契約)1,078円月額換算一括支払、12,936円
月額(36ヶ月契約)968円月額換算一括支払、11,832円
WordPressサイト2個以上つくれるかマルチドメイン数無制限
データベースの数(MySQL)無制限
WordPress簡単設定対応簡単自動インストール有料設定あり
サーバーの速さSSD全て対応300GB(BOX2)
通信規格HTTP/3
WebサーバーサーバーソフトLiteSpeed採用
転送量18TB/月
サーバーの種類共用サーバー
SSL無料独自SSL証明書COMODO社(現セクティゴsectigo)
管理画面cPanel 採用
バックアップ可能無料、自動、過去14日間
データ復元可能無料
プラン変更可能アップグレード、ダウングレード両方に対応
お試し期間30日間30日お試し期間でもSSL化可能、クレジットカード不要
サポート体制メール、チャット電話サポートはBOX7から平日のみ、土曜、日曜はサポートなし
Colorfulbox仕様

細かなデータを深堀せず、上記12項目をチェックしました。

以降からは上記12項目から抜粋し、さらに付属する項目を解説します。

料金・プラン

カラフルボックス(Colorfulbox)は、料金が安く、速度が速く、安定性が整ったレンタルサーバーです。

おすすめプランはBOX2です。12ヶ月契約がお得です。

12ヶ月契約をすると、ドメインを永久に無料で取得することができます。また、初期費用無料は3ヶ月以上の契約から適用されます。

カラフルボックス(Colorfulbox)のプランは豊富で、1ヶ月契約もあります。ただし、1ヶ月契約をする場合は初期費用が発生します。

長期契約は各社共通でお得ですが、36ヶ月の長期契約は契約途中で解約したい場合に不安が残ります。そのため、まずは1年契約の月額換算で通常料金1,166円から始めることをおすすめします。

1年間は続けるつもりで契約されてはいかかでしょうか。

支払料金に関する注意事項として、キャンペーン料金は更新時に通常料金に戻ります。

カラフルボックスの料金プランは、初めての方でも長くブログ運営をしたい、またアフィリエイトで収益化に対応したUPプランにも変更できます。

また料金に関係なくカラフルボックスは全てのプランBOX1からWordPress簡単インストールに対応しています。

マルチドメイン数で複数のサイトがつくれます。

複数のサイト制作に必要な機能は

  • マルチドメインの数 
  • データベースの数(MySQL)

マルチドメイン数が10個ならWordPressのサイトも10サイトできます。

カラフルボックス(Colorfulbox)ではWordPressサイトを無制限につくれます。

WordPress簡単インストール機能が使える

カラフルボックス(Colorfulbox)はWordPress快速セットアップを用意しており、自動でSSL対応手続きが完了され、即ブログを始められます。

有料設定もあり費用は9,680円で「あんしんスタート」申し込みでWordPressを簡単に設定してくれます。しかし安くないです。

あんしんスタートはキャンセルはできません、よって返金はできません。

他社からのWordPress移行代行には、14,080円の費用がかかります。所要日数は、申し込みから「5営業日以内」に対応します。

他のレンタルサーバーで利用されたWordPressを移行することは大変時間のかかる作業です。時間を考慮すれば、このサービスを利用する価値があります。

サーバーの速度

サーバーの速度は、過言ではなく武器と言えるでしょう。SEO対策にも関係し、検索上位表示をするためにも重要です。

また、閲覧者の離脱を避けるためにも、サイトの表示スピードは早い方が望ましいです。

ユーザーから見て、サイトの表示速度が3秒〜2秒かかる場合は、他のサイトに移動してしまうことがあるため、注意が必要です。

しかし、0.01秒の人間の目で判断できない速度を求めることは意味がありません。Google側からは以下の図で速さの概略を表示しています。

速度の基準は個人差があります。2秒の画面表示を待てる性格の方は遅いとは感じないでしょう。

参考までにGoogle側から提案されている速さの指標は以下の図です。

以下ではカラフルボックス(Colorfulbox)サーバーの速さの要因4つの内容をまとめました。

1.カラフルボックス(Colorfulbox)の基本性能

  • SSD化(ソリッドステートストレージドライブ)、
  • Webサーバーソフト(LiteSpeed)、
  • 転送量、
  • HTTP/3、

2.CloudLinux、サーバーOSを採用

CloudLinux(クラウドリナックス)は従来のサーバーOSに比べて高負荷、高安定性に優れている。

カラフルボックス(Colorfulbox)レンタルサーバーの大きな特徴はCloudLinux OSにより共用サーバーでありながら契約者ごとにリソースを割り当てていること。

  • 割当量 タイプ BOX2 6CPU メモリ8GB

ちなみにカラフルボックス(Colorfulbox)レンタルサーバーは仮想サーバーではありません

3.PHP

サーバー高速の要因でもあるPHP(スプリクト言語)の動作環境はモジュール版より早いLSAPI方式を取り入れています。

PHPは現在最新版の8で運用、スピードとセキュリティに優れている。

4.MySQL

マイ・エスキューエルはデータベース管理システムであり、

大量のデータを安全に、保管、更新を高速に取り扱うことができるシステムです。

MySQLはSQLで動いています。

プラン変更できるか確認

長期間ブログ運営をしていると、保存容量やアクセス増加による転送量の問題が生じることがあります。

ブログを始めた当初は、いつまで続けられるか不安なので、低予算プランを選択することが多いです。

しかし、低予算プランを選択すると、容量が少ないため、プラン変更が必要になることがある。

同じレンタルサーバー会社内でステップアッププランに変更できるか確認しましょう。もしステップアッププランができない場合は、他のレンタルサーバー会社に引っ越す必要があります。その場合、引っ越しには費用と手間がかかります。

カラフルボックス(Colorfulbox)ではプラン変更はマイページにログインして移行手続きできます。アップグレード・ダウングレードにも対応しています。

契約期間中のアップグレード、ダウングレード変更による料金は日割り計算で請求されます。

将来、自らのサイトでアクセス集中が予想された場合には即アップグレード変更ができ、そして再度もとのプランに戻ることも可能です。

管理画面の使いやすさ

はじめての方には初めての管理画面です。他の管理画面と比較できないので、基準が分からないです。

そこで大切なのは直感で使えるか?直感を基準に考えてください。

慣れるまでには時間が必要です。管理画面の使用感には個人差があります。

管理画面は何に使うか

レンタルサーバーの管理画面は、契約内容をはじめWordPress設定、アクセス解析、セキュリティ設定などサーバーにかかわる情報確認と設定操作をする画面です。

cPanel、カラフルボックス管理画面

カラフルボックス(Colorfulbox)ではcPanelと言われる、ソフトを採用しています。

管理画面は cPanel、世界的に普及しているが日本では使いにくいという声が多いです。

技術者向けではないかという意見もあり、技術者の方には使いやすいという意見もある。使用勝手に付いては慣れるしかありません。

下記画像がcPanelです。

cPanelの主な機能につて

  • 基本設定
  • バックアップ
  • メール機能
  • セキュリティ
  • ドメイン
  • データベース
  • サーバー状況&アクセス分析

49機能を管理設定できます。

バックアップできるか

ブログ運営を管理する上でデータのバックアップは重要な項目です。

レンタルサーバーのバックアップとは、データを別の場所に保存することで、サーバーに障害が発生した場合でもデータを復旧できるようにすることです。

バックアップには、外部バックアップと自動バックアップの2つの方法があります。

  • 外部バックアップは、レンタルサーバーの管理会社が別のサーバーにデータを転送して保存する方法です。
  • 自動バックアップは、レンタルサーバー上で自動的にバックアップを取る方法です。

カラフルボックス(Colorfulbox)は自動バックアップを行っていおり、データ復元は無料です。過去14日分を自動バックアップ保存先を東日本と西日本に区分している。

例として東日本での自動バックアップは以下の図

カラフルボックスではデーだ保存場所とバックアップ場所を明確に区分している。

レンタルサーバーのバックアップには、オプション料金がかかる場合があるので、契約前に確認することが重要です。

お試し期間30日間

カラフルボックス(Colorfulbox)では、お試し期間が30日間あります。

無料お試し期間後も継続利用の場合は無料期間終了前に手続きをすることをおすすめしています。

30日間無料期間中に本契約をした場合、無料期間終了後に本契約となるので、無料期間が途中で無くなることはありません。

サポート詳細

当然サポートには出来ること、出来ないことがります。カラフルボックスでのサポートできる内容とサポート対象外をまとめてみました。

サポート内容

  • 電話サポート:技術的内容に関しては受け付けていません。
  • コールバック電話サポート:プランBOX7、BOX8のみ限定
  • お問い合わせフォーム:メール対応
  • ライブチャット:対応

サポート対象外

  • WordPressインストール後のご利用方法、設定方法
  • お客様がご用意されたプログラム等のご利用方法やエラー
  • SSHのご利用方法やコマンド
  • .htaccessの記述方法
  • PHP等のスクリプト言語の記述方法
  • PHP等のソフトウェアのバージョンアップに伴うお客様サイトへの影響調査や不具合の対応
  • 他社管理ドメインの状態確認等
  • お客様ご利用環境に起因する不具合
  • マニュアルでご案内している以上の専門的な知識を要する内容
  • マニュアルでご案内していないソフトウェアの使用方法

http://からhttps://にリダイレクトする方法

カラフルボックス(Colorfulbox)では常時SSL化設定に関してcPanelからの設定を詳細に明記しています。

カラフルボックス(Colorfulbox)では無料独自SSLに対応しており、ドメインを追加するだけで自動で常時SSL化できます。

自動でhttps://で運営できます。

無料お試し期間でも無料独自SSLは利用できます。

ownCloud(オウオンクラウド)が利用できる

カラフルボックス(Colorfulbox)ではownCloud(オウオンクラウド)を設定できる。

ownCloud(オウオンクラウド)は個人レンタルサーバーの空き容量に自分専用のストレージを作り、自分のファイルを保存でき、共有もできるソフトウェアです。

ネット環境があれば場所を選ばず自分のレンタルサーバーにアクセスしデータ閲覧、動画のバックアップなど行えます。

レンタルサーバーは速さだけではない

レンタルサーバーの選択基準では速さ以外に注目することは3つの点です。

  1. 安定性  
  2. 費用  
  3. サポート体制

1.安定性は障害の頻度の報告がなされているか?管理体制はどうか?

2.費用が安いプランはそれなりの内容です。1,000円台を基準で選びましょう

3.サポート対応に関して親切か?使いやすいかな?

上記3項目を検討しましょう。

カラフルボックス、メリット・デメリット

メリットデメリット
高速要素が多いcPanel管理画面使いにくい
初期費用0円、3ヶ月以上、プランBOX2から実績が少ない(新しい会社なので)
バックアップデータ保存、東京、大阪に分離サポートは平日9:30〜17:30まで
カラフルボックス、メリット・デメリット

デメリットで気になる点はサポート体制です。多くの利用者は週末利用者です。何かの問題が生じた時は平日でなければ解決できないのは不便です。

これは是非改善してほしいです。

メリットの高速サーバーはハードやソフト面では最先端技術を使用しユーザー満足度が高いが、これも人それぞれの感じかた。

当然反対意見で「遅い」と言われている方もいます。

カラフルボックス評価

それではカラフルボックスユーザーの「みん票」の口コミを見ていきましょう。

ライブチャットサポートがよかったです

オンラインゲームの攻略を記載するブログを作るために利用しました。
このレンタルサーバーに決めたのは、価格が安いと思ったからです。また、プランの変更にも柔軟な対応をしてくれると口コミで見たため、選択しました。
私が利用したのは、一番安いプランの「BOX1」です。まずは試しに使ってみようと思い、安いプランにしました。
ブログを運営する上で重要視した点は、安定した速度で見られることです。実際にBOX1プランで利用していても、不具合や不満点はありませんでした。

プラン内の容量アップダウンができて便利

雑記ブログとアフィリエイトブログの運営に使っています。Wordpressが使えるサーバーの中で、後発のレンタルサーバーサービスだけあって、従来のレンタルサーバーの問題点をほぼカバーしているように思えたため、ここで契約しました。

サーバー不具合が心配

レンタルサーバーを探している時に、無料期間が30日も設定のあったColorfulBoxを利用してみました。他と比べても無料期間が30日というのは長く、更には月額480円とお値打ちなので、解約忘れても被害額が少ないと思い、試しに登録してみました。
使ってみたメリットとしては、容量を増やしたくなったら追加でBOXを購入して、都度増やせることと、圧倒的に値段が安いことです。自分の使う容量が最初は読めないので、必要に応じて増やせたのはすごく良かったです。

でもサーバー不具合が多くて、ちょっとストレスを感じました。このまま大事なデータにアクセスできずに見れなくなるのも怖いなと思ったので、ある程度使ってやめることにしました

障害・メンテナンス情報

カラフルボックスのニュース&情報で障害・メンテナンス情報を確認しましょう。自らの感覚や考えに合っているか過去の障害をチェックすることもレンタルサーバーを選ぶ上で大切な要因です。

下記にて確認できます。

https://secure.colorfulbox.jp/serverstatus.php?view=resolved

本記事内で用いられた言葉の解説

リソース

ここではレンタルサーバーのリソースを説明、リソースとはレンタルサーバーを稼働させるためのソフト、ハードウェアのことである。もう少し深く説明すると、情報を一時保管するメモリ容量、ハードウェアSSDの容量、頭脳であるCPUの処理速度のこと。

SSD

SSD「ソリッド・ステート・ドライブ」の略

サーバー内のアプリケーションソフトです。ファイルを保存、取り出しを行う装置。

保存処理、データ取り出し処理、2つの動作を高速で行う装置です。HDD搭載サーバーと比較するとSSDは3倍の速度で処理できます。

SSD、RAID(レイド)

複数のSSDを組み合わせることがRAIDと呼ばれる仕組みである。

RAIDは故障によるデータ紛失を防ぐために複数のディスクに自動保存やバックアップや、高速にデータを読み書きすることもできる。

RAIDのメリット

あるSSDが故障したとしても、そのSSDを交換するだけですぐ元通りにデータを復旧できることです。

しかも、特定のSSDが故障をしたり復旧をしていたりしている最中でも、ほかのSSDは問題ありませんから、データには問題なくアクセスすることができます。

もうひとつのメリットは、データ書き込みの高速化です。

RAIDには、パソコンから送られてきたデータを自動で分散し、複数のSSDへ一度に書き込む機能があります

Webサーバー

ハードディスクを稼働させるプログラムです。パソコンあるいはスマホからのアクセスに応答してくれるのがWebサーバーです。

Webサーバーとはプログラムです。

転送量

パソコンやスマホからのリクエストでデーターを送る量、送るデータ量のことです。

どれだけの量が使われるか簡単に計算しました。

ブログのデータ量は文書と数枚の写真データで1.5〜2.0MBです。仮にユーザーからの閲覧で計算すると1ブログ1サイトを約2.0MBで計算した結果

1日10,000人の方が閲覧(アクセス)したと仮定。2.0MB×10,000人=20,000MB(20GB)

1ヶ月で300,000人(300,000PV)閲覧として

月データ使用量は 1日 20,000MB×30日=600,000MB(600GB)

カラフルボックス(Colorfulbox)BOX2での転送量は 18TB/月なので 18,000GB-600GB=17,400GB(17.4TB)が余っています。

意外と使いきれませんね

HTTP/3

ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコルとはWebサーバーとパソコンやスマホ情報のやり取りで使われる通信手段、いわゆる決め事です。

HTTP/0.9からはじまり、HTTP/1.1、HTTP/2、HTTP/3、と進化しています。

SEO

自分のブログをGoogle検索結果の上位表示するためにいろいろな施策を考え想像し実行すること。

共用サーバー

1台のサーバーを数人で利用すること、共同住宅(アパート)で一つの風呂、一つのトイレ、一つのキッチンを数人で使うイメージ。

SSL

SSL(Secure Socket Layer)セキュア ソケット レイヤー 直訳すると、厳重、受け口、階層、これだけでは意味がわからない。

SSLはインターネットでセキュリティを意味しデータを暗号化する。例えばクレジットカード番号を暗号化し盗み防止。電子証明書による本人確認、なりすましを防止する。

アドレス http://・・・とhttps://・・・の違い

前述のSSLの続きになる。SSLはWebサーバーとWebブラウザ(Safari、Firefox、Internet Explorer、Google Chrome)との通信において安全のためにデータの暗号化を行っている。

安全なWebブラウザ(Safari、Firefox、Internet Explorer、Google Chrome)にはアドレス、https://・・・ Sが付きます。htts://・・・で始まる銀行などのホームページで入力された情報は暗号化され通信途中で情報が盗みとれないようにしています。

アダルトサイト運用可能

カラフルボックスではアダルトサイト専用の「ColorfuiBoxAduit!」を完全別サーバーで別IPアドレス・専用チューニングのアダルト専用サーバーを設けて運営されています。

興味ある方は下記のバナーをご参照くだい。

まとめ

今回はカラフルボックス(Colorfulbox)レンタルサーバーの解説でした。

高速、安定を利用者に提供してくれるサービスです。

WordPress設定は数十分で完了し、バックアップデータは災害を想定して東京、大阪に区分され、他のレンタルサーバーと比較しても、優れた機能や高いパフォーマンスを提供しています。

例えば、munify360を導入はセキュリティ面でも高い信頼性があります。

また、WordPressの設定も簡単に完了できるため、初心者の方でも利用しやすいと言えます。

レンタルサーバーを選ぶ際は、速さだけでなく、様々な要素を比較することが大切です。

カラフルボックス(Colorfulbox)ではクラウド型サーバーの特徴の1つであるサーバー負荷の分散を柔軟に処理し、リソース機能やセキュリティ面などでも優れた運営が期待できる。

カカラフルボックス(Colorfulbox)レンタルサーバーは、豊富なプランがあるため、ニーズに合ったプランを選択することができ、

初めてレンタルサーバーを利用する方でも、柔軟にプラン変更が可能なため、安心して利用することができる。

最後に、カラフルボックス(Colorfulbox)レンタルサーバーを選ぶことで、高速で安定したパフォーマンス、豊富な機能、高いセキュリティ性でブログ運営ができます。

是非、ニーズに合わせたプランを選択して、快適なWebサイト運営を実現してください。

カラフルボックス(colorfulBox)
総合評価
( 4 )
メリット
  • 料金が安い
  • 速い
  • お試し期間30日
デメリット
  • サポートが悪い
  • 障害が多い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次