初心者でも安心なWordPressテーマで、ECサイトを簡単に作成できます

※アフィリエイト広告を利用しています

「好きなことを仕事にしたい」と、思っている、あなたに朗報!

自分の作品や趣味を魅力的にアピールできるECサイトを簡単に作成することができます。

オンラインで自分の作品や趣味を活かして、収入を得て、なりたい自分になりましょう。

しかし、いざ始めようと思っても、何から手をつけていいかわからないという方も多いと思います。

そんな方におすすめなのが、WordPressテーマを使ったECサイトの構築です。

WordPressテーマを使ったECサイトの構築にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

本記事では、WordPressテーマを利用することで得られるメリットを詳しく解説し、初心者にも扱いやすいWordPressテーマSEEEDの活用法、機能を紹介します。

また、プラグインの活用など、WordPressテーマSEEEDで運営するECサイトを作るメリットもご紹介します。

※画像出典:TCDテーマ

目次

初めにWordPress(CMS)でECサイトを作るメリット・デメリット

WordPressは、世界で最も利用されているCMS(コンテンツ管理システム)です。ECサイトの構築にも利用されており、多くのメリットがあります。

メリット

初期費用やランニングコストを抑えられる

WordPress(CMS)は、無料で利用できるソフトウェアです。また、ECサイトの構築に必要なプラグインやテーマも、無料で公開されているものが多くあります。そのため、初期費用やランニングコストを抑えることができます。

自由度が高くカスタマイズしやすい

WordPress(CMS)は、カスタマイズ性に優れており、HTMLやCSSの知識があれば、自分のイメージに合わせてデザインやレイアウトを自由に変更することができます。また、プラグインを利用することで、さまざまな機能を追加することも可能です。

集客に強い

WordPress(CMS)は、SEO対策に優れています。そのため、検索エンジンからの流入を増やすことで、集客につなげることができます。また、SNSや広告などの集客手段と組み合わせることで、より効果的な集客を実現することも可能です。

デメリット

セキュリティ対策が必要

WordPress(CMS)は、世界的にシェア数が多いため、攻撃の対象になりやすいというデメリットがあります。そのため、定期的なアップデートやセキュリティ対策を行う必要があります。

決済方法が限られる

WordPress(CMS)でECサイトを構築する場合、決済方法が限られるというデメリットがあります。クレジットカードや銀行振込など、一般的に利用されている決済方法は利用できますが、独自の決済方法を導入したい場合は、プラグインや外部サービスを利用するなど、追加の費用や手間がかかります。

メリットデメリット
初期費用やランニングコストを抑えられるセキュリティ対策が必要
自由度が高くカスタマイズしやすい決済方法が限られる
集客に強い
WordPressでECサイトのメリット・デメリット

WordPress(CMS)は、ECサイトを構築する際に、多くのメリットがありますが、セキュリティ対策や決済方法の選択など、デメリットにも注意が必要です。

WordPress(CMS)でECサイトを構築する際は、メリットとデメリットを理解した上で、最適な方法を選択するようにしましょう。

WordPressでECサイトを作る方法

WordPress(CMS)は、ブログやサイト作成に利用できるCMS(コンテンツ管理システム)です。ECサイトを構築することも可能で、さまざまな方法があります。

ECプラグインで作る

ECプラグインは、WordPress(CMS)にEC機能を追加するプラグインです。インストールして設定を行うだけで、簡単にECサイトを作成することができます。

メリットデメリット
簡単に作成できる決済方法が限られる
カスタマイズしやすい
ECプラグインの、メリット・デメリット

ECプラグインは、初心者でも簡単にECサイトを作成できるメリットがあります。また、HTMLやCSSの知識があれば、デザインやレイアウトを自由にカスタマイズすることも可能です。

ただし、決済方法が限られているというデメリットがあります。また、セキュリティ対策やSEO対策は、自分で行う必要があります。

ASPカート連携で作る

ASPカートとは、外部のサービスを利用してECサイトを構築する方法です。WordPress(CMS)のサイトとASPカートを連携することで、ECサイトを構築することができます。

メリットデメリット
決済方法が豊富カスタマイズに制限がある
セキュリティ対策が万全
ASPカートのメリット・デメリット

ASPカート連携は、決済方法が豊富でセキュリティ対策が万全というメリットがあります。また、初期費用や月額費用がかかる場合や、カスタマイズに制限があるというデメリットがあります。

ただし、ASPカートによっては、カスタマイズできる範囲が広いものもあります。

どちらの方法がおすすめ?

どちらの方法がおすすめかは、ECサイトの規模や予算、カスタマイズ性などによって異なります。

簡単に作成して、ある程度のカスタマイズを行いたい場合は、ECプラグインで作る方法がおすすめです。

決済方法やセキュリティ対策を重視して、ある程度のカスタマイズを行いたい場合は、ASPカート連携で作る方法がおすすめです。

初心者向けのおすすめの方法

初心者の場合は、簡単に作成できるECプラグインで作る方法がおすすめです。

ECプラグインには、さまざまな種類があります。まずは、自分のサイトの規模や予算に合ったECプラグインを選びましょう。

また、ECプラグインをインストールして設定する際には、公式のヘルプやブログなどを参考にするとよいでしょう。

ECサイトを構築する際には、まずは目的やターゲット層を明確にしましょう。また、競合サイトを調査して、どのようなECサイトを構築すればよいかを検討してください。

おすすめ、WordPressテーマでECサイトを作るメリット

では次に、WordPressテーマでECサイトを作るメリットを説明します。

WordPressテーマとは、WordPress(CMS:コンテンツ管理システム)のデザインやレイアウトを変更するためのテンプレートです。

ECサイト専用のWordPressテーマは数多く公開されており、初心者でも簡単にECサイトを作成することができます。

メリット

WordPressテーマには、豊富なデザインと機能が用意されている。

そのため、自分の好みやサイトの目的に合わせて、自由にデザインや機能をカスタマイズすることができます。

WordPressテーマの管理画面では、ドラッグ&ドロップで設定やデザインを変更、また商品の表示方法や決済方法などをも変更できます。

おすすめ、WordPressテーマを選ぶポイント

WordPressテーマは、WordPress(CMS)のデザインやレイアウトを変更するためのテンプレートです。豊富な種類のテーマが公開されており、自分の好みやサイトの目的に合わせて選ぶことができます。

WordPressテーマを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

1. デザイン

WordPressテーマの最も重要なポイントは、デザインです。自分の好みやサイトのターゲット層に合ったデザインのテーマを選びましょう。

2. 機能

WordPressテーマには、さまざまな機能が用意されています。自分が必要とする機能がすべて搭載されているテーマを選びましょう。

3. カスタマイズ性

WordPressテーマは、カスタマイズすることで、自分の好みに合わせてデザインや機能を変更することができます。カスタマイズ性が高いテーマを選びましょう。

4. サポート

WordPressテーマには、サポートが用意されている場合があります。サポートが充実しているテーマを選ぶと、トラブルが発生した際にも安心です。

5. 価格

WordPressテーマは、無料のものと有料のものがあります。予算に合わせて選びましょう。

初心者向けのポイント

初心者の場合は、以下のポイントに注意してテーマを選ぶとよいでしょう。

  • デザインはシンプルなものを選ぶ
  • 基本的な機能が搭載されているものを選ぶ
  • カスタマイズしやすいものを選ぶ
  • サポートが充実しているものを選ぶ

具体的なテーマの選び方

WordPressテーマの選び方は、以下の手順で行います。

STEP
自分のサイトの目的やターゲット層を明確にする
STEP
必要な機能やデザインを検討する
STEP
候補となるテーマをいくつかピックアップする
STEP
各テーマのレビューやデモをチェックする
STEP
自分の好みや目的に合ったテーマを選ぶ

有料WordPressテーマは、さまざまな種類のテーマが公開されています。ぜひ、自分のサイトに合ったテーマを見つけて、素敵なWebサイトを作ってください。

サービスサイトを簡単に作成するなら、SEEEDがおすすめ!

有料は、初心者でも簡単におしゃれなサービスサイトを作成できるWordPressテーマです。

SEEEDのおすすめポイントは、以下のとおりです。

豊富なテンプレートが用意されている

SEEEDには、さまざまな業種や目的に合わせた豊富なテンプレートが用意されています。テンプレートを選ぶだけで、簡単にオリジナルのサイトを作成することができます。

カスタマイズ性に優れている

SEEEDは、カスタマイズ性に優れたテーマです。HTMLやCSSなどの知識がなくても、テーマの管理画面から簡単にカスタマイズすることができます。

SEO対策がしやすい

SEEEDは、SEO対策がしやすいテーマです。テーマの設定を変更することで、SEO対策の基本的な施策を簡単に行うことができます。

SEEEDは、以下のようなサービスサイトの作成におすすめです。

  • 会社や団体の紹介サイト
  • 商品やサービスの販売サイト
  • セミナーやイベントの告知サイト
  • オンラインスクール

SEEEDで簡単におしゃれなサービスサイトを作成して、ビジネスの成功に役立てましょう!

サービスサイト(商品紹介ページ)とは?

サービスサイト(商品紹介ページ)とは、企業や団体が提供する商品やサービスを、ユーザーにわかりやすく紹介するためのWebサイトです。

サービスサイトは、商品やサービスの概要、特徴、メリット、利用方法などを、わかりやすい文章や画像、動画などで説明します。

また、導入事例や料金プランなど、ユーザーが知りたい情報を網羅するサイトです。

サービスサイトの目的は、ユーザーに商品やサービスの魅力を理解してもらい、購入や利用を促すことです。

サービスサイトの作成には、以下のポイントが重視されます。

  • ターゲットユーザーを明確にする
  • 商品やサービスの魅力をわかりやすく伝える
  • ユーザーが知りたい情報を網羅する
  • 検索エンジン最適化(SEO)に配慮する

サービスサイト(商品紹介ページ)を効果的に活用することで、商品やサービスの認知度や売上を向上させることができます。

WordPressテーマSEEEDとは

有料で、あなたの作品や趣味を収益化しよう。

SEEEDは、自分の作品や趣味を魅力的にアピールできるECサイトを簡単に構築でき、収益化することができるWordPressテーマです。

具体的な活用例

  • ハンドメイド作品を販売する
  • イラストやデザインを販売する
  • 英会話、音楽、ヨガなどのオンラインレッスンを販売する

SEEEDで、あなたの作品を広くアピールし、新たな収入の柱を作りましょう。

WordPressテーマSEEEDで、あなたの商品やサービスを魅力的に伝える

は、商品やサービスの魅力をアピールする、トップページでは、導入実績や強みを直感的に伝えることで、商品やサービスの魅力を訴求できます。

また、LPのように1ページで商品やサービスの概要や特徴、価格、購入方法などをわかりやすく伝えることができます。

下層ページでは、プランや導入事例、よくある質問など、商品やサービスの詳細情報を充実させることで、より説得力のあるサイトを作成できます。

WordPressテーマSEEEDでできること

例えば、商品ページでは、商品やサービスの詳細を明記でき、購入を促すことができます。

SEEED自体に販売機能はないので、ECサイト(ネットショップ)や決済ページにリンクさせることで、

ユーザーはSEEEDで作成したWebサイトから直接商品やサービスを購入することもできます。

トップページや商品ページの具体的な運用例や機能詳細を参考に、ぜひあなたの商品やサービスを魅力的に伝えるWebサイトを作成してみてください。

全ての機能概要は下記のURLにて確認できます。

https://tcd-theme.com/2023/12/seeed.html

デモサイトを活用して、SEEEDの魅力を体感しよう

デモサイトは、架空のオンラインスクールシステムでデザイン、機能を解説されています。

デモサイトの画像はサンプルであり、個人で用意していただくものです。

デモサイトは、SEEEDの魅力を体感するための最適な方法で、使い勝手やデザインを確認することができ、自分に合ったテーマかどうかを判断することができます。

また、デモサイトには、さまざまなカスタマイズされたサンプルサイトが用意されており、SEEEDの導入後にどのようなサイトを作ることができるのかをイメージすることができます。

デモサイトを見る上で意識することは、以下のとおりです。

  • 画面の構成
  • ロゴ
  • 全体の印象
  • 自分のイメージとのすり合わせ

また、疑問点を整理して意識的に御覧ください。

WordPressテーマSEEEDのデモサイトのURLは、以下のとおりです。

SEEEDデモサイトhttps://demo.tcdtheme.com/tcd105/

ぜひ、デモサイトを参考にして、あなただけのオリジナルのWebサイトを作成してみてください。

SEEEDはどんなサイトに向いているの?

WordPressテーマSEEEDはサービスサイト作成に最適なテーマです。

例として、以下の種類のサービスサイトに向いています。

  • 商品やサービスの紹介サイト
  • 企業や団体の紹介サイト
  • 教育やトレーニングのサイト
  • イベントやセミナーのサイト
  • コミュニティやファンサイト

また、以下の機能を備えているため、さまざまな種類のサービスサイトに活用できます。

  • 美しいデザイン
  • ユーザーフレンドリーな操作性
  • さまざまなコンテンツの作成をサポートする機能
  • 検索エンジン最適化(SEO)に配慮した設計

は、サービスサイトを作成するための強力なツールです。あなたのサイトに最適なテーマかどうか、ぜひ検討してみてください。

WordPressテーマSEEEDで制作を効率化しよう

Dは、カスタマイズ性の高さと豊富なテンプレートが特徴で、初心者でも簡単にサイトを構築できます。

また、高速化とSEO対策にも優れており、サイト運営をトータルでサポートしてくれます。

具体的には、以下の点が制作を効率化できるポイントです。

  • 豊富なテンプレートから選択できる
  • カスタマイズ性が高く、自由にデザインできる
  • 高速化とSEO対策が施されている

テンプレートから選択することで、デザインやレイアウトのベースを用意することができます。また、カスタマイズ性が高いため、自分のイメージに合わせて自由にデザインを変更することができます。

さらに、高速化とSEO対策が施されているため、サイトの表示速度が速く、検索エンジンからの評価も高くなります。

これらのポイントを活用することで、制作時間を短縮し、より質の高いサイトを構築することができます。

また、WordPressテーマSEEEDには、さまざまな機能が搭載され、これらの機能を活用することで、さらに制作を効率化することができます。

例えば、以下のような機能があります。

  • ウィジェット機能:さまざまな機能を簡単に追加できる
  • ショートコード機能:HTMLやCSSを簡単に記述できる
  • 翻訳機能:サイトを複数の言語で表示できる

これらの機能を活用することで、サイトに必要な機能を簡単に追加したり、サイトを多言語に対応させたりすることができます。

は、制作を効率化したい方におすすめのテーマです。ぜひ、デモサイトを参考にして、あなたのサイト制作に役立ててください。

  • ターゲット層に合ったデザイン
  • 必要な機能が揃っている
  • カスタマイズしやすい

WordPressテーマでECサイトを作る流れ

  • レンタルサーバーを契約する
  • WordPressをインストールする
  • ECプラグインまたはASPカートを導入する
  • テーマをインストールする
  • 商品情報や決済情報を入力する

WordPress必須プラグイン

ECサイトを運営する上で、さらに便利に、そして効率的に運用するためには、プラグインの活用がおすすめです。

以下は必須プラグインです。

WooCommerce

WooCommerceは、WordPressでECサイトを構築するためのプラグインです。

SEEEDは、WooCommerceに対応したテーマなので、必ずインストールする必要があります。

WooCommerceをインストールすることで、商品の登録や購入、決済などの基本的な機能を利用することができます。

メリットデメリット
商品の登録や購入、決済などの基本的な機能を利用できる日本語に対応しており、使いやすいカスタマイズ性に優れているプラグイン自体の容量が大きい設定や管理が複雑になる場合があるその他のおすすめプラグイン
WooCommerceのメリット・デメリット

Contact Form 7

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを作成するためのプラグインです。

SEEEDは、Contact Form 7に対応しており、簡単にお問い合わせフォームを作成することができます。

メリットデメリット
さまざまな種類のお問い合わせフォームを作成できる日本語に対応しており、使いやすいカスタマイズ性に優れている設定や管理が複雑になる場合がある
Contact Form 7、メリット・デメリット

YITH WooCommerce Wishlist

YITH WooCommerce Wishlistは、商品のウィッシュリスト機能を追加するプラグインです。ユーザーは、気に入った商品をウィッシュリストに登録しておくことで、後からまとめて購入することができます。

メリットデメリット
ユーザーの利便性を高める購入率の向上が期待できるプラグイン自体の容量が大きい設定や管理が複雑になる場合がある
YITH WooCommerce Wishlistのメリット・デメリット

Yoast SEO

Yoast SEOは、SEO対策をするためのプラグインです。SEO対策は、ECサイトの検索順位を向上させるために重要な施策です。Yoast SEOをインストールすることで、SEO対策の基本的な設定を簡単に行うことができます。

メリットデメリット
基本的なSEO対策の設定を簡単に行うことができる日本語に対応しており、使いやすい設定や管理が複雑になる場合があるセキュリティ対策プラグイン
Yoast SEOのメリット・デメリット

ECサイトは、クレジットカード情報などの個人情報を取り扱うため、セキュリティ対策が重要です。セキュリティ対策プラグインを導入することで、セキュリティを強化することができます。

おすすめのセキュリティ対策プラグイン

  • Wordfence
  • Sucuri

その他、必要に応じて導入するプラグイン

ECサイトの運営状況や目的に応じて、以下のようなプラグインを導入することも検討してみてください。

  • レビュー機能
  • ポイント制度
  • クーポン機能
  • ソーシャルメディア連携
  • 多言語対応

プラグインの導入は、ECサイトの機能や利便性を向上させるだけでなく、運営の効率化にもつながります。ぜひ、自分のサイトの目的やニーズに合わせて、適切なプラグインを導入してみてください。

まとめ

WordPressテーマは、初心者でも簡単にECサイトを作成できる便利なツールです。豊富なデザインと機能が用意されており、ターゲット層に合ったサイトを作成できます。また、カスタマイズ機能も充実しているので、自分だけのオリジナルサイトを作ることができます。

WordPressテーマでECサイトを作成する際は、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • ターゲット層に合ったデザイン
  • 必要な機能が揃っている
  • カスタマイズしやすい

これらのポイントを踏まえて、WordPressテーマSEEEDで、ECサイト運営をご検討してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次