一人暮らしの20代男性におすすめ!マンションで使える安すぎない光回線4選

※アフィリエイト広告を利用しています

光回線選びのポイントは「人気と価格のバランス」

光回線は、インターネットの通信速度が速く、安定しているため、動画やオンラインゲームを楽しみたい方にもおすすめです。しかし、月額料金や通信速度を気にして、契約前に悩む方も多いのではないでしょうか。

一般的に、光回線を選ぶ際には、キャッシュバックの金額や月額料金の安さなどを重視する傾向があります。しかし、そうした安さだけを追求すると、思わぬトラブルに巻き込まれるリスクがあります。

例えば、低価格の光回線を選んだ結果、通信速度が遅く、動画の視聴やオンラインゲームが快適に楽しめなかったというケース、また、サポート体制が不十分なため、トラブルが発生した際に困ったというケースもある。

そこで、光回線を選ぶ際には、「人気と価格のバランス」を重視することが大切です。そこで、利用者が多い人気光回線の中から、自分に合ったプランを選ぶことで、満足度の高い契約ができる可能性が高くなります。

人気の高い光回線は、多くの人が利用しているため、通信速度やサポート体制などが充実している傾向にあり、キャンペーンや割引が充実している場合も多く、お得に契約できる可能性が大きいです。

もちろん、人気の高い光回線は、月額料金が割高になる場合もあります。しかし、人気と価格のバランスをよく検討することで、自分にとって後悔のない、最適な光回線を見つけることができるでしょう。

目次

1 マンション向けおすすめ光回線の特徴と選び方

マンションに住んでいる場合、光回線の導入を検討している方は、多いのではないでしょうか。しかし、光回線は種類が多く、料金や速度、キャンペーンなど、比較検討する項目も多いので、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。

そこで、本記事では、マンション向けのおすすめ光回線の特徴と選び方について解説します。特に一人暮らしの人に役立つポイントがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

選択ポイントは「費用対効果」です。

1-1 一人暮らしに最適な光回線の要件

一人暮らしの場合は、以下の要件を満たす光回線を選ぶとよいでしょう。

  • 月額料金が安い
  • 通信速度が速い
  • 工事費が安い
  • キャンペーンが充実している

上記のような条件が全て整っている光回線はないです。

たしかに、月額料金が安いことで、毎月の出費を抑えることができますが、不安定な回線状態でストレスを感じる生活より、通信速度を重視した快適なネット環境を構築されたほうがいいに決まってます。

そのためには月額料金は考えず、通信速度を重視し動画視聴やオンラインゲームなど、快適なインターネット利用環境を手に入れましょう。

安さを重視されたい場合の方法に「スマホ割」があります。多くの方は100円〜300円の差で悩み、結局スマホ割が適用される光回線事業者にきめます。これも1つの選択方法ですが、

本記事はスマホ割引適用外の内容ですが、スマホ割を選択する方も、判断材料としてお読みください。

一人暮らしの人は100円〜300円の価格の差は気にせずに速さで選択してみましょう。

早速です。選択重視は「通信速度」です。

以下は光回線を利用した速さに関する推奨基準値です。

光回線利用環境下り上り
オンラインゲーム100Mbps100Mbps
動画配信(フルHD)10Mbps
動画配信(4K)20Mbps
ビデオ通話(高品質)500kbps500kbps
快適なデータ通信値

1-2 マンションタイプの光回線の特徴解説

マンションタイプの光回線についての説明です。

マンションタイプの光回線は、マンションの建物内に光回線の設備が整っている場合に利用できる光回線です。

戸建てタイプの光回線と比べて、工事が簡単で、工事費が安い傾向にあります。キャンペーンなしで実質工事費の差は戸建住宅では工事費、約2万円〜3万円程度、マンションタイプでは1万円〜2万円程度です。

ただし、光回線事業者によっては、工事費を無料や割引するキャンペーンを実施している場合があります。

キャンペーンを利用することで、工事費を抑えることができます。

マンションタイプの光回線には、以下の2つの種類があります。

  • ファミリータイプ(直接配線)あるいは「工事必要マンション」
  • マンションタイプ(中継配線)あるいは「導入済みマンション

ファミリータイプは、マンションの建物内に光回線の設備がない、整っていない環境で光回線を利用する場合は集合住宅形態のマンションだが個別に各住戸個別に電柱から引き込むタイプです。

光回線、直接引き込みタイプなので安定回線速度で利用できる。

住居形態はマンション、集合住宅ですが、光回線設備は戸別住宅です。

一方、マンションタイプは、マンションの建物内に光回線の設備がすでに整っているタイプで、分岐盤から各住戸に光回線を分配配線するタイプです。

複数で光回線を利用するので安価になる。

例えるなら、各住戸に水道管が通っているイメージです。

  • ファミリータイプは
    • もよりの電柱から光回線を引き込む
    • 配線方式は光回線方式
  • マンションタイプは
    • 共用装置、分電盤から各住居に光回線を引き込む
    • 配線方式は光配線方式とVDSL、LAN方式がある

1-3 月額料金、工事費用、キャンペーンは適用条件を確認する

光回線を選ぶ際には、月額料金、工事費用、キャンペーン内容なども考慮する必要があります。キャッシュバックで一時的なお得感のみ味わい、年間支払額は他社と変わらず、あるいは、多いなどの事例があります。支払いは総額で考えましょう。

月額料金を比較する際には、基本料金だけでなく、オプション料金なども含めて比較するようにしましょう。例えば2年間は月額3,000円だが3年目から4,000円に変更するパターンもあります。

また工事費を比較する際には、実質無料などのキャンペーンを活用することも大切ですが、注意することは、適用条件をよく確認するようにしましょう。

適用条件とは、

  • キャンペーン対象のプランが限られている。
  • 一定期間(2年、3年)の利用をすることが条件
  • 決められた、オプションサービスに必ず加入をすること

など、さまざまな条件を注意して確認してください。マンションタイプの費用面での相場、光回線の月額料金は3,000円〜5,000 円でしょう。

2 人気おすすめ4社の光回線を紹介

光回線は、マンションタイプ選択で以下4社であればどれを選んでも安定快適な通信が可能です。

そこで下記に人気重視の4社の概略を紹介します。

本記事では6項目をチェックしました。詳細については各公式ページでご確認ください。

2-1 関西にお住まいなら【eo光】がお得、満足度NO1

eo光(イオ光)は、関西電力グループのeoが提供する光回線サービスです。関西エリア(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)で提供されており、提供エリア内であれば戸建て、マンション、アパート問わず利用できます。

eo光の特徴は、以下の3つです。

安定した高速通信

eo光は、自社で光ファイバー網を構築しており、回線の品質や安定性に定評があります。また、最大1Gbpsの高速通信に対応しており、動画の視聴やオンラインゲームなど、大容量データの通信も快適に行うことができます。

充実したサポート

eo光では、利用開始時の初期設定から万が一のトラブル時まで、電話やメール、チャットなど、さまざまな方法でサポートを受けることができます。また、24時間365日対応のコールセンターを設置しており、夜間や休日でも安心して利用できます。

お得なセット割引

eo光では、auのスマートフォンやUQ mobile、mineoなどの格安SIMとセットで契約することで、月額料金の割引を受けることができます。また、eo光テレビやeoスマートリンクなどのオプションサービスも、セットで契約することでお得に利用できます。

eo光は、安定した高速通信、充実したサポート、お得なセット割引など、さまざまな魅力を持つ光回線サービスです。関西エリアにお住まいで、光回線の利用を検討している方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

eo光テレビでは、Google Cloud Platformの映像配信サービスを利用した、4Kの高画質な映像配信に対応しています。また、eoスマートリンクでは、Google HomeやGoogle Nestなどのスマートスピーカーやスマート家電と連携した、さまざまなサービスを提供しています。

速度に関して

下記の表はみんなのネット回線速度を参照したデーターです。

平均Ping値14.69ms
平均ダウンロード速度748.22Mbps
平均アップロード速度647.29Mbps
eo光(イオ光)の通信速度レポート

みんなのネット回線速度では光回線速度ランキングで59番中3位の速度です。(2024年1月25日時点)

eo光(イオ光)基本料金

月額料金、1ギガNetflix1年間4,764円(2年目以降は6,932円)
工事費(分割)29,700円(標準工事費)
事務手数料3,300円
eo光(イオ光)

eo光(イオ光)マンションのメリット・デメリッ

メリットデメリット
安定した高速通信提供エリアが狭い
充実したサポートキャッシュバックが少ない
お得なセット割引マンションタイプに対応した集合住宅が少ない
eo光(イオ光)

固定ブロードバンド回線サービス満足度

<関西エリア>(北陸含む)(対象9ブランド)

第1位:eo光ネット

2年連続の総合満足度第1位。 「通信品質」、「各種提供サービス」、「サポート」の3ファクターで最高評価。

データー参考:THE GOLD ONLINE

価格.com プロバイダ eo光(イオ光)- 評判・満足度

総合満足度 ★★★★☆ 3.80

評価の詳細は、価格 .com で確認できます。

注意事項

契約するうえでの注意事項
  • 提供エリアを必ず確認する

eo光は、関西エリア(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)でのみ提供されています。そのため、関西エリア以外の地域にお住まいの方は利用できません。

eo光ネット【マンションタイプ】は、物件により初期費用が異なります。詳しくは「eoサポートダイヤル」までお問い合わせしましょう。

  • 工事費や月額料金を必ず確認する

工事費は、必ず確認する。月額料金は、コースやオプションの組み合わせによって異なります。戸建て標準工事費29,700円、

  • キャンペーンや適用条件を必ず確認する

さまざまなキャンペーンを実施しています。キャンペーンの適用条件をよく確認しないと、適用されずに損をする可能性があります。

利用するうえでの注意事項
  • 最低利用期間を必ず確認する

最低利用期間が設定されています。最低利用期間内に解約した場合、解約手数料が発生します。金額は各コースにようて違います。

  • 通信速度を必ず確認する

eo光の通信速度は、コースによって異なります。ご自身の利用環境やニーズに合わせて、適切なコースを選択しましょう。

  • オプションサービスを慎重に選択する

eo光では、さまざまなオプションサービスが用意されています。オプションサービスは、月額料金がかかるため、慎重に選択しましょう。

eo光は、安定した高速通信や充実したサポートなど、さまざまな魅力を持つ光回線サービスです。しかし、契約や利用の際には、上記の注意事項を必ず確認するようにしましょう。

2-2 auひかりマンション

auひかりは、KDDIが提供する光回線サービスです。2006年にサービスを開始し、現在では全国の約90%のエリアで利用できます。詳細はウィキペディアで確認できます

auひかりマンションは、集合住宅で光回線の恩恵を享受したい方のためのサービスです。

インターネット、電話、テレビ、すべてを光回線で利用できます。

配線方式や契約戸数によって料金は異なりますが、従来の電話回線を使ったサービスよりも安く、安定した通信が可能です。

光回線の導入が進んでいるマンションにお住まいの方は、検討されてもいいですね。

速度に関して

下記の表はみんなのネット回線速度を参照したデーターです。

平均Ping値14.54ms
平均ダウンロード速度515.37Mbps
平均アップロード速度521.18Mbps
auひかり速度データ

みんなのネット回線速度では光回線速度ランキングで61番中12位の速度です。

基本料金

月額料金4,400円
工事費16,500円
事務手数料3,300円
auひかり費用テータ

auひかり マンションのメリット・デメリット

メリットデメリット
速度が速い加入プランが限られている
IPv6がデュアルスタックなので速度はマンションタイプで差がある
プロバイダーの選択肢が多いタイプVは電話回線を用いるため速度が落ちる
タイプG でWi-Fi 6 対応ホームゲートウェイがレンタルできるマンションタイプエリア外がある。沖縄県
キャンペーンをやってます
auひかりのメリット・デメリット

固定ブロードバンド回線サービス満足度

au光は北海道エリアで2位、九州エリアで3位

データー参考:THE GOLD ONLINE

価格.com プロバイダ au光- 評判・満足度

総合満足度 ★★★☆☆ 3.88

評価の詳細は、価格 .com で確認できます。

注意事項

以下に初期費用・登録料についての注意事項をまとめました。

初期費用、工事費について

  • 工事費33,000円(税込)
  • 一括払いまたは分割払い(23回)から選択可能
  • 一括型は初期費用不要
  • サービス提供開始後は、分割回数の変更、一括払いから分割払いへの変更不可
  • 分割払いで途中解約した場合、最終請求月に初期費用の残額を一括請求
  • 光回線の引き込み工事後にキャンセルした場合、初期費用相当額を請求

登録料、事務手数料

  • 新規契約の場合:3,300円(税込)
  • サービス提供開始後に追加申し込みの場合:880円(税込)
  • 初期費用と同様に、工事実施日などの料金起算日の税率が適用される

まとめ

  • auひかりを申し込む場合は、初期費用工事費のみ、33,000円(税込)がかかります。
  • 工事費一括払いも可能
  • 工事費分割払いの場合は、23回に分けて支払うことができます。
  • 分割払いで途中解約した場合、最終請求月に初期費用の残額を一括請求されます。
  • 光回線の引込み工事後にキャンセルした場合、初期費用相当額を請求されます。
  • 新規契約の場合、事務手数料3,300円(税込)の登録料がかかります。
  • サービス提供開始後に追加申し込みをした場合、880円(税込)の登録料がかかります。

auひかりは、次世代規格「IPv6」に対応に対応しています。

2-3 ドコモ光

NTTフレッツ回線を利用した光コラボレーションの光回線事業者である。エリア範囲がほぼ全国、対応プロバイダの選択数が多い、詳細に関してはウィキペディアで確認できます。

速度に関して

下記の表はみんなのネット回線速度を参照したデーターです。

平均Ping値19.39ms
平均ダウンロード速度261.53Mbps
平均アップロード速度277.69Mbps
ドコモ光マンション速度データ

みんなのネット回線速度では光回線速度ランキングで61番中40位の速度です。

基本料金

月額料金4,400円
工事費16,500円
事務手数料3,300円
ドコモ光マンション費用データ

上記料金は2年プランです。

ドコモ光 マンションのメリット・デメリット

メリットデメリット
対応エリアがほぼ全国月料金が高い
v6プラスで高速通信スマホ対応はドコモスマホだけ
dポイント貯まる工事実行まで長い
新規工事費無料問い合対応の評判が悪い
ドコモ光マンション、メリット・デメリット

固定ブロードバンド回線サービス満足度

ドコモ光、東北エリア1位、東海エリア3位、中国エリア1位

データー参考:THE GOLD ONLINE

価格.com プロバイダ ドコモ光(マンションタイプ)- 評判・満足度

総合満足度 ★★★☆☆ 3.45

評価の詳細は、価格 .com で確認できます。

注意事項

以下に初期費用・登録料についての注意事項をまとめました。

初期費用、工事費について

  • 「フレッツ光」の割引サービス(にねん割、光もっともっと割など)の、中途解約金はかかりません。
  • 工事料は一般的な代表例です。お客さまの設備状況によっては変動することがあります。
  • 一部の「ドコモ光」工事料のお支払いは一括、分割をお選びいただくことができます。分割支払い期間中に「ドコモ光」を解約された場合、解約月の翌月に残債を一括で請求させていただきます。
  • 工事実施前であれば、お申込みの取消が可能です。その場合「ドコモ光」に関するキャンセル料などはかかりません。ただし、工事着手後にお申込みの取消をされた場合は、発生した費用について、お客さまにご請求させていただきます。
  • 土日休日に派遣工事を実施する場合は、上記に加え3,300円(税込)かかります。
  • 年末年始に派遣工事を実施する場合は、料金が異なります。詳しくはお問い合わせください。
  • フレッツ光初期工事料の分割払いの残債がある場合は、その残債相当額を当社より「ドコモ光」のご利用料金と合わせて、毎月分割して請求させていただきます。請求開始は転用月の翌々月からとなります。

2-4 ビッグローブ光

ビッグローブ光とは、NTT東日本・NTT西日本の光回線とBIGLOBEのプロバイダ接続サービスを一つにまとめた光コラボレーションモデルです。

通信速度は最大1Gbpsで、IPv6接続(IPoE方式)に対応、

ビックローブ光をはじめ光コラボレーションは、通常のフレッツ光と異なり、インターネットサービスプロバイダと光回線の契約・請求がプロバイダに一本化されている。

そのため、フレッツ光のように別途費用はかからず、支払いがシンプルです。

法人向けサービス「法人ビッグローブ光」もあり、オフィスのインターネット回線をはじめ、さまざまな用途で利用されています。

モバイル回線では通信状況が悪い、地下のテナントなどでも利用できます。

詳細に関してはウィキペディアで確認できます

速度に関して

下記の表はみんなのネット回線速度を参照したデーターです。

平均Ping値17.36ms
平均ダウンロード速度241.44Mbps
平均アップロード速度266.1Mbps
ビックローブ光速度データ

みんなのネット回線速度では光回線速度ランキングで61番中40位の速度です。

基本料金

月額料金4,378円
工事費16,500円(土日休日3,300円追加)
事務手数料3,300円
ビックローブ光費用データ

上記料金は3年プランです。

ビッグローブ光のメリット・デメリット

メリットデメリット
auモバイルやビッグローブモバイルセット割が使える3年契約(縛り)は長い
プロバイダーの選択肢が多いIPv4通信とIPv6通信がある
マンションタイプ4,378円、4,400円と比較すると122円の安さサポートセンター対応がイマイチ
1年間、ルーターがレンタルできるauひかり回線範囲ならauでもいいかも
ビックローブ光のメリット・デメリット

価格.com プロバイダ ビッグローブ光- 評判・満足度

総合満足度 ★★★☆☆ 3.55

評価の詳細は、価格 .com で確認できます。

.注意事項

ビッグローブ光(3年プラン)の定期利用期間と違約金

  • 定期利用期間は36か月間
  • 初回の定期利用期間は、契約開始日から課金開始までを合わせた期間
  • 定期利用期間が36か月毎に自動更新
  • 定期利用期間の最終月とその翌月および翌々月は違約金不要期間
  • 違約金不要期間以外の解約時には、当月の月額料金に加えて、マンションタイプ3,360円、ファミリータイプ4,230円の違約金
  • 2022年6月30日以前に申し込みの場合は、20,000円または11,900円の違約金

ポイント

  • 3年契約なので、3年以上使う予定なら違約金の心配なく使える
  • 3年未満で解約する場合は、違約金が発生するので注意
  • 2022年6月30日以前に申し込みの場合は、違約金が高額なので注意

3 ゲームに最適な光回線の選び方

一人暮らしに最適な利用方法の1つ、オンラインゲーム。

オンラインゲームを思う存分、快適にプレイするためには、安定した通信環境が欠かせません。そこで、ゲームに最適な光回線の選び方について解説します。

3-1 ゲームに最適な光回線ランキング【速度・安定性・ping値を比較】

ゲームに最適な光回線を選ぶ際には、以下の3つのポイントを押さえるとよいでしょう。

  • 通信速度 100Mbps〜
  • IPv6 対応
  • ping値 平均15ms以下
  • Jitter値 5ms以下

なお、光回線の場合、jitter値5msを超えることはほとんどありません。ただし、ルーターや接続機器の性能や設置場所などによって、jitter値が大きくなってしまう場合もあります。

3-2 ゲームに最適な光回線としては、以下の3つ、おすすめ!

  1. @TCOMヒカリ:NTT光回線利用、速い
  2. @nifty光:NTT光回線利用、月額料ポイント支払い可能
  3. Eo光:関西に限っての利用なので、お住まいの方に、おすすめ

なお、ゲームに最適な光回線を選ぶ際には、自分の住んでいるエリアに対応しているかどうか必ず確認しておきましょう。

@T COM(アットティーコム)

スマホ「LIBMO」を利用されている方は、3GBプランの基本料金は760円(税込)で利用できます。

選べる特典のTLCポイントは、月額料金に利用できる他、WAONへの直接交換、またドットマネーを経由することで様々なポイントへの交換や現金化が可能です。

税抜200円につき1ポイント貯まり、毎月開催されるラッキーナンバーズやTLCアプリへのログイン、ゲームなどで貯めることができる。

このように、LIBMOはスマホとのセット割で通信費を安くしたい方、そして光回線でもポイ活をしたい方におすすめです。

@nifty光

auのスマホユーザーなら「auスマートバリュー」を適用でき、家族で利用してもお得に利用できる光回線です。

また、他社光コラボと比較すると、最初の29ヶ月目までの月額料金が「3,691円~」とかなりお得、

さらに、フレッツ光から乗り換えの場合は、立会いの工事不要で非常に簡単にお切替え可能、また、NTTの光回線を使っており、最大速度10Gbps&エリアも広く、多くの方にご利用いただけます。

3-3 ゲームに最適なゲーミングルーターおすすめ【Wi-Fi 6対応ルーター】

光回線の通信速度を最大限に引き出すためには、性能の良いルーターを用意することも重要です。ゲームに最適なルーターとしては、以下の2つが挙げられます。

  • ゲーミングルーター:ゲームに特化した機能を備えたルーター
  • Wi-Fi 6対応ルーター:最新のWi-Fi規格に対応したルーター

ゲーミングルーターは、ゲームに特化した機能を備えているため、ラグや遅延を抑えることができます。Wi-Fi 6対応ルーターは、従来のWi-Fi規格と比べて通信速度が速く、安定しているため、ゲームに最適な環境を構築することができます。

なお、ゲーミングルーターは価格が高価な傾向にあるため、予算と相談しながら選ぶようにしましょう。

おすすめは以下3点

メーカー製品名対応規格最大速度価格
アイ・オー・データ機器WN-DAX6000XR/EWi-Fi 6 / 10Gbps4804Mbps(5GHz帯)+574Mbps(2.4GHz帯)35,800円
エレコムWRC-XE5400GS-GWi-Fi 6E / 1Gbps4804Mbps(5GHz帯)+574Mbps(2.4GHz帯)12,058円
TP-LinkArcher AX80Wi-Fi 6 / 1Gbps4804Mbps(5GHz帯)+574Mbps(2.4GHz帯)15,147円
おすすめWi-Fiルーター3点

4 光回線の料金割引・キャンペーン情報を賢く活用しよう

光回線の契約を検討する際は、料金割引やキャンペーンを活用して、お得に契約しましょう。

注意すべき事項として、スマホ割引や適用条件などについて、以下に解説します。

4-1 光回線とスマホのセット割引

光回線とスマホのセット割引は、光回線とスマホを同じ会社で契約することで、月額料金が割引されるサービスです。セット割引の対象となる光回線とスマホの組み合わせは、各社によって異なります。

セット割引のメリットは、以下のとおりです。

  • 月額料金を割引できる
  • 契約の手続きが簡単
  • サポートが受けやすい

セット割引を利用することで、光回線とスマホの両方を契約する場合、月額料金を大幅に節約することができます。

4-2 光回線のキャッシュバックと最大月額割引

キャッシュバックとは、光回線の契約時に、一定の金額を現金で受け取ることができるサービスです。

最大月額割引とは、光回線の契約期間中に、月額料金が一定額割引されるサービスです。

キャッシュバックと最大月額割引の適用条件は、各社によって異なります。

キャッシュバックは、契約時に一定の金額を支払う必要がある場合や、一定の条件を満たす必要がある。また最大月額割引は、契約期間内に解約すると、割引された金額が請求されるます。

キャッシュバックと最大月額割引は、どちらも光回線の契約時に、お得に利用できるサービスです。適用条件を理解して賢く利用してください。

4-3 光回線のキャンペーンは注意して【適用条件や期間を必ず確認しよう】

光回線のキャンペーンには、キャッシュバックや最大月額割引、違約金無料、プロバイダ料金無料、工事費無料など、さまざまな種類があり、

キャンペーンは、お得に光回線を利用できるチャンスですが、適用条件や期間を必ず確認しないと、後から損をしてしまう可能性がある。

注意点1:適用条件や期間を必ず確認する

キャンペーンの適用条件や期間は、各社によって異なります。例えば、キャッシュバックのキャンペーンでは、一定の利用期間を満たす必要がある場合や、オプションサービスに加入する必要がある場合があります。

最大月額割引のキャンペーンでは、契約期間が短いと割引の適用がなくなる場合もあります。

キャンペーンを利用する際には、必ず適用条件や期間を確認するようにしましょう。

注意点2:オプションサービスに加入する必要がある

お得感を得るための条件の1つはオプション加入があります。

キャッシュバックや最大月額割引などのキャンペーンを適用させるために、オプションサービスに加入する必要がある。

オプションサービスは、月額料金がかかるものも多いので、よく検討してから加入してください。年間支払い額をも検討すべきです。

注意点3:一定の利用期間を満たす必要がある

お得感を得るための条件の2つ目は決められた利用期間を満たことが求められます。

前述のキャッシュバックや最大月額割引などのキャンペーンを適用させるためにはオプション加入と、利用期間の2つを満たす必要性が多いです。

利用期間を満たさずに解約した場合、キャンペーンの適用がなくなり、割引キャッシュバックがもらえなくなるので注意が必要です。

光回線のキャンペーンを利用することで、お得に光回線を利用できます。しかし、利用後に損をしてしまう可能性もある。注意することは小さな文字※印の文章を読むことです。

不利なことは小さく、分かりにくい表現である。

5 光回線の導入と契約の流れを解説【工事不要のマンションも】

光回線を導入するには、申し込みから契約、工事、開通まで一連の手続きが必要です。

5-1 光回線の申し込み・契約方法を解説【最短2週間で開通可能】

ます、希望される光回線事業者のサイトからお住まいのマンションが光回線対応建物かをチェックしましょう。

次に、各社の公式サイトや電話などで申し込むことができます。また家電量販店での窓口でも可能であり、申し込み時に、以下の情報を提示、入力する必要があります。

  • 氏名・住所・電話番号
  • 希望する光回線の種類
  • 希望するプロバイダ
  • オプションサービスの有無

申し込みが完了すると、各社から連絡があり、契約手続きを行います。

以下の書類の提出が必要です。

  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたは口座振替の口座情報

5-2 光回線の導入済みマンションと工事必要マンションの違い【メリット・デメリット】

マンションに光回線を導入する場合、建物内に光ファイバーケーブルがすでに引き込まれている「導入済みマンション」と、まだ引き込まれていない「工事必要マンション」の2種類があります。

導入済みマンションを「マンションタイプ」と工事必要マンションを「ファミリータイプ」と表現されている場合もあります。各光回線事業者によって違います。

項目導入済みマンション(マンションタイプ)工事必要マンション(ファミリータイプ)
工事不要必要
開通までの期間最短2週間程度最短1か月程度
工事費不要かかる
騒音・立ち会い不要発生する
選択できる回線業者・プラン限られる場合がある豊富
光回線導入マンションと工事必要マンションタイプとの比較

導入済みマンションと工事必要マンションには、それぞれメリットとデメリットがあります。

導入済みマンションは、工事が不要で、申し込みから開通までの期間が短いことがメリットです。ただし、選択できる回線業者やプランが限られる場合がある点に注意が必要です。

工事必要マンションは、選択できる回線業者やプランが豊富であることがメリットですが、工事が必要で、申し込みから開通までの期間が長い点に注意が必要です。

5-3 光回線の工事と開通の流れ【工事費や工事できない場合の対処法も解説】

光回線を利用するためには、工事が必要となります。光回線導入済みマンションでも最初の確認事項として、当該マンションが工事必要か、不必要か確認しなければいけない。

工事

工事は、光ファイバーケーブルを引き込むために、建物の壁や床に穴を開ける作業です。新規導入にあたっては貸主の大家さんの承認が必要でもり、マンション、集合住宅も同じく、管理組合、管理会社に承認を受ける必要性があり、所々の手続きが必要です。

工事には、以下の流れがあります。

申し込み

  • 工事日程の調整
  • 立ち合い
  • 工事完了

工事費は、回線事業者や工事の種類によって異なりますが、一般的に2万円〜5万円程度かかります。金額については各社のキャンペーンや支払い方法によって違います。

工事ができない場合はあきらめるか、光回線対応マンションに引っ越しする

光回線は配信速度が速いため、オンラインゲームから全ての利用方法に対応します。とくにオンライゲームを生活の一部、趣味の1つなら迷わず光回線対応であるマンションに住むべきです。

工事ができない場合の対象方法として、どこでもWi-Fi置くだけWi-FiポケットWi-Fiをおすすめしますが、安定しません。

配信動画メインにし、オンラインゲームをしない方でしたら問題なくおすすするWi-Fi装置ですが、やはりオンラインゲームには光回線をおすすします。

6 光回線のよくある質問と注意点まとめ

光回線は、高速で安定した通信が可能なインターネット回線として、多くの家庭で利用されています。光回線を検討する際には、よくある質問や注意点について知っておくと、スムーズに契約することができます。

以下に、代表的な例を紹介します。

よくある質問

光回線のメリットは?

最大通信速度が速く、安定した通信が可能なことがメリットです。また、動画配信やオンラインゲームなど、データ量の多いコンテンツの利用にも適しています。

光回線のデメリットは?

工事が必要なので、工事ができない環境があるので、全ての建物には対応できません。また電柱設置場所によっては別途工事費が生じたり、契約期間(2年や3年の縛り)が設けられている場合、途中で解約すると違約金が発生する可能性があります。

光回線の選び方は?

提供エリアや月額料金、キャンペーンなどを比較して選ぶのがおすすめです。また、工事費が無料のプランや、違約金が安いプランなど、自分の状況に合わせて選ぶことも大切です。

注意点

工事費の有無や金額を必ず確認する

光回線の工事費は、回線事業者やプランによって異なります。工事費が無料のプランや、分割払いできるプランなどあり、確認しておきましょう。

契約期間と違約金を必ず確認する

光回線の契約期間は、一般的に2年〜3年です。契約期間内に解約すると、違約金が発生する可能性があります。契約期間違約金は、必ず確認しておきましょう。

キャンペーンの適用条件を必ず確認する

光回線のキャンペーンは、適用条件が設けられている。キャッシュバックや割引などの特典を受けるためには、適用条件を満たす必要があり、必ず確認しておきましょう。

光回線を検討する際には、よくある質問や注意点について知っておくと、スムーズに契約することができます。自分に合った光回線を選んで、快適なインターネット環境を整えましょう。

6-1 モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)とホームルーター(置くだけWi-Fi)比較

モバイルWi-Fiとホームルーターの違いは、以下のとおりです。

  • モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi):携帯電話回線を利用した無線LANサービス
  • ホームルーター(置くだけWi-Fi):Wi-Fi機能付きのルーター

モバイルWi-Fiは、携帯電話回線を利用するサービスです。Wi-Fi対応の機器であれば、Wi-FiルーターやWi-Fiスポットなど、Wi-Fiの電波が届く場所であれば、インターネットに接続することができます。

ホームルーター(置くだけWi-Fi)は、Wi-Fi機能付きのルーターです。利用電波は、モバイルWi-Fiと同じ携帯電話回線を利用し各モバイルとネットワーク形成でき、工事不要で利用できる。

モバイルWi-Fiとホームルーター(置くだけWi-Fi)のどちらを選ぶかは、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

項目ホームルーター(置くだけWi-Fi)モバイルWi-Fi(ポケットWi-Fi)
特徴複数の部屋でWi-Fiを利用できる手軽にインターネットに接続できる
接続方法無線LAN、有線LAN無線LAN
工事不要不要
通信速度光回線やADSLより遅い光回線やADSLよりも遅い
対応エリア光回線やADSLより遅い光回線やADSLよりも狭い
利用場所自宅自宅や外出先
メリット通信速度が速い、工事不要、安定度が高い手軽に利用できる、工事不要
デメリット価格が高い、利用地域限定、本体価格が高額通信速度が遅い、対応エリアが狭い
ホームルーターとモバイルWi-Fiの比較表

大きな違いは持ち運びできるか、固定するかです。そして希望的観測で全国各地で5G通信が可能になることもあげられます。

全ての建物が光回線工事対応ではない。そこでオススメなのは工事がいらない「置くだけWi-Fi」「挿すだけWi-Fi」など複数の名称がある、ホームルーターはいかがでしょうか?

興味ある方は下記をごらんください。

6-2 光回線が遅い・速度が出ない時の対処法

光回線が遅い・速度が出ない原因は、以下のとおりです。

  • 無線LANの接続台数の制限
    • 無線LANに接続する台数が多いほど速度は低下する。接続台数を制限
  • ONU、ルーターの位置変更
    • 意外と熱を発生するので熱がこもらない場所を選ぶ
  • 無線ルーターの場所
    • 電波を遮る障害物を避ける。周波数帯を2.4GHzないし5GHzどちらかで試す
  • 回線事業者の見直し
    • ケーブルテレビを利用されている場合は光回線より確実に速度は劣ります。

端末や、無線機を再起動や初期化を試してみるのもおすすめします。

6-3 光回線の転用・引っ越し・撤去・解約の手続き方法を解説

光回線を契約する際には、以下の手続きが必要です。

  • 申し込み
  • 契約手続き
  • 工事
  • 開通

契約を解約する際には、以下の手続きが必要です。

  • 解約の申し込み
  • 利用端末の返却
  • 違約金の支払い

転用とは

すでに利用している光回線事業者から、別の光回線事業者へ乗り換えることです。

転用を行う場合、工事費が不要で、乗り換え先の光回線事業者によっては、違約金の負担が免除される場合があります。

引っ越し先でも光回線を利用する場合、引っ越し先の住所で光回線が利用可能かどうかを、事前に確認しておきましょう。

光回線の利用を終了する場合は、解約の申し込みをする必要があります。解約の申し込みは、電話やインターネットで行うことができます。

利用端末は、必ず返却するようにしましょう。違約金の支払い義務がある場合は、違約金の支払いが必要です。

まとめ(マンション向け光回線の選び方と注意点まとめ)

本、記事では、マンション向け光回線の選び方と注意点について解説しました。特に一人暮らしの方におすすめ光回線を紹介した内容です。

記事の流れ

  1. 一人暮らしに最適な光回線の要件
  2. マンションタイプの光回線の特徴解説
  3. 安い光回線選び方
  4. Wi-Fiとホームルーターの違いと選び方
  5. 光回線が遅い・速度が出ない時の対処法
  6. 転用・引っ越し・撤去・解約の手続き方法解説

大切なポイント

  • 一人暮らしの場合は、通信速度の速さに重点をおいて選びましょう。
  • マンションタイプの光回線は、光回線導入済みのたてものか、確認しましょう。
  • 安い光回線を選ぶ際には、※印、小さい文字で書かれた「適用条件」を必ず確認しましょう。
  • 光回線が遅い・速度が出ないときは、端末の故障や回線の混雑などが原因の可能性があります。
  • 光回線を解約する際には、違約金を支払う必要があります。注意しましょう。

注意すべきこと

  • 光回線の申し込みは、各社の公式サイトや電話で行うこともできます。
  • 契約時には、必ず利用規約や料金プランをよく確認しましょう。
  • 工事費は、キャンペーンを利用することで無料になる場合があります。
  • キャッシュバックや割引などのキャンペーンは、適用条件がありますので注意しましょう。

快適なインターネット環境を整えるためには、光回線の導入がおすすめです。選択基準は「人気と利用者数」で検討しても損はないことをまとめました。

本記事で解説したポイントを参考に、自分に合った光回線を選んでみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次