初めてのWordPress用テーマとは何?SEO対策とは何?解説します

※アフィリエイト広告を利用しています

WordPress用テーマ?それは何?お題、楽曲、目標?

WordPress用テーマはブログ用ソフトと思ってください。

テーマという用語は、一般的にコンピューター上でデザインやレイアウトを作成する場合に使用されます。

WordPress用のテーマは、ウェブサイトの

  • 外観
  • 機能

を使用するために、「テーマ」と言われる用語が使用されています。つまり、テーマはウェブサイトの”テーマ”や”主題”を定義するために使用されるため、このように呼ばれています。

ブログ、ホームページを作る上でWordPress用テーマ選びは悩みます。はじめてのブログではWordPress用テーマの選択基準を持っていないのがあたりまえです。

選択基準がないのに、疑問を持ってない人に質問をするようなもの。

以下の質問の意味が分からない?

  • 作りやいさいとは?
  • SEO対策に強いテーマを選びましょう?
  • アフィリエイトに特化しているテーマを?

失敗しないテーマの選び方?・・・と言われても失敗の意味が分からない。

デモサイトで確認?デモサイトってなに?おしえて!

なにについて書いているのか、全て意味不明です。

何を言っているのか、書いているのか最初のWordPress用テーマ選びには高い壁があります。

この記事はWordPress用テーマ選びで悩んでいる方に、読んで欲しい記事です。

目次

好き、嫌い、好みのサイトを見つける

実際の画像、ブログ、店舗のホームページなどを見てから感覚的に

「これにしたい」「これってどう作るんですか?」と疑問をもって初めてWordPress用テーマ選びがスタートできます。

この段階ではまだ抽象的ですが自らの好みが少し現れた感じです。

テーマとは、ブログのデザインを決めるソフトです。

テーマは以下の意味で理解してください

  • テーマは、ブログの文字、画像、色の配置を決めるソフトです。
  • 問い合わせページやヘッダー、フッターなどのデザインも、テーマで決めることができます。
  • テーマは、テンプレートとも呼ばれます。

テーマをよく、お題なの?なぜWordPressテーマと呼ぶのか不思議に思われます。なぜテーマと呼ばれるのか?テーマは英語の「theme」を直訳したものです。

英語の「theme」には、「主題」「テーマ」「モチーフ」などの意味があるように、仮に自分のサイトにタイトルや構成デザインコンセプトを決めることをテーマと理解してください。

それがピンとこない方はWordPressソフトを「家の骨組み」でテーマは「外壁、屋根、窓、カーテンや壁紙」をイメージしてください。

WordPressソフト+テーマ=ブログ、サイトですね。

たくさんのホームページ

時間的に何日かかけて探すのをおすすめします。人間の気持ちは昨日と変わって今日は違うものをえらぶものです。

時間をかけることでデザインの方向性が何となく定まり一個の物差しが出来上がります。

そこで自分好みがわかり、テーマ選びのスタートが出来ます。

テーマを調べる

好みのサイトが見つかりましたら、どのテーマを使っているか調べてください。

調べ方は以下を参照してください。

テーマ調べの方法はいくつかあり、今回はGoogle Chromeウェブブラウザでの方法を解説します。

単純にボクがChromebookでこの記事を書いているからです。

WindowsやMacでも同じ方法です。

使っているソフトはWP-Searchブックマークレット

参考サイト マニュオン

マニュオントップページからは

STEP
マニュオンページ、右上に「テーマ事業例集」にカーソルを合わせる
STEP
WP-Searhの文字をクリック

STEP 3 の下記のページがでます。

STEP
赤枠のブックマークレットの使い方をクリック
STEP
画面が変わりWP-Searchブックマークレットの使い方と書かれたページに変わります
STEP
ページ中断にWP-Search ブックマークレットの登録方法があります

WP-Search文字部分をクリックしたままブックマークバーにドラック&ドロップ

下記はChromeブラウザのブックマークバーにドロップした絵です。

このときにブックマークバーを常に表示しておくことです。Chromeのブックマークバーの表示法は以下のとおりです。

STEP
その他アイコン をクリック
STEP
ブックマークをクリック
STEP
ブックマークバーをクリック

実際の調べる方法

好みのサイトを選び開いた状態で、ブックマークバーにある「WP-Search」をクリックすると、少し時間(数秒)がかかり以下の内容が確認できますタイトル

  • トップページ
  • サーバー
  • テーマ
  • 表示速度

以上が表示されます。

これで気になるサイトのWordPress用テーマがなにを使用しているか調べられます。何点かテーマを選び検討できる段階です。

WPSNIFFER

「WordPress用 テーマ 検索」 で探すと、WPSNIFFERと言われる便利そうなツールが推奨されているが、

現在(2022年6月18日)WPSNIFFERは不正なソフトと判断されGoogleウェブストアから削除されていました。

GoogleウェブストアでChrome用拡張機能を利用してワンクリックでテーマをおしえてくれるツールであったのですが

いまはページが開けない状態です。404.エラーです。

用途別テーマ選び

WordPressを使うかたはブログ運営、店舗、企業、様々です、業種に合わせたWordPress用テーマがあるようですが、

ほとんどのWordPress用テーマは多種にわたる用途に適合しています。

自由にレイアウトデザインをすることで目的に合ったサイトがつくれます。

あえて用途別に区分するのであれば、和風イメージ、和風モダンです。

それは縦書きが求められるからです。

ほとんどのWordPress用テーマは横書きです。そこで縦書きで和風をイメージさせている旅館、和食店舗などのホームページはやはり縦書きです。

この場合どうしますか?

プラグインを使用するか、専門的作業にCSSS操作で縦書きに変更してもらうか、自ら変更するかです。

こうした作業を避けたいなら和風のWordPress用テーマを選ぶこともできます。

和風用、テーマ

TCD で展開している

参考テーマ  KADAN:旅館に合うテーマです。ご覧ください 

参考テーマ  HAKU :日本料理店に合うテーマです。和を意識してます。ご覧ください。

 

レスポンシブ対応

レスポンシブとは

ひとつのホームページでスマホ、タブレット、パソコンに対応した画面で問題なく表示されることです。

ホームページ閲覧を利用するデバイスは8割がスマホです。

最近のGoogle検索結果には、Googlemapが表示されます。

これは直接店舗ホームページにアクセスし、ホームページ閲覧ができます。

Googlemapからの店舗評価、おすすめなど一箇所のページからアクセスし完結できるようになり

現在の集客はSNSに比重がありスマホでお店選びをすることが多いです。

テーマ選び注意点

利用されるテーマのサポート内容です。

購入しても設定マニュアルがない、または複雑すぎる、これは実際に買われたかたが感想と述べていますのでさがしてみてください。

電話サポートがあるのか、なければ Eメール対応されているか、購入テーマサイトで確認できます。

購入するテーマ、ホームページにこれらの詳細が書かれていることが選択条件にもなります。

どのような商品であっても購入するにあたって、カタログや商品の説明文のない商品は買いたくありません。

例えば車を購入するときにカタログ、試乗、現物がなくても購入しますか?

車には詳細なカタログが用意されていて、ネットでも様々なレビューを読む事ができます。

金額に関係なく、売られている商品に責任や自信がなければカタログや説明文もないものと考えておきましょう。

ホームページ委託

どうしても時間や複雑な作業と感じてしまうならいっそのこと全て外部業者に任せてしまうこともありです。

費用はかかりますが速く確実な方法でもあります。

参考価格
初期費用、50,000円
毎月運用、10,000円

上記内容のほかに画像(写真撮影)を有料で頼む時は別途料金がかかります。運営費用としては年間計算しても委託方法がいいと判断できるかたは選択してください。

飲食店におけるホームページはランチや週替りメニューによる変更操作を従業員、あるいは自らするなどしても運営できます。

まとめ

最初のWordPress テーマを選ぶことはとても難しいことです。突然にSEO対策が、アフィリエイトに特化していると言われても?

そこで漠然とした、言葉ににならいイメージを具体的に近づける一歩として以下の内容で書かれています。

  • 好みのサイトを見つける
  • たくさんのホームページを見る
  • 気になるサイトを検索する
  • 用途別テーマ
  • 和風用、テーマ
  • レスポンシブ対応
  • テーマ選び注意点
  • ホームページ委託

SEO対策、アフィリエイト対応、検索PVアップ、などテーマを選択するだけでGoogle検索順位が上位表示されるような、謳い文句があります。

テーマによって収益化に大きな差が出るような謳い文句があります。

誰もが必ず上位検索されるわけではないです。どんなテーマを利用しても最大のSEO対策はブログ内容です。中身のない内容でGoogle検索順位が上位表示されるようなことはないです。

以上の内容です。WordPress テーマ選びの手助けになることを祈っております。

テーマによって上位表示されることはないです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次