安いWebマーケティングスクールは転職・就職にも無駄なの?10社の費用を比較

※アフィリエイト広告を利用しています

Webマーケティングスクール入学したいが、どこも高額で・・・

スクールの多さと、金額でどこを選んでいいのか?

そこで選択ポイントとしてまずは「安いWebマーケティングスクール」価格重視でみていきます。

日常生活は無意識にマーケティングに利用されている。マーケティングは商品に限らず、身近な生活でも利用されいるからです。例えば選挙です。選挙運動もWebマーケティング手法のひとつです。

これまでの屋外ポスター、街頭演説活動だけでなく、Web利用活動も認められ立候補者の広告、共感を集める動画など、SNSが利用されています。

Webマーケティングは「活用したい」「利用したい」という意識を持たなければ利用できません。Webの世界でも日常生活でもマーケティングを意識し、マーケティングを学びたい人は年々多くなってきました。

学ぶ方法は様々です。Webマーケティングを学ぶ方法は3つ。

  1. 独学
  2. 実践=会社で働く
  3. Webマーケティングスクールを利用する

上記の内容で最短時間で学習できるのは「3.」のWebマーケティングスクール利用です。

効率よく時短で学びたい社会人、初めてマーケティング部に配属され、これを機にマーケティングの基礎勉強を始めたいと考えている人らは、限られた時間で成果を望みます。

学生の方で就職先はマーケティング部門に就きたいと考えているなら、Webマーケティングの基礎を体系的に効率よく学習できモチベーションを保ちたいならマーケティングスクールを、お勧めします。

しかし高額費用がかかり受講するか迷い、少しでも低価格なスクールを見つけたいと考えます。金額面のみ考えた場合、独学がありますが、

社会人の方は時間に余裕がないので、効率を考えるとやはりスクールを利用したい。しかし受講金額が高い。かと言って安いスクールは学習内容に不安を感じる。悩みます。

マーケティングスクール受講の結論

  • マーケティングスクール受講メリットは学習効率のよさ、モチベーション維持に最適です。
  • 低価格マーケティングスクールはWebマーケティング学習に重点をおき自己管理で受講する。
  • 高価格スクールは自己管理とスタッフサポートで受講を進める。

この記事はネット上で露出の多いWebマーケティングスクールを低価格から高額受講料を単純に列記しました。授業内容やサポート体制などの詳細については解説していません。

受講料の差を感じてもらう記事です。

目次

Webマーケティングスクール受講料の全体像

Webマーケティングスクールの受講料・入会金・支払い方法など、一覧です。

スクロールできます
会社名入学金
(税込、円)
受講料
(税込、円)
入学金+受講料
(税込、円)
受講期間分割払い
(税込、円)
学割制度転職サポート公式ページ

Withマーケ
49,800
(2022年10月9日から)
月額受講料4,980
4回プラン:19,200
8回プラン:39,840
12回プラン:59,760

4回プラン:49,800+19,200=69,000
8回プラン:49,800+39,800=89,600
12回プラン:49800+59,760=109,560
月単位で自由設定

デイトラ
なし1年間学習サポート
総額:98,000
同左1ヶ月(30日)、
30〜60時間

TechAcademy
なし4週プラン:社会人174,900
学生163,000
8週プラン:社会人229,900
学生196,900
12週プラン:社会人284,900
学生229,900
16週プラン:社会人339,900
学生262,900
同左4,8,12,16週間社会人 月々約7,288から
学生     月々約6,830から


Wannabe Academy
(ワナビーアカデミー)
66,000社会人:264,000
学生:198,000
社会人:66,000+264,000=330,000
学生:66,000+198,000=264,000
3ヶ月社会人:12回払22,000

マケキャンby 
DMM.com
33,000転職コース:
330,000
転職コースpremium:
657,800
学習コース4週プラン:165,000
学習コース9週プラン:275,000
戦略コース:385,000
転職コース:
33,000+330,000=363,000
転職コースpremium:
33,000+657,800=690,800
学習コース4週プラン:33,000+165,000=198,000
学習コース9週プラン:33,000+275,000=308,000
戦略コース:33,000+385,000=418,000
転職コース:3ヶ月

学習コース:2ヶ月
転職コース:
24回払い15,900
転職コースpremium:
24回払い31,795
実務コース4週プラン:12回払い14,850
実務コース9週プラン:
12回払い24,750
戦略コース:
24回払い18,608



デジプロ
33,000通学プラン:330,000
オンラインプラン:385,000
学生:250,000
通学プラン:33,000+330,000=363,000
オンラインプラン:33,000+385,000=418,000
学生:33,000+250,000=283,000
2ヶ月
Be Marketerなしプレミアム基本:550,000
スタンダード基本:440,000
(キャッシュバック有り)
同左3ヶ月?

WEBMARKS
(ウェブマークス)
70,000(税抜)超実践型講座:638,000
動画講座:484,000
超実践型講座:77,000+638,000=715,000
動画講座:77,000+484,000=561,000

超実践講座:
6ヶ月
動画講座:
3ヶ月
各Webマーケティングスクールの比較

以上がネット検索で露出の多いWebマーケティングスクールです。それぞれ特徴があり魅力的なスクールです。

参考資料として上記Webマーケティングスクールの総額費用を横棒グラフにまとめました。

Webマーケティングスクールの総額費用を横棒グラフ

Webマーケティングスクール【10社】受講料比較表

グラフは入学金と受講料をまとめたもの、受講期間、学習場所など諸条件は加味しておりません。

スクール費用の検討は

スクール費用は安くない。どれを見ても高額です。安くても10万円近くになってしまう。費用について注意する項目は以下の点です。

  • 月割計算では安いが総額ではいくら?
  • 受講料は安いが入学金を加えるといくらか?
  • 総額は安いが受講期間はいつまで?

受講料は必ず総額で計算し確認することが大切です。また受講期間が短いのも注意です。費用対効果を意識してください。

後悔を少なくするためにも「それって本当?」と自分に問いかけ、一方からの情報での判断でなく多方面の情報も加味してスクール選択判断を心がけてください。

Webマーケティングスクールの受講料に関する記事は以上で終わりです。

これから先の記事はスクール受講、費用、選択ポイント etc・・・についての記事です。

Webマーケティングスクール受講する意味は

Webに関する人気スクールの1つにプログラミングスクールや動画編集スクールがあります。これらのスクール内容は結果を確認でき結果を目で見ることができるので面白さがあります。

しかしWebマーケティングスクールには再現性がありません。いくら授業で実践と言ってもそれはカリキュラム上の話です。再現性がないスクールをなぜ受講するか?

それは憧れ、就きたい職業のWebマーケティング関係のスタート入り口に立てるからで、学習内容を合理的に学べるからです。

もう一つはマーケティングスクールでの現役マーケターとの出会です。これは貴重な経験になます。スクールでしか聞く事のできない様々な知識、経験談も魅力のひとつです。

スクール費用にこだわる理由

Webマーケティングには国家資格制度がなく、無資格で「ボクはWebマーケターです」と言えば「そうなんだ〜・・・」だれでも言える職種です。

資格のいらないWebマーケティングスクールがなぜ高額なのか気になり、上記のように比較することで「安かろう悪かろう」を避けたいからです。

又、過剰な設備や人件費が原因で高額費用なのかを見極め、適切な価格で受講できることが目的です。

国家資格の受講料は安い

Webマーケティングスクールは国家資格制度にはありません。なのに受講料は高額です。例えば国家資格の宅地建物取引士、資格取得スクールでは約40,000円〜60,000円の費用でオンライン授業90日間。

マーケティングに近い職種として中小企業診断士、約100,000円〜300,000円の費用で学習期間1年間です。これに比べて見るとやはりWebマーケティングスクール受講料は高額です。

安いスクールは授業内容に特化

低予算スクールはシンプルにマーケティング学習のみで、転職・就職サポート、利用施設はありません。高額予算スクールはそれなりのサポート、設備、施設が整っています。

低価格帯のWebマーケティングスクールと高価格帯のWebマーケティングスクール差はサポート講師、設備の費用面からの差です。

安いWebマーケティングのメリットは

  • 手軽さ感がある
  • Webマーケティング内容に特化している

安いWebマーケティングスクールはやはり受講料が最大のメリットである。少数講師での運営、学習以外の設備に関しては不要と考え出費を抑えて運営しています。

受講生は系統別にカリキュラムを組んで効率よく学べ、学習は基本、すべてオンラインで行い受講時間を決め自ら学習スケジュールを作り、自己管理し学ぶ事が求められる。

安いWebマーケティングスクールに向いている人

就職先は他人に頼るのではなく自ら探す心構えで受講し、目的を自らつかみ取ることを前提に学習する人におすすめです。スクールは学習中心、就活とは別と考えるかたに向いています。

高額スクールの費用は人件費・サポート

高額なスクールも低価格なスクールにも理由があります。高額なスクールは設備や卒業後のサポートなど手厚い内容で、安心感があります。

運営スッタフの人件費

スクールはサポート体制や広告費だけで受講料を決めていません。高額スクール費用の多くは人件費です。スクール維持のためには多く受講生を集め利益を産まなければなりません。

人権依存率

そのためには生徒数に対応した講師陣、多くのスタッフが必要です。一般的に教育機関の人件費依存率は60%代です。これは学生から受講料収入に対して講師陣、スタッフらに支払われる人件費の割合です。

マーケティング学習を低予算で考えるなら独学

確かに独学でマーケティングを学ぶ事もひとつです。そこには計り知れない時間と挫折が存在します。特に社会人のかたは大切な時間を調整しなければなりません。

独学は知識を得るための学習であり、実践を意識するなら、やはりマーケティングスクールを受講するほうがいいです。

Webマーケティングを実践したいなら就職です

無料でマーケティング実践、勉強し、お金がもらえる方法は広告会社などに就職することです。最も確実にマーケティングスキルを身につけることができます。

未経験者で企業が求めている人材の第一希望は20代前半の方です。(年齢ありき)これはどの職種も同じことです。若さと体力、吸収力で育て上げる人材を求めています。

20代前半、第二新卒者でマーケターを目指なら直接就活されるのも方法です。

転職ならサポート利用できるスクール

転職を考えている社会人であれば時間の制約があり、効率を考えた就活をしたい。と考えるなら転職サポート利用できるWebマーケティングスクールを選択しましょう。

特に未経験で転職を考えているなら、費用は高いですが、転職支援体制のあるスクールがいいです。低予算スクールでは利用できない制度であり、長い目でみれば高額費用は回収できます。

おすすめ、Webマーケティングスクール

転職・就職するなら、人気Webマーケティングスクールです。

受講生数の多いスクールです。

受講料は高いですが、理由はそれなりのサポート体制が附属し転職・就職の不安を解消してくれます。スクール選択ポイントは受講金額、カリキュラム内容ですが、

次に大切な選択ポイントは人気、受講生が多いことです。受講するメリットがあるから選ばれています。それがサポート体制です。授業に関する以外のサポートです。

授業以外のサポート内容に高額の受講料を支払うかが迷う点です。とても難しい問題です。

転職を考えているならサポート体制の整ったところをオススします。学生20代前半ならばマーケティング学習に特化した低予算スクールもオススします。

無料カウンセリング・無料相談は時間の無駄

Webマーケティングスクールの無料相談、オンライン相談などは、スクール側の宣伝なので無駄です。無料=無駄です。無料相談内容はだいたい以下の内容です。

  • スクール側からの質問
    • こちらのスクールはどこでお知りになりましたか?
    • お客様は現在何歳ですか?
    • お客様は学生ですか、社会人ですか?
    • 転職を考えていますか?
    • スクールで学びたいこと、重視していること、要望は?
    • ご質問は

スクール側からの質問意図は情報集めと勧誘です。意外と数多く質問されます。こちら受講側の質問、不安にたいする解答は「大丈夫です」「解決できます」と模範解答です。

Webマーケティングスクール選択ポイント、卒業生に聞く

どこのマーケティングスクールが自分に合っているか?選択ポイントは人それぞれですが、おすすめは授業内容と受講終了後でも転職・就職不安を解消してくれるサポート体制が整っているところです。

情報収集としてスクール紹介サイトだけでは十分ではありません。少しでも後悔をなくすために、いろいろな情報を取りにいきましょう。その一つが実際に卒業され無事転職された先輩の意見もスクール選びに役立ちます。

できることならSNSなどを利用して、現在受講生の意見、または卒業生に聞くことです。

まとめ

高額なお金と貴重な時間を使うことになるスクール受講です。憧れの職業、なりたい職種のWebマーケターですが、今一度自分に問いかけてください。

  • なぜWebマーケティングを学ぶのか?
  • Webマーケティングを学んでどうしたいか?
  • Webマーケティングを学ぶためにはスクールは必要か?

以上の質問を再度、考えてスクール受講をするか否かを判断してください。お金は平等に手に入りませんが、時間は平等に与えられています。

たくさん悩んで答えを出してください。

Webマーケティングスクール会社側も生徒を集める目的でマーケティング施策を作って受講生を募集しています。

受講する側もマーケティングの一部としてどのような目的、なにをしたいかなどを考えた自分なりのマーケティング手法でWebマーケティングスクール選びをしてください。

この記事がWebマーケティングスクール受講に迷っている方の解決策のキッカケになることを祈っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次