未経験でもWebマーケターになれる!仕事内容と学習方法

Pay Per Click(PPC)、クリックされるごとに広告費が発生する仕組み

※アフィリエイト広告を利用しています

現代社会において、私たちの生活はインターネットと切り離せないものになっています。

朝起きたらスマートフォンでメールや予定を確認する、通勤・通学中にニュースやSNSをチェックする、

仕事や勉強の合間にネットショッピングを楽しむなど、インターネットは私たちの生活に欠かせない存在です。

目次

Webマーケターとは?

インターネットが私たちの生活に欠かせない存在となった現代において、Webマーケティングの重要性も高まっています。

Webマーケティングとは、インターネットを活用して商品やサービスを販売する手法です。

Webマーケターとは、Webマーケティングの専門家であり、WebサイトやSNSなどのインターネット上のツールを活用して、商品やサービスを販売、促進する役割を担っています。

Webマーケターの仕事内容

Webマーケターの仕事内容は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

1.WebサイトやSNSの企画・制作・運用

Webマーケターは、WebサイトやSNSなどのインターネット上のツールを活用して、商品やサービスの情報を発信します。

そのためには、ターゲットとなるユーザーのニーズを把握し、そのニーズに合ったWebサイトやSNSを企画・制作・運用することが重要です。

2.Web広告の運用

Web広告とは、インターネット上で表示される広告のことです。Webマーケターは、Web広告を効果的に運用することで、商品やサービスの認知度を高めたり、販売促進を図ったりします。

3.データ分析

Webマーケターは、WebサイトやSNSのアクセス解析などのデータ分析を行い、効果的なマーケティング施策を立案します。

「Webマーケティングの仕事内容」を踏まえて、具体的な対策をいくつか紹介します。

SEO 対策からSNSマーケティング

インターネットの普及に伴い、Webサイトやブログなどのコンテンツが氾濫しています。そのような状況下で、自社のWebサイトやブログを多くの人に閲覧してもらい、ビジネスにつなげるために重要なのが、SEO対策です。

SEO対策とは?

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のことを指します。

検索エンジンの評価基準に沿ったWebサイトやブログを制作・運用することで、検索結果の上位に表示させ、より多くの人に閲覧してもらうことを目的とした施策です。

SEOのメリット

読者数の増加(閲覧者)

SEO対策によって、検索結果の上位に表示されることで、より多くの人にWebサイトやブログを閲覧してもらえます。

ブランディングの強化

検索結果の上位に表示されることで、自社や商品・サービスの認知度を高めることができます。また、ブランドイメージの向上にもつながります。

資産形成

SEO対策によって、検索結果の上位に表示され続けることで、継続的に多くの人に閲覧してもらえます。これは、資産の形成につながります。

SEO対策の具体例

SEO対策には、大きく分けて以下の2つの方法があります。

内部対策

サイト内のコンテンツや構造を改善する方法です。具体的には、以下の施策が挙げられます。

  • ターゲットユーザーを明確にする
  • 適切なキーワードを選定する
  • コンテンツを充実させる
  • サイトの構造をわかりやすくする
  • サイトの表示速度を上げる
外部対策

他のWebサイトから自社サイトへのリンクを獲得する方法です。具体的には、以下の施策が挙げられます。

  • ブログやSNSを活用する
  • プレスリリースを配信する
  • 関連するWebサイトと提携する

SEO対策は、Webサイトやブログをビジネスにつなげるために重要な施策です。

適切なSEO対策を実施することで、多くの人に閲覧してもらい、ビジネスの成果につなげることができます。

SEO対策とSNSマーケティングは、Webマーケティングの基本的な対策です。

しかし、それだけでは十分ではありません。さらに、広告を活用することで、

より効果的なマーケティングを実現することができます。

広告の種類

インターネットの普及に伴い、Web広告の重要性が高まっています。

Web広告とは、インターネット上で表示される広告のことで、リスティング広告、SNS広告、ディスプレイ広告、PPC広告、バナー広告など、さまざまな種類があります。

代表的なWeb広告の種類と特徴を以下にまとめます。

リスティング広告

ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を表示する手法です。

検索結果の上部に表示されるため、多くの人に目に触れやすいというメリットがあります。

SNS広告

Facebook、X(Twitter)、InstagramなどのSNSを活用した広告です。

ターゲティング精度が高く、特定の層にリーチしやすいというメリットがあります。

ディスプレイ広告

画像や動画、テキストなどの広告をWebサイトやアプリに表示する手法です。

商品やサービスの認知度を高めるのに効果的です。。

PPC広告

ユーザーが広告をクリックするごとに広告費が発生する仕組みの広告です。

費用対効果を高めやすいというメリットがあります。

バナー広告

画像や動画、テキストなどを組み合わせた広告枠に表示する手法です。

シンプルながら効果的な広告を制作しやすいというメリットがあります。

リスティング広告は、Webマーケティングの代表的な手法です。


効果的なリスティング広告を運用するためには、専門的な知識やスキルが必要です。


そこで、リスティング広告スクールで学ぶことをおすすめします。


以下に、おすすめのリスティング広告スクールのリンク先をご紹介します。

広告の成功要因

Web広告を成功させるためには、以下の3つのポイントが重要です。

1.ターゲティングを明確にする

広告を表示するターゲットを明確にすることで、より効果的な広告を配信することができます。

2.適切な広告フォーマットを選ぶ

商品やサービスの特性や目的に合わせて、適切な広告フォーマットを選ぶことが大切です。

3.効果測定を実施する

広告の成果を定期的に測定することで、改善点を洗い出し、より効果的な広告を運用することができます。

Web広告は、適切な戦略と運用によって、ビジネスの成功に大きく貢献するツールです。

ターゲティング、フォーマット、効果測定の3つのポイントを押さえて、効果的なWeb広告を運用しましょう。

SNSマーケティングの概要

SNSマーケティングとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用したマーケティング手法です。

SNSは、ユーザー同士のコミュニケーションを促進するプラットフォームであり、

企業や個人が自社の商品やサービスを宣伝する場として活用されています。

SNSマーケティングのメリット

SNSマーケティングの最大のメリットは、ターゲティング精度が高いことです。

SNSでは、ユーザーの属性や興味・関心をもとにしたターゲティング配信が可能であるため、

自社の商品やサービスに興味・関心を持つユーザーに的確にリーチすることができます。

また、SNSマーケティングは、顧客の反応を即座に確認することができます。

ユーザーからの「いいね」

SNSでは、ユーザーからのコメントやいいねなどの反応をリアルタイムで確認することができるため、

顧客のニーズや反応を把握し、マーケティング施策を改善することができます。

SNSマーケティングの目的

SNSマーケティングの目的は、大きく分けて以下の2つ。

1.商品・サービスの認知度向上

SNSマーケティングによって、商品やサービスの認知度を向上させることができます。

SNSで商品やサービスの情報を発信することで、多くのユーザーに商品やサービスを知ってもらうことができる。

2.顧客とのエンゲージメント向上

SNSマーケティングによって、顧客とのエンゲージメントを向上させることができます。

SNSで商品やサービスの情報を発信したり、ユーザーとのコミュニケーションを図ったりすることで、顧客との信頼関係を構築し、ファン化を促進できる。

SNSマーケティングの成功要因

SNSマーケティングを成功させるためには、以下の3つのポイントが重要。

1.ターゲティング

SNSマーケティングにおいては、ターゲティングが重要である。

自社の商品やサービスに興味・関心を持つユーザーをターゲティングすることで、より効果的なマーケティング施策を実施することができます。

2.コンテンツ

SNSマーケティングにおいては、コンテンツが重要です。

ユーザーの興味・関心を惹きつけるコンテンツを制作することで、ユーザーの反応を促進することができる。

3.運用

SNSマーケティングにおいては、継続的な運用が求められる。

定期的にコンテンツを更新し、ユーザーとのコミュニケーションを図ることで、ファン化を促進することができます。

SNSマーケティングは、ターゲティング精度が高く、顧客の反応を即座に確認できる手法である。

SNSマーケティングを活用して、商品やサービスの認知度向上や顧客とのエンゲージメント向上を図りましょう。

HubSpot(ハブスポット)とは

HubSpot(ハブスポット)は、インバウンドマーケティングを支援するソフトウェアである。

インバウンドマーケティングとは、消費者自ら自社商品に興味を持ってもらうためのマーケティング手法であり、

HubSpot(ハブスポット)は、以下の機能を備えています。

  • 顧客データの収集・分析
  • コンテンツマーケティングの支援
  • セールス・マーケティングの自動化

HubSpot(ハブスポット)を活用することで、以下のメリットを得ることができます。

  • 顧客のニーズを深く理解し、効果的なマーケティング施策を実施できる
  • 営業コストを削減し、効率的に売上を拡大できる

HubSpot(ハブスポット)は、インバウンドマーケティングを成功させるための強力なツールです。

Webサイト構築の目的とポイント

Webサイトを構築する目的は、多くのユーザーにアクセスしてもらい、コンタクトや商品購入につなげることです。

そのためには、以下の2つのポイントを押さえることが重要です。

1. ターゲットユーザーの明確化

ターゲットユーザーを明確にすることで、彼らのニーズや興味・関心を理解し、それに合ったコンテンツを制作することができます。

2. アクションプランの策定

コンタクトや商品購入につなげるためには、ユーザーにどのようなアクションを取ってほしいのかを明らかにする必要がある。

具体的なアクションプランを策定し、サイト内に誘導する導線を整備しましょう。

サイトのデザインも重要

サイトのデザインも、ユーザーの行動に大きく影響します。わかりやすく使いやすいデザインにすることで、ユーザーの離脱を防ぐことができます。

UI/UXの向上

UI/UXとは、ユーザーインターフェース(UI)とユーザーエクスペリエンス(UX)のことです。UIはサイトの見た目や操作性、UXはサイトの利用体験を指します。

ユーザーが快適に利用できるUI/UXを実現することで、サイトの評価を高め、訪問者が増える。

ランディングページの最適化

ランディングページとは、特定の目的(コンタクトや商品購入など)を達成するために設計されたページです。

ランディングページを最適化することで、目的達成率を高めることができます。

具体的には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットユーザーを明確にする
  • わかりやすく簡潔なコンテンツにする
  • 行動を促すCTAを設置する

Webマーケターに求められる5つ資質

Webマーケターは、多くの情報を分析・解読・立案・予想・検証し、真実を導き出し、数字と人間の関わりから施策を考える仕事です。

そのため、以下の5つの資質が求められます。

1. 論理的思考力

データを分析・解読するためには、論理的思考力が必要だ。

予想や意見ではなく、数字や結果から得た事実に基づいて考えべきです。

2. コミュニケーション能力

マーケターは、チームを組み、予算を組み立て、常に人との関わり、会話が必要です。

そのため、相手の意見を聞いて理解し、自分の意見を相手に理解できるように話すコミュニケーション能力が求められる。

3. デジタル・ITスキル

Webマーケティングでは、PC操作やインターネットに関する知識、プログラミング言語などのデジタル・ITスキルを必要とする。

また、最近ではセキュリティやデータベース管理、モバイルアプリケーションスキルなども望まれるでよう。

4. 経営者視点

マーケティング活動には多くの費用がかかります。そのため、広告費用と会社経営の2つを考えてのマーケティング活動が必要である。

Webマーケターは、広い視野で会社経営を捉え、専門知識で深くマーケティング政策を追求する視点を持つことが大切です。

5. 強い精神力

マーケティング活動は、データ解析や分析の繰り返しが続きます。また、ときには売上に繋がらない結果であった場合の批判も受け止める覚悟が必要がである。

そのため、分析・解析の繰り返しに耐えられる強い精神力も求められます。

マーケターの種類と役割

マーケティングは、商品やサービスの認知度や売上を高めるために行う活動であり、

マーケティングの種類は数多く存在します。マーケティングの呼び方は会社の部署によりことなり、

ここでは、一般的に多く聞かれるマーケターの種類と役割について解説します。

Webマーケター

Webマーケティングを専門に行うマーケターです。

WebサイトやSNSなどのWeb上で、ターゲットとなるユーザーに商品やサービスをアピールするための施策を立案・実行する役割である。

プロダクトマネージャー

商品開発やマーケティングを統括する責任者であり、

商品の企画・開発から販売までのプロセスを管理し、商品の成功に導きます。

データアナリスト

マーケティングデータの分析を行う専門家で、

Webサイトのアクセスログやアンケートデータなどのデータを分析は、マーケティング施策の改善や新規施策の立案に役立てます。

Webマーケティングの最近の動向

新型コロナウイルス感染症の拡大を契機に、急速に普及したオンラインショッピング

その勢いは衰えることなく、2022年も引き続きEC市場は拡大を続けています。

市場規模(億円)前年比(%)
2022203,98912.0
2021183,59010.4
2020167,08610.2
2019151,2998.1
2018137,10810.2
2017125,05411.0
2016113,50310.1
日本のBtoC-EC市場規模の推移

参照:経済産業省、電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました

経済産業省の調査によると、2022年の国内EC市場規模は、前年比11.8%増の21兆7,256億円と、過去最高を更新しました。

また、BtoC-EC市場規模は、前年比12.0%増の20兆3,989億円と、こちらも過去最高を記録しました。

このような背景から、Webマーケティングにおいても、ECサイトの集客や販売促進に注力する企業が増えています。

具体的には、以下の4つの動向が注目されています。

1.ソーシャルメディアの活用

ソーシャルメディアは、ユーザーとのコミュニケーションを図る上で欠かせないツールです。

その結果、企業は、ソーシャルメディアを活用して、自社や商品・サービスの魅力を効果的に伝えることができ、ユーザーの購買意欲を高めることができます。

2.動画マーケティングの拡大

動画は、視覚と聴覚で情報を訴求できるため、ユーザーの興味関心を惹きやすいコンテンツです。

企業は、商品・サービスの紹介やブランドイメージの訴求など、さまざまな目的で動画が活用されています。

3.データ活用の進化

近年、Webマーケティングにおいては、データ活用がますます重要であり、

企業は、Webサイトのアクセスログやマーケティング施策の効果測定データを分析することで、ターゲットユーザーのニーズを把握し、効果的なマーケティング施策を立案・実行できます。

4.パーソナライズマーケティングの普及

データ活用の進化に伴い、ターゲットユーザーに合わせたマーケティング施策「パーソナライズマーケティング」が普及しています。

パーソナライズマーケティングでは、ユーザーの属性や行動履歴などに基づいて、最適なコンテンツや提案を配信することでができ、その結果ユーザーの購買意欲を高める。

未経験からWebマーケターになる3つの方法

近年、Webマーケティングの需要が高まっており、未経験からWebマーケターを目指す人も増えています。

Webマーケターになるには、マーケティングの基礎知識やスキルが必要です。

以下は学び方について、大きく分けて3つの方法を記しました。

1. 就職・転職で学ぶ

新卒や転職で、マーケティング部門を持つ企業に直接、就職・転職し、現場で経験を積む方法です。

実務経験を積むことで、マーケティングの基礎知識やスキルを短時間で身につけることができる。

また、企業のマーケティング活動を間近で学ぶことで、より幅広い知識とスキルを身につけることができます。

2. 独学で学ぶ

マーケティングの書籍やWebサイト、セミナーなどを活用して、独学で学ぶ方法です。

自分のペースで学習を進めることができるため、時間をかけてじっくりとマーケティングを学びたい人におすすめです。

また、実践的な経験で、スキルを身につけことを忘れずに。

3. スクールで学ぶ

費用はかかりますが、マーケティング・スクールでは、体系的に効率よく学べる方法です。

短期間でマーケティングの基礎知識やスキルを身につけることができます。

また、スクールによっては、就職・転職のサポートを受けられるので心強いですね。

Webマーケターになる2つの方法

未経験からWebマーケターを目指す方に向けて、独学とスクールの2つの方法をご紹介します。

1.独学で学ぶ

独学は、自分のペースで学習を進めることができるのがメリットです。

しかし、モチベーションを維持するのが難しいというデメリットもあります。

独学で学ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • マーケティングの基礎知識を身につける
  • 実践的な経験を積む

マーケティングの基礎知識は、書籍やWebサイトなどで学ぶことができます。

また、個人ブログを運営して、実践的な経験を積むことは後の就活でアピールポイントになる。

2.スクールに通う

スクール通いのメリットは、短期間で体系的に学習を進めることができます。

また、就職・転職のサポートを受けられる。

スクールに通う際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • スクールのカリキュラムを確認する
  • スクールの評判を調べる

スクールのカリキュラムは、自分の目的やスキルに合わせて選ぶことが大切です。そのためには自らの方向性をきめるべきです。

また、スクールの評判を調べることで、信頼できるスクールかどうかを判断することができます。

Webマーケターへの一歩は就活!

未経験、Webスクール生がWebマーケターを目指す場合、就活で以下のようなポイントを押さえておくとよいでしょう。

1. 就活サイトやエージェントを活用する

就活サイトやエージェントを活用することで、効率的に就活を進めることができる。

求人情報の検索や企業研究、面接対策などをサポートしてくれるので、初めての就活でも安心です。

2. 未経験者の方は「未経験者歓迎」の求人を探す

Webマーケターは未経験者でも歓迎する企業は多くあります。

就活サイトやエージェントで「未経験歓迎」などの条件で検索すると、求人を見つけることがでる。

3. 面接でアピールできるポイントを整理する

面接では、Webマーケティングの知識やスキルをアピールできるようにしましょう。

個人ブログでの実績や、スクールで学んだ内容などを具体的に伝えることで、あなたの熱意や意欲を伝えることができます。

4. 就活の準備を早めに始める

就活は早めに準備を始めることで、余裕を持って進めることができます。

特に、Webマーケティングの知識やスキルを身につけるためには、ある程度の時間を要します。

早めに準備を始めて、本番に備えましょう。

具体的なアピールポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 個人ブログでの実績
  • スクールで学んだ内容
  • マーケティングに関する資格
  • マーケティングに関する書籍やWebサイトを読んで学んだこと
  • マーケティングに関するアルバイトやインターン経験

また、面接では、以下のような質問をされる可能性があるので、回答を準備しておきましょう。

  • なぜWebマーケターになりたいのか
  • Webマーケティングの知識やスキルをどのように活かしていきたいのか
  • マーケティングの課題を解決した経験を教えてください

未経験からWebマーケターを目指すのは、もちろん簡単なことではありません。

しかし、しっかりと準備をして、熱意を持って取り組むことが求められ、行動することで、必ず夢を実現することができます。

Webマーケターとマーケティングの違いとは?

Webマーケターは、WebサイトやWebサービスを活用して、商品やサービスの販売促進やブランディングを行う職種です。

一方、マーケティングは、商品やサービスの販売促進やブランディングを行うための手段や手法の総称です。

つまり、Webマーケターは職種、マーケティングは手法、手段の総称、である。

マーケティングの目的は売上アップ!失敗例も学んで成功をつかもう

マーケティングの目的、4点ほどをまとめました。

マーケティングは商品やサービスの売上を伸ばすための活動

売上増はターゲットとなる顧客を理解し、そのニーズに合った商品やサービスを提供する必要があります。

また、競合他社との差別化を図り、まぜ顧客に選ばれるのか?理由を明確にすることも重要です。

マーケティングには、さまざまな手法がある

マーケティングの手法には、

  • Web広告
  • SNSマーケティング
  • SEO
  • コンテンツマーケティング

など、時代や状況に合わせて最適な手法を選択することが大切です。

マーケティングには絶対的な成功法則はない

成功例を参考にすることは大切ですが、失敗例からも学ぶことで、より効果的なマーケティング戦略を立てることができる。

マーケティングの目的は、売上をアップ

顧客ターゲット分析、競合分析、マーケティング戦略の立案、施策の実行、効果測定など、さまざまなプロセスを踏まえて、PDCAサイクルを回すことが重要です

マーケティングは、企業の成長に欠かせない重要な活動です。マーケティングの知識やスキルを身につけることは、売上アップにつながる手法である。

Webマーケターの年収は?

  • Webマーケターの年収は、経験やスキル、勤務先の規模や業種などによって大きく異なる。
  • 大手インターネット広告会社の30代平均年収は、約530万円。
  • 国税庁の調査によると、30歳〜34歳の平均給与は450万円、35歳〜39歳が499万円。
  • 大手インターネット広告会社で働くWebマーケターは、平均的なサラリーマンよりも年収が高いと言えるが、大手インターネット広告会社の下位では、30歳代でも400万円台のところもある。

参照:国税庁、平均給与

マーケティングを学んで取得できる資格

マーケティングを学んで取得できる資格には、国家資格と民間資格の2種類があります。

国家資格

マーケティングに関する国家資格は、経済産業省が認定する以下の2つ。

  • 中小企業診断士:会社経営の課題に対応、相談、助言を専門に行う資格です。
  • ITパスポート試験(iパス):テクノロジ、マネジメント、商業知識が求められる、情報処理技術者試験のひとつです。

中小企業診断士は、マーケティングの知識やスキルだけでなく、経営全般の知識やスキルが求められる難関資格です。

ITパスポート試験は、マーケティングの基礎知識を身につけるのに役立ちます。

民間資格

マーケティングに関する民間資格は、全体で17種類存在します。一部を下記に紹介します。

  • マーケティング実務検定:マーケティングの基本的な知識や手法、実務的なスキルを問う検定。
  • マーケティング検定:マーケティングの基礎的な知識や理論を問う検定。
  • データ解析士:データ分析の知識やスキルを問う検定。
  • ウェブ解析士:Webサイトのアクセス解析の知識やスキルを問う検定。
  • Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ):Googleアナリティクスの知識やスキルを問う検定。

民間資格は、それぞれの専門分野に特化した知識やスキルを問う検定が多いです。

マーケティング実務検定やGoogleアナリティクス個人認定資格は、就職や転職に有利とされる。

Webマーケティング会社10選

Webマーケティング会社は、WebサイトやWebサービスを活用して、商品やサービスの販売促進やブランディングを行う企業です。

ここでは、代表的なWebマーケティング会社10社を紹介します。

会社名得意分野特徴
アジタスコンサルティング・実行支援大手企業から中小企業まで幅広いクライアントを抱える
アイレップWeb広告・SNSマーケティング国内Web広告市場でトップシェア
マクロミルマーケティングリサーチ・データ分析国内最大級のマーケティングリサーチ会社
ベクトルWeb広告・SNSマーケティング・インフルエンサーマーケティングインフルエンサーマーケティングに強み
ファンコミュニケーションズWeb広告・SNSマーケティング・オウンドメディアマーケティングオウンドメディアマーケティングに強み
デジタルガレージベンチャー企業支援・投資ベンチャー企業の支援・投資に強み
インタースペースアドネットワーク・DSPアドネットワーク・DSPに強み
バリューコマースアフィリエイトマーケティングアフィリエイトマーケティングに強み
サイバーエージェントインターネット広告・ゲーム・メディアインターネット広告・ゲーム・メディアを展開
デジタルホールディングスインターネット広告・メディア・コンテンツインターネット広告・メディア・コンテンツを展開
Webマーケティング会社10社

検索すると多くの会社が紹介されています。興味ある方は検索してください。

Webマーケターの将来性

Webマーケターの将来性は、インターネットの普及やデジタル化の進展によって、大きく成長すると期待されています。

しかし、Webマーケティングの領域は、常に新しい技術や手法が生まれ、変化し続けています。

そのため、Webマーケターには、常に最新の情報を収集し、新しい技術や手法を習得する能力が求められます。

例えば、近年では、動画マーケティングの需要が高まっています。

動画マーケティングは、視覚的に訴求力のあるコンテンツとして、ユーザーに大きな影響を与えることができる。

Webマーケターは、動画マーケティングのスキルを身につけることで、より効果的なマーケティングを実現することができます。

また、AIやVR/ARなどの技術も、Webマーケティングに活用されるようになってきています。

これらの技術を活用することで、よりパーソナライズされたマーケティングや、より没入感のあるマーケティングを実現することができます。

Webマーケターは、これらの新しい技術や手法を積極的に活用することで、将来的にも活躍の場を広げることができるでしょう。

まとめ

未経験からWebマーケターになるには、マーケティングの知識やスキルを身につける必要があります。

学習方法には、実践、独学、スクールの3つがあります。

実践

実践とは、Webマーケティングの業務に携わることで学ぶ方法です。

例えば、Webマーケティングの会社に就職したり、アルバイトやインターンとして経験を積んだりすることで、実践的な知識やスキルを身につけることができます。

独学

独学とは、自分で学習する方法です。マーケティングに関する書籍やWebサイトを活用したり、オンライン講座を受講したりすることで、マーケティングの基礎知識や最新トレンドを学ぶことができます。

スクール

スクールとは、専門の講師から学ぶ方法です。マーケティングの基礎から応用までを体系的に学ぶことができ、就職や転職に有利に有利です。

どの学習方法が自分に合っているかは、それぞれの置かれた立場や学習スタイルによって異なります。

例えば、

  • 社会人であれば、実践で学ぶことで、即戦力として活躍することができます。
  • 学生であれば、独学やスクールで基礎知識を身につけた後、インターンやアルバイトで実践経験を積むことがおすすめです。
  • 時間や費用に余裕があるのであれば、スクールで体系的に学ぶことで、効率的に知識やスキルを身につけることができます。

また、マーケティングの勉強は、学び始めてからも終わりはありません。

常に新しい技術や手法が生まれるため、常に最新情報を収集し、新しい知識やスキルを身につけることが求められます。

この記事を読んで、Webマーケターに興味を持った方や、マーケティングを勉強したいと悩んでいる方が、マーケティングの勉強を始めるきっかけになれば幸いです。

Webマーケティングでキャリアアップ!関連記事

Webマーケティングは、インターネットの普及により、ますます重要性が高まっている分野です。

Webマーケティングの知識やスキルを身につけることで、キャリアアップや独立起業につながる可能性も高まります。

そこで、Webマーケティングスクールに興味のある方に、関連記事を以下にまとめました。

これらの記事を読むことで、Webマーケティングの基礎知識や最新トレンドを学ぶことができます。ぜひ、以下の記事をご参考になさってください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次