ドコモhome5Gホームルーター:性能比較から利用方法まで、完全ガイド

※アフィリエイト広告を利用しています

賛否が分かれるホームルーター、ドコモhome5Gの評価を改めて2023年3月時点で解説いたします。

結論から、ホームルーター、ドコモhome5G総合評価は速さと月額料金のバランスがいいホームルーターです。

ホームルーター、ドコモhome5Gの疑問を以下3つ

  • なぜ速いか?
  • なぜ安定しているか?
  • 月額料金はたかくない?

以上の疑問をこの記事で解説しています。ドコモhome5Gをご検討されているならば、是非参考にしてください。

また、この記事は5Gサービスエリア内を想定して書かれています。

目次

ホームルーター、ドコモhome5Gの総合評価

ホームルーター、ドコモhome5Gの総合評価について、以下の5つの項目で評価しています。

スクロールできます
項目評価点数
1 速さ非常に速く、快適なインターネット環境を提供している。★★★★★
2 安定性信頼性が高く、安定して利用することができる。★★★★★
3 カバーエリア広い範囲で利用することができる。★★★★☆
4 月額料金他のプロバイダと比較して、バランスがよく、コストパフォーマンスが高い。★★★★☆
5 サポート迅速な対応とサポート体制が整備されている。★★★★★
ホームルーター、ドコモhome5Gの総合評価

ホームルーター、ドコモhome5Gは、速度が非常に速く、安定性が高く、5Gのカバーエリアも広いため、快適なインターネット環境を提供しています。

また、他のキャリアと比較して月額料金がバランスよく、コストパフォーマンスが高い点も魅力的です。

さらに、迅速な対応とサポート体制が整備されているので、安心して利用することができます。

総合的に見て、ホームルーター、ドコモhome5Gはおすすめできるルーターです。

ホームルーター、ドコモhome5Gのおすすめ理由

ホームルーター、ドコモhome5Gのおすすめ理由はHR02最新機種の性能アップと共に以下の点です。

  • 利用者が多いドコモhome 5G
  • ドコモhome 5Gは、高い周波数とプラチナバンドに対応
  • 日本政府計画でも5Gサービスエリア拡大

高速で安定的な通信を行うためには、アンテナ基地局の数が多いほど良いです。ドコモは2023年3月時点で首都圏、公共施設中心に、5Gエリアは拡大し続けています。

利用者が多いドコモhome 5G

ホームルーター、ドコモhome5G利用者が多いと言うことは性能がいいことにも繋がる。

ドコモhome 5Gは、2021年度には8万件以上の契約件数を誇り、意欲的に成長しています。

2年前の2021年度におけるホームルーター契約件数は、ドコモhome 5GとSoftbankが首位争いをしていました。

現在、ホームルーター機器は5G対応製品が標準的仕様となっています。今後は5Gサービスエリアの拡大に伴い、ホームルーターの利用比率はさらに高まるでしょう。

工事なし、手軽にインターネット環境を構築できるホームルーターは、大容量の通信を必要としないライトユーザーにとっては快適なインターネット接続機である。

ドコモhome 5Gは、高い周波数とプラチナバンドに対応

ホームルーター、ドコモhome 5Gは、ホームルーター4社の中で唯一、高周波数とプラチナバンドを標準仕様で提供しているので繋がりやすい。

このような電波環境は、ドコモ5Gエリアのみで提供されており、ホームルーター、ドコモhome5Gは高速で安定した通信が可能になります。

UQ WiMAX、SoftBank Airは、それぞれ専用の高周波数を主に使用してサービスを提供しているため、ドコモと比較すると接続速度に劣ります。

UQWiMAXは別途料金でプラチナバンドが利用できますが、データー上限があります。

また、Rakutenは高周波数のみでの利用に限られ、まだプラチナバンドは利用できません。

楽天TURBO5Gの速度が速いと言われる方は、楽天5G回線エリア内での利用である。

日本政府計画でも5Gサービスエリア拡大

日本政府は2024年3月までに日本の人口の95%をカバーする計画を立てています。この計画により、5Gサービスエリアが拡大され、ドコモホームルーターhome5Gの利用エリアも広がることになります。

2023年のドコモhome5Gエリア拡大状況と展望

またドコモでも2024年3月までに、5Gの人口カバー率を90%以上に向上することを目標に、2022年春から既存の4G LTE周波数帯を5Gに転用したサービスを開始した。

ドコモの5G通信エリア、2023年3月の情報では公共施設である駅、空港、店舗、競技場などを先行的にエリア拡大しています。

参考としてお住まいの5Gサービスエリアをご確認ください

参考までに関東地方から東京周辺の2023年3月12日時点の5G サービスエリアです。

NTT docomo サービスマップ

ドコモ5Gサービスエリアは速いスピードで広がっています。特に都心では月単位で変化を感じるいきよいです。やはり5Gサービスエリアは都心、公共施設から拡大し続けています。

ホームルーター、5Gが今後のインターネット接続主流になる理由

光回線を利用できるようになるまでには、通常1〜2ヶ月の待ち時間が必要です。地域によっては3ヶ月待ちが当たり前で、時間と費用がデメリットになる。

それならば最短1日でインターネット回線が利用できるホームルーターを検討するのが自然の流れ、

光回線はたしかに現在のホームルーターより速さの点では優れてるが、工事着工までの時間が無駄で、これか先の生活環境で5G電波で事たりる。

いまの光回線とホームルーターの関係性はひとむかし前の家庭用、固定電話とスマホの関係ににている。今ではわざわざ固定電話を新設する家庭や個人は少ないはずです。

工事いらずのホームルーターはこれからの主流になります。

ユーザー評価から見たドコモhome5Gのパフォーマンスと満足度

以下にホームルーター、ドコモhome5Gに関しての良い評価、悪い評価です。

  • 良い評価
  • 悪い評価
  • 口コミ評価の注意点

良い評価

評価の対象は「速度」です。ここ1つの例として、東京都のドコモhome 5Gの時間帯別平均速度情報(直近3ヶ月)を、みんなの回線速度で見てみましょう。

個人の感想よりも、実際に測定された数字で評価でるので参照ください。

東京都のドコモhome 5Gの時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)

スクロールできます
時間帯Ping下り上り
47.26ms266.8Mbps23.61Mbps
48.09ms328.97Mbps26.76Mbps
夕方49.38ms256.79Mbps21.65Mbps
49.52ms189.33Mbps19.89Mbps
深夜48.8ms241.64Mbps24.0Mbps
東京都のドコモhome 5Gの時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)

ホームルーター、ドコモhome5Gの時間帯別の平均速度は、朝の266.8Mbpsから、昼の328.97Mbpsに最高値を示し、夜の189.33Mbpsと最も低い値を示し、

上り速度は、昼の26.76Mbpsが最も高く、夕方の21.65Mbpsが最も低い値を示しています。

これらの数字を元に、ドコモhome 5Gの速度は、普段着のライトユーザーにとっては十分なものであると言えます。

ホームルーター、ドコモhome 5Gは端末性能アップと5Gエリア拡大により、光回線よりも高速であるという感想も聞かれる。

悪い評価

悪い評価でも「速度」が問題視されます。速いと評判だったにもかかわらず、実際に設置して使ってみると「スピードが全く出ませんでした。」そのため、光回線に乗り換える人もいます。

ホームルーター、ドコモhome5Gを利用する際には、5Gエリア内でも建物環境によって配信速度は変わります。

速さに関する口コミ以外では、ホームルーター端末価格が高いという感想が多く、この価格が縛り価格であると感じる人もいる。

口コミ評価の注意点

ホームルーター、ドコモhome 5Gに関する口コミ内容の全てが、「速さ」であり、月額料金は速さの次に検討される内容である。

しかし配信速度に関しては利用される環境や地理的条件によって明確な差が出ます。その差を埋めるためには基地局の数を増やしてもらうことです。

口コミ評価は製品選びに大変役立ちますが、全てのユーザーが満足している口コミは信憑性に欠け、また口コミ件数が少ない商品は不安を抱くことがあります。

キャリア側では全ての方が製品に満足できるように努力されますが、現実的には無理です。

口コミは参考意見として活用し、商品購入の判断材料としては単一の情報源に頼らず、複数の情報を収集し自分の目的にあったものか再検討することです。

「HR02」を選びたい人へのメリットと特長

あたりまえであるが、HR02は前機種HR01より性能的にアップされている。内容は以下

  • 3人以上で使う方
  • ビジネスで使いたい方
  • 法人利用を希望する方
  • 光回線工事ができない方
  • 動画鑑賞を目的とする方
  • ドコモのスマホを利用している方
  • リモートワーク利用する方

3人以上で使う方

ホームルーター、ドコモhome 5G HR02は、前機種HR01に比べてアンテナ本数を4本に増やし、ホームルーター本体から利用デバイスまでの配信スピードを早くしました。複数人で同時に利用しても快適に利用できます。

ビジネスで使いたい方

店舗バックヤードでは、配線工事なしで、コンセントに挿すだけで無線LANが利用でき、またPOSレジ用回線の追加や、店舗専用端末でホームルーターが利用でる。

またアプリのアップデートや大容量データのダウンロードも可能です。

これらのネット回線は以前は大掛かりな工事が必要でしたが、今はホームルーターで工事費の節約で安価に対処できます。

法人利用を希望する方

ドコモhome5Gは法人契約可能です。ソフトバンクは法人契約はできません。は個人名義のみ対応。

光回線工事ができない方

  • 戸建ての場合、光回線提供エリア外、電柱から家まで遠い、
  • 国道を横断するため許可がおりない、
  • 集合住宅の場合所有者の許可がおりない、
  • 集合住宅立地が光回線エリア 外

上記内容以外でも工事ができない場合、携帯電波を利用する以外に解決策はありません。

光回線工事ができない場合には、ホームルーターが最もおすすめです。現状では光回線の優位性が高く、おすすめのインターネット接続方式です。

しかし、今後を考えると光回線だけでなくホームルーターも選択肢に加わることになるでしょう。

もし住居に光回線工事が100%可能であった場合でも、ホームルーターは普及するでしょう。

動画鑑賞を目的とする方

動画配信速度はYouTubeやHD動画では5Mbpsとされ、

心理的ストレスなく動画鑑賞できる速さは、10〜30Mbps程度と言われています。

スマートフォンの場合は、5Mbps以上の速度でストレスを感じない。

下記の表は2023年3月24日「みんなのネット回線速度」からドコモhome5G、時間帯別平均速度データを参照した内容です。

ドコモ home 5Gの時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)

スクロールできます
時間帯Ping下り上り
47.26ms266.8Mbps23.61Mbps
48.09ms328.97Mbps26.76Mbps
夕方49.38ms256.79Mbps21.65Mbps
49.52ms189.33Mbps19.89Mbps
深夜48.8ms241.64Mbps24.0Mbps
ドコモhome5G、時間帯別平均速度

上の表から分かるように、下り速度は10〜30Mbpsを下回らないため、動画鑑賞には何の問題もありません。

ドコモのスマホを利用している方

ドコモのスマホを利用している場合、家族全員がセット割の対象となり、スマホ料金が毎月割引されます。ただし、全てのスマホ加入プランに適用されるわけではないため、注意が必要です。

スマホセット割はホームルーター、ドコモhome5Gを継続する限り続きます。

リモートワーク利用する方

ホームルーターはリモートワークには利用できないイメージを持っている方がいますが、現在のホームルーターはどこのメーカーでも5Gが使える環境なら可能です。

ビデオ通話に必要とされる配信速度は、1.2Mbps/1.2Mbps以上、また Zoom会議などに必要とされる配信速度、10Mbps〜30Mbpsとされています。

ホームルーター、ドコモhome5Gの条件の悪い深夜の上り19.89Mbpsでも十分な速度です。

「HR01」を選びたい人へのメリットと特長

HR01は個人利用で1〜2名、利用環境は見渡せる室内空間でなら問題なく利用できる。

使ってほしい方は工事できない方、数ヶ月から数年での転勤が多い方におすすめします。

項目評価
利用人数1~2名
部屋の大きさ1ルーム、1DK、1LDKが理想
転勤の多いかた数ヶ月、数年単位で転勤、期間限定の派遣など
ホームルーター端末、HR01を使ってほしい人

HR02とHR01の本体価格、月割サポート、月額料金比較

そのためには3年間の利用が求められる。

  • 3年利用で端末価格は無料
  • 端末価格に関する注意事項
  • 端末価格に関する注意事項
  • 月額料金4,950円で使い放題
  • 月額料金4,980円は1日約26円

ホームルーター、ドコモhome5G端末価格と月割サポート金額

スクロールできます
ホームルーター本体価格月割サポート
HR0139,600円-1,100円×36ヶ月
HR0271,280円-1,980円×36ヶ月
ホームルーター端末、HR02がおすすめな人

3年利用で端末価格は無料

ドコモhome5G端末は月額サポートで実質無料であるが注意することは3年間利用して適用される月額サポートです。

3年以内で解約するとホームルーター端末代金残金支払いが生じる。

端末価格に関する注意事項

ホームルーターの開設日から8日以内に返却する場合、端末代金は無料です。しかし、8日を過ぎると、HR01端末では39,600円、HR02端末では71,280円の支払いが必要になります。

月額料金4,950円で使い放題

キャリア4社の中で、最も高い利用料金はドコモhome 5Gです。各キャリアの月額料金は以下の通りです。

スクロールできます
キャリア月額料金
ドコモhome5G4,950円(37ヶ月以降)
SoftBank Air4,873円(13ヶ月以降)
WiMAX4,818円(37ヶ月以降)
楽天TURBO5G4,840円(契約期間49ヶ月以降)
ホームルーター各社月額料金表

月額料金4,980円は1日約26円

ドコモhome 5Gの価格差は、最安値のソフトバンクの4,180円と比較すると、月額770円の差となり、1ヶ月を30日として計算すると、1日あたり約26円多く支払うことになります。

速さと安定性を優先するのであれば、1日あたり約26円多く支払うことは高くありません。

ドコモスマホ割を活用したホームルーター契約のメリット

ドコモのスマホ割はプランは無条件ではありません。

利用される方は必ずご自分の加入プランを確認しましょう。

スクロールできます
料金プラン「home 5G セット割」 割引額
5Gギガホ プレミア永年-1,100円
ギガホ プレミア永年-1,100円
5Gギガライト/ギガライトステップ4:~7GB
ステップ3:~5GB永年-1,100円
ステップ2:~3GB永年-550円
ステップ1:~1GB
ドコモスマホプランと割引料金表

割引を受ける際には必ず手続きが必要です。家族が離れて暮らしていてもhome5Gセット割は適用される。

「home 5G セット割」適用後の、「ドコモのギガプラン」料金について割引適用イメージの案内があります。

参照:割引適用イメージ

下記の表にて各プランのイメージを確認できますので、利用をおすすめします。

スクロールできます
内容ステップ1~1GBステップ2~3GBステップ3~5GBステップ4~7GB
月額料金(定期契約なし)3,465円4,565円5,665円6,765円
home 5G セット割-550円-1,100円-1,100円
みんなドコモ割(3回線以上)-1,100円-1,100円-1,100円-1,100円
dカードお支払割-187円-187円-187円-187円
割引適用後の料金2,178円2,728円3,278円4,378円
ホームルーター、ドコモhome5G割引イメージ表

ahamoとドコモhome5Gの組み合わせがもたらす利便性

ahamoはキャリアドコモが提供しているので割引対象スマホと感じるが、スマホ割はない。

スマホ割は適用しない

ahamoは格安simではない。ドコモが提供する新たな料金プランである。料金は

  • 2,970円(20GB)
  • 4,980円(100GB)

ahamo料金プランは2つ、ご覧のとおり最初から低料金なので「home 5G セット割」より安い。

ホームルーターの契約手続きと注意点

ホームルーター契約は、キャリア(ドコモショップ)または代理店契約で行い、両社の利用基地局は同じであり、速度に違いはありませんが、サービス面での違いがあります。

  • ドコモユーザー以外は他の代理店がおすすめ
  • おすすめ代理店、ITTX株式会社
  • キャッシュバックは現金がお得

ドコモユーザー以外は他の代理店がおすすめ

前項で書かれたスマホ割引は、ドコモユーザー対象のサービスで、他社スマホ(Softbankなど)や格安スマホを利用する場合は、代理店契約がお得です。

おすすめ代理店、ITTX株式会社

ITTX(アイ ティ ティ エックス)株式会社は、ドコモhome5Gの代理店です。

この会社は、日本のIT系商社であり、携帯電話販売や法人向けアプリケーション販売などを主な事業としています。

ジャスダックに上場しており、売上は1826億円、従業員数は1,404人です。

ITTX株式会社でのドコモhome5G、主なサービス内容は

  • HR01端末代金実質無料(36ヶ月)
  • ドコモセット割適用
  • 現金キャッシュバック15,000円(口座振込)

このなかでのお得感は開通確認後、翌々月に現金で指定口座に振込されることです。

キャッシュバックは現金がお得

ドコモhome5Gホームルーター端末をWeb購入(ドコモオンラインショップ)で15,000ptもらえる。

かたや代理店であるITTX(アイ ティ ティ エックス)は現金15,000円もらえる。どちらが得か考えますね。

現金はいつでも使え、貯めておくこともできますが、ポイントは利用できるお店が限られています。やはり現金還元はうれしいですね。

ドコモhome5G契約に必要な必須アイテムと手続きの解説

必要書類は写真付き身分証明書とそれと支払いに用いる

  • クレジットカード
  • キャッシュカード

が必要

本人確認書類として

  • 免許証
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳
  • 障がい者手
  • 帳療育手帳

をお持ちでない方は以下の本人確認書類から選んでください。

  • 健康保険書(補助書類必要)
  • 住民基本台帳カード(顔写真あるもの)
  • 在留カード+外国発行パスポート

ドコモhome5Gの利用開始までのステップバイステップガイド

ドコモhome5G契約は3箇所で行える

  • ドコモショップで契約(実店舗)
  • ドコモオンラインショップで契約
  • 代理店での契約

それぞれ契約方法の流れがちがうので簡単に説明します。

ドコモショップで契約(実店舗)

  1. 電話予約する。またはインターネットから予約、機種と店舗を選択する。
  2. ホームルーター端末在庫状況で連絡まち
  3. 連絡を受けたらショップに出向いて契約

ショップ契約では事務手数料3,300円が初月引き落としから合算されます。

契約必要書類として「本人確認書類」とクレジットカードを持参しましょう。

ドコモオンラインショップで契約

  1. Webでドコモオンラインショップから予約する
  2. ドコモオンラインショップから連絡が来る
  3. 本人確認写真撮影などの手続きを行う
  4. 郵送にてホームルーター端末が届く

事務手数料、無料です。またホームルーター端末を実店舗でも受け取れます。

ドコモオンラインショップでの手続きでは、契約者の顔写真を送信する必要があります。そのために、デジカメやスマホで撮影する準備をしてください。

代理店での契約

ここでの代理店はWeb代理店を指します。Webでの申込みの流れは以下のとおりです。

  1. 代理店サイト、ドコモhome5Gページにアクセス
  2. 必要項目を入力
  3. 連絡待ち
  4. 郵送にて書類を受け取り
  5. 書類返送
  6. 代理店最終確認連絡あり
  7. 数日後ホームルーター端末届く

郵送時間が取られるため1週間ほどかかる場合もある。

ホームルーターの注文から端末到着までの予想日数

インターネットを使いたいと思っている方は、「何日でインターネット利用できるの?」と疑問に思うかもしれません。インターネット開設は端末を手に取ることによって決まります。

在庫状況によりますが、HR02の発売後数週間は在庫不足に苦労された声を耳にしました。しかしその問題は解決されました。

  • ショップ注文では何日で到着
  • 家電量販店
  • Web購入では何日で到着

ショップ注文では何日で到着

在庫確認には、電話またはネットでの確認が必要です。ショップに端末がある場合は、手続きをした当日に開通できます。

ホームルーター端末を手に入れる時間が、インターネット開通の決め手となります。

家電量販店

家電量販店では、多くの在庫があると思わず、やはり事前に電話で確認が必要です。

Web購入では何日で到着

Webでは1週間から10日かかることがあり、最も時間がかかる方法となることがあります。

したがって、インターネット開通希望日がある場合、日にちをさかのぼって契約してください。

もし急いでいる場合は、ショップ購入をお勧めします。

ドコモhome5Gの解約条件と手続きガイド

ホームルーターの解約や機種かえに他のキャリアに乗り換えたいと思う時はくる。以下では解約に関する解説です。

  • 初期契約解除
  • ショップ・Webの解約方法

初期契約解除

電波が届かない、思ってたよりフリーズする。など不安定な状態なら8日以内であれば解約ができます。

解約条件なるものが各メーカーにより異なるようである。

購入前に必ず解約内容を確認しましょう。

ショップ・Webの解約方法

キャリアショップ(ドコモショップ)での解約時は事前に電話で来店予約をし解約に関する必要書類もチェックしましょう。

  • 契約書類、
  • 本人確認書類
  • 8日以内なので本体の返却

Webでの解約は各サイトで手続きする。ドコモhome5G解約ではMy docomoへログインし、書類は特にいらない。画面に従って入力する。

「HR01」と「HR02」の2種類のドコモhome5G端末の違いと特徴

現在2023年、ドコモのホームルーター端末は2種類あります。

スクロールできます
機種発売日価格(税込)
HR012021年8月27日39,600円
HR022023年3月7日71,280円
ホームルーター、ドコモhome5Gの発売日と価格表

前機種HR01に関しては増産していません。在庫品限りです。

ドコモhome5G「HR01」特徴

スクロールできます
主要性能各項目内容
対応バンド5G対応
データ通信速度5G最大受信速度4.2 Gbps
内部アンテナ数不明
無線LANWifi6対応、ビームフォーミング対応 IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/1201Mbps
無線LANセキュリティWPA3 / WP2
有線LANポート数1ポート IEEE802.3ab(1000BASE-T)
無線LAN同時接続台数64台(有線LAN1台)
SIMフリー対応
おすすめスタイル単身
ホームルーター、ドコモhome5G HR01機器表
スクロールできます
詳細情報
対応バンド5G対応
データ通信速度5G最大受信速度4.2 Gbps
内部アンテナ数4本
無線LANWifi6対応、ビームフォーミング対応 IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)/4804Mbps
無線LANセキュリティWPA3 / WP2
有線LANポート数2ポート IEEE802.3bz(2.5GBASE-T)
無線LAN同時接続台数66台(有線LAN2台)
SIMフリーなし
おすすめスタイルファミリ層
ホームルーター、ドコモhome5G HR02機器表

表中で青マーカーペンの部分が変更され、その他にHR02はメッシュWiFi対応が追加されています。

「HR01 」と「HR02」の違い

HR02は、特に複数の利用者に対応し、より広範囲で利用できるように機能アップされました。

ただし、単独での利用には、高価なHR02よりも手頃なHR01(在庫が限り)をお勧めします。

  • 有線LANポート数が1から2に増加
  • 有線LAN接続速度が2.5GBASE-Tに増加(ただし受け手側デバイスも2.5GBASE-Tに対応している必要がある)
  • ホームルーター端末からPC、スマホまでのスピードが早くなり、1,201Mbpsから4,804Mbpsに変更(最大伝送速度)
  • メッシュWiFiに対応
  • アンテナ数が4本になりました
  • 単身者からファミリー層に対応しています

ドコモhome5Gは通信制限を受けない安心の通信品質

各ホームルーターは「データ容量無制限」として契約できますが、注意事項があります。

例えば、ドコモhome5Gの注意事項は以下の通りです。

  • ネットワークが混雑すると、通信が遅くなるか接続が困難になる場合がある。
  • 直近3日間のデータ利用量が多い場合、通信が遅くなる可能性がある。
  • 時間内に大量のデータ通信がある場合、通信が中断されることがある。
  • 機械的な発信により、データ通信速度を制限することがある。
  • 機械的な大量発信により、通信回線の利用を一定期間停止することがある。
  • 特定のコンテンツやアプリでの大量のデータ通信により、通信速度を制限することがある。

ただし、現時点では制限を受けた方はいません。今後利用者数が増加するに伴い、状況が変化する可能性があります。

5G・4Gエリア通信におけるドコモhome5Gの頼りになるパフォーマンス

ホームルーター、ドコモhome 5Gは、その名の通り5Gにおいて機能を発揮できる端末です。したがって、5Gサービスエリアでの利用を前提に販売されていますが、

現状では都心を離れると4Gサービスエリアがほとんです。

ホームルーター端末のHR01,HR02は4Gにも対応しています。そこで5G、4Gサービスエリアでのデーター通信速度のみを見てみると

スクロールできます
通信規格受信速度送信速度
4G1.7Gbps131.3Mbps
5G4.2Gbps218Mbps
4G、5Gエリア速度表

とうぜん5Gエリアが速い。4Gエリアでも動画鑑賞の普段使いには問題ない。

速度単位のGbps(ギガビーピーエス/1,000Mbps≒1Gbps)は1,000Mbps、4G受信速度1.7Gbpsは1,700Mbpsと同じ意味、動画鑑賞での推奨配信速度は、

4K動画鑑賞は25Mbpsの通信速度が推奨され、また高画質HD・FHDの動画では3〜5Mbpsが必要とされます。4G エリアであっても普段使いで問題ない速度です。

ホームルーター、ドコモhome5Gの主なメリット

将来的には、2023年後半から5Gサービスエリアが急速に広がります。これにより、光回線と5G回線の両方の性能に差が縮まり、多くの人がホームルーターを利用するようになるでしょう。

その時に期待できるのは、性能の高いホームルーター端末です。ホームルーター、ドコモhome 5G HR01、HR02は、ドコモの5G基地局数の増加により、本来の性能を発揮し安定して使いやすくなります。

動画配信において光回線と5Gのホームルーターを比較

しかし、現状の送信スピードは明らかに遅いです。そのため、速さを求めるなら、光回線を選択することをおすすめします。

動画配信(You Tubeなど)をされる方は特にホームルーターより、光回線がストレスなく利用できる。

動画配信は劣る

光回線利用できずにホームルーター端末での動画送信される場合は残念ですが時間をかけるしか現在方法はありません。

またホームルーター各社のPin値は高く対戦オンラインゲームを快適にプレイするならここでも現時点で光回線をおすすめします。

ドコモhome5Gの速度比較と性能テスト結果

各メーカーのホームルーター機器の平均速度、Ping値などを「みんなのネット回線速度」を参考にまとめました。

「みんなのネット回線速度」

スクロールできます
製品名(キャリア名)測定件数平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
ドコモhome 5G60300件50.85ms220.76Mbps21.26Mbps
モバレコAir172217件44.75ms78.86Mbps8.12Mbps
ビジョンWiMAX下り3件33.0ms259.56Mbps66.35Mbps
RakutenTurbo23件47.29ms52.26Mbps25.42Mbps
各ホームルーター、キャリア速度表

上記内容に関して「みんなのネット回線速度、利用規約」から以下の文を抜粋

※ この通信速度レポートは必ずしも実効速度を保証するものではありません。通信環境により結果が異なる場合がありますので、参考としてご活用ください。

また参考として上記表をグラフで見ると以下です。

結論:ホームルーター端末、速度は問題ない

ライトユーザーに関しては問題ないレベルです。

配信速度の安定性をもとめるのであればやはり光回線がまだ優位である。


オンラインゲーム愛好者のためのドコモhome5Gの適性と評価

上記の表からも分かるように、ホームルーター、ドコモhome 5Gは高速です。また、これから先の5Gサービスエリアの拡大が迅速に行われると安定性にも期待できます。

ではホームルーター速度とオンラインゲームに関して触れておきます。

推奨されるオンラインゲームの速度とPing

ホームルーターだからオンラインゲームができないと決めつけないでください。以下では、オンラインゲームをプレイするのに推奨される速度とPing値をまとめました。

ゲームジャンルゲームタイトルPing推奨値通信速度
対戦アクションゲームスプラトゥーン15~20ms以内30以上Mbps
ロールプレイングゲームファイナルファンタジーXIV50ms以下30以上Mbps
カードゲームシャドウバースなど100ms以内20~30Mbps
インラインゲーム推奨Ping値、通信速度値表

オンラインゲームのプレイが可能かどうかは、実際にプレイしてみないと判断できません。

しかし、始める前に平均速度が不足している場合、ホームルーター端末自体の選択肢から外れてしまいます。

しかし、上記の表から分かるように、オンラインゲームでも種類によっては、十分にプレイ可能である。

ホームルーターの最適な設置場所と信号強度の向上方法

ホームルーター端末をどの位置に置くか設置場所を選ぶ際には、以下のポイントに留意しましょう。

  • ホームルーター端末と使用するデバイスの距離が3メートル以内が理想とされている。
  • 電波が弱いと感じた場合は、設置場所を変えるしかない。
  • ホームルーターの設置高さも考慮する。
  • 電波を発する家電製品や電子レンジからは、ルーターを離して設置するようにしましょう。

ホームルーター、ドコモhome5Gの端末の持ち運びと引っ越し手続き

引っ越しに伴う住所変更については届けが必要です。特にホームルーター、ドコモhome5G利用者は以下の内容の取り決めがあります。

NTTdocomo ご注意事項

「料金プラン(home 5G)」について、ご契約時にご契約者住所に加え、国内におけるhome 5G専用ルーターの設置場所住所の情報を申告いただく必要があります。

当社にご登録いただいた設置場所(home 5G)以外でのご利用は出来ません。なお、当社にご登録いただいた設置場所以外にhome 5G専用ルーターが設置されていることを当社が確認した場合、「料金プラン(home 5G)」お申込み時に新規で発行いただいたdアカウント・ビジネスdアカウントの連絡先メールアドレスへ通知し、「home 5G」のご利用を停止します。

設置場所住所(home 5G)以外での利用を複数回繰り返す等の禁止行為を当社が確認した場合、当社が回線解約を行うことがあります。「料金プラン(home 5G)」について、ご契約者さまの許可に基づき位置情報の取得・利用を行います。

よく寄せられる質問への回答と解決策

以下によくある質問の一部を紹介します。

  • オプション加入は必要?
  • ホームルーターを他の場所に持ち込んで使えるの?
  • 引っ越ししたら住所変更が必要なの?
  • ホームルーター機器、在庫状況確認方法
  • HR01からHR02へ機種変更はできる?

オプション加入は必要?

任意なので必要に応じて加入するか判断ください

ホームルーターを他の場所に持ち込んで使えるの?

ホームルーター、ドコモhome5Gは一時的でも持ち運ぶことはできません。引っ越しで設置場所住所変更はWebで申告する必要あり、注意事項内容は以下です。

登録住所以外での利用は停止します。ドコモが発見した場合、dアカウント/ビジネスdアカウントの連絡先メールアドレスに通知します。
連絡先のメールアドレスが登録されていない場合は、事前通知なしに利用が停止されます。
当社は、設置場所以外での利用を複数回繰り返すなどの禁止行為を確認した場合、回線解約を行うことがあります。

自由に持ち運びできるホームルーターメーカーはWiMAX関係のみです。

引っ越ししたら住所変更が必要なの?

一時的な持ち運びはできませんが、引っ越し時の持ち運びは可能です。その際は手続きが必要です。

WEBアカウントページMy docomoで変更可能です。

ホームルーター機器、在庫状況確認方法

現在2023年3月時点での在庫切れはない。あえて確認される場合は下記の内容順で

  1. ドコモオンラインショップにアクセスするhttps://onlineshop.smt.docomo.ne.jp/index.html
  2. 「機種をさがす」を選択、
  3. 画面左、「その他の絞り込み」の「在庫ある商品のみ」の□にチェック
  4. 「home 5G HR02」の画像が表記、選択すると
  5. 画面下に送料、おとどけもでの日数
  6. 最短◯日でお届け と表記される。

ドコモサイトには数種類の画面構成があり、一律同じ操作ではなです。

HR01からHR02へ機種変更はできる?

新規購入で個人的に端末を変更できる。

HR01の既存ユーザーがHR02に機種変更する場合、新規購入扱いとなり特典は適用されません。HR01を数ヶ月、あるいは数年利用している場合、HR02に機種変更することは、あくまで機種を新たに購入することであり、

月割サポートを利用されているとHR01とHR02の2つの支払いが発生します。

使用されている端末はドコモでは引き取りません。中古端末として引き取れるのは端末代金、完済された物だけです。

ドコモhome5Gにまつわるまとめと総括

この記事はこれから利用人口が多くなるホームルーター、その中でもホームルーター、ドコモhome5Gについて書かれています。

ホームルーター【ドコモhome5G】の総合評価は、速さと月額料金のバランスが良く、非常に高い評価を受けています。

他のキャリアと比較して月額料金がバランスよく、コストパフォーマンスが高い点も魅力的です。

ホームルーター、ドコモhome5Gは、ビジネスで利用したい方や、法人利用を希望する方にもおすすめです。

リモートワークやテレワークにも利用できるため、ホームルーターはこれからの主流になると考えられます。

ホームルーター、ドコモhome5Gに関する口コミでは、速さに関して評価が多く、速さが問題視されている。

ただし、ホームルーター、ドコモhome5Gを利用される環境、地理的条件によって速さが変わるため、注意が必要です。

動画鑑賞を目的とする方、またドコモのスマホを利用している場合、家族全員がセット割の対象者となり、スマホ料金が毎月割引されます。

どうぞこの記事を参考にホームルーター、ドコモhome5Gをご検討ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次