2024年最新Wi-Fiホームルーターおすすめ4機種で5Gエリア無制限利用

※アフィリエイト広告を利用しています

光回線が利用できない場合、Wi-Fiホームルーターを利用するのが手軽かつ簡便である。

速度や安定性は光回線に劣りますが、一般的な動画鑑賞などのインターネット利用には十分な性能があります。

工事予約までして部屋に知らない人を招き入れる必要がないため、セキュリティ上も安心です。

しかし、数多くあるホームルーターの中からどれを選ぶべきか迷ってしまいます。

そこで、2023年の最新Wi-Fiホームルーターの中からおすすめの4機種を紹介します。

おすすめ4機種のホームルーターは、5Gエリアでの無制限利用が可能で、高速かつ安定したWi-Fi環境を実現し、快適なインターネット利用を可能にします。

ぜひ、ご覧ください。

おすすめWi-Fiホームルーター4機種

キャリア機種名
ドコモ
au
Softbank
RakutenRakuten Turbo 5G
おすすめ4機種

注意事項として、

Wi-Fiホームルーターの性能は設置場所、住環境、住居地域によって左右されます。契約前には必ずサービスエリア地域を確認することが必要です。

この記事では、速度を重視したおすすめのホームルーター選び方や、ホームルーター機器の性能について解説します。

また、「性能」「目的」「金額」の3点を加味して紹介します。

以下の3点を考慮して、あなたにふさわしいホームルーター機種を知ることができます。

  • ホームルーターの性能を第一に考える
  • 動画鑑賞をメインで利用するなど目的に合わせる
  • 支払い金額の差は性能によるものか、考えてみる

ぜひこの記事を参考にしてください。

目次

速さ重視ストレスなし、おすすめホームルーター4選

2023年には、ますます多くの家庭が高速な5G ルーターを必要とするようになっています。そのため、今回は通信速度を重視して選定し、

最新の5Gホームルーターおすすめ4選をご紹介します。

これらの5Gホームルーターは、高速で安定したWi-Fi接続を提供するだけでなく、複数のデバイスの同時接続にも対応しています。

どの5Gホールーターも優れた機能を備えており、あなたのインターネット環境を改善することができます。                

5G ホームルーター機器特徴
最新機種HR02を2023年3月に販売、前機種より価格も性能もUP
WiMAX回線は23社ほどのプロバイダが扱っている。ex.Vision WiMAX、GMOとくとくBB、BIGLOBEなど
ホームルーター機器レンタル可能
Rakuten Turbo 5G独自回線を使用して無制限で利用可能
5Gホームルーター機器表

なぜホームルーター選びで通信速度が重要なのか?

多くの人が、ホームルーター選びで金額を第一に考えますが、実際には機能性が重要で、機能が十分でなければ、無駄な出費になり、

最終的には高額な費用が発生することになります。

通信速度表記は、ベストエフォート方式による表記となります。

ベストエフォート方式とは、通信業者が努力する最大限の速度を提供する方法で、一定の品質を保証するものではありません。

可能な限り最善のサービスを提供することを意味するものです。

実際の通信速度は、住環境、通信環境、利用時間帯によって大きく変わり全国一律の速度利用はできません。

以下では、おすすめのホームルーター販売代理店を表す名称とともに紹介します。ぜひチェックしてください。

なお各ホームルーター販売代理店とキャリア販売店での機器性能には全くの差はありません。

割安で契約できるホームルーター販売代理店やプロバイダがありますのでお勧めしています。

金額表記は全て税込価格です。

【ドコモhome 5G】

スクロールできます
ドコモhome5Gホームルーター機器本体価格契約事務手数料月額料金解約違約金スマホセット割
HR01分割か一括の買い取り39,600円3,300円(条件あり)4,950円なしギガプランによる
HR02分割か一括の買い取り71,280円3,300円(条件あり)4,950円なしギガプランによる
ドコモホームルーター概略

選ぶポイントは利用人数や部屋などの環境を考慮して機器を選択することです。例えば、1〜2名の利用で比較的見渡せる部屋環境ではHR01が適しています。

価格もそうですが、機能面でも不足はありません。

テレワーク、オンライン

現在、多くの人が自宅でテレワークやオンライン授業などを行うため、インターネットに接続する機会が増えていますが家庭のWi-Fi環境が悪いと、通信速度が遅くなったり、接続が切れたりして、ストレスを感じることもあります。

速さは快適性

そこで高速で安定した通信が可能なホームルーターといえば、ドコモhome5Gで、ご自宅がドコモの5Gエリア内であれば、最大受信速度4.2Gbpsという光回線に匹敵する高速通信が可能である。

ドコモhome5Gは高速通信Wi-Fiメッシュ

ドコモhome5Gは、高速な通信が可能であり、大容量の通信量が利用でき、複数のデバイスを同時に接続しても安定した通信が可能です。

最新ドコモhome5G HR02セキュリティ

さらに、セキュリティ機能が充実しているため、ウイルスや不正アクセスから守ることができセキュリティの重要性からもドコモhome5Gなら、安心してインターネットを利用することができます。

Wi-Fi環境の安定性、配信速度の安定をのぞみ、セキュリティ面も重視するならぜひ一度ドコモhome5Gを検討してみてはいかがでしょうか。

最新機器はHR02

ドコモホームルーターの最新機器はHR02です。機能面では前販売であるHR01を上回るものとなっていますが、デメリットは価格です。

71,280円は高額のため悩む価格です。そこで低価格であるHR01を条件しだいでは有益な選択になります。

ホームルーター機器実質無料

ドコモhome5G最新機器はHR02は分割払いで実質無調となる月々サポートあり。

キャンペーンなどを利用しましょう

ドコモホームルーターの契約は、ドコモショップやインターネットからも可能でまた、キャンペーンなども頻繁に開催されているため、お得に契約することができます。

【Vision WiMAX】

Vision WiMAXホームルーター機器本体価格契約事務手数料月額料金解約違約金スマホセット割
Speed Wi-Fi HOME 5G分割か一括の買い取り21,780円3,300円3,872円(24ヶ月プラン)<ギガ放題2年>契約3,872円
ビジョンWiMAXホームルーター概略

「ビジョンWiMAX」は、高速なインターネット接続を提供するホームルーターサービスです。このサービスは、株式会社ビジョンが提供しており、東証プライム上場企業で株主数800人以上を数えます。

プラスエリアモード

ビジョンWiMAXでは、au回線の「プラチナバンド」を利用することで高速な通信が可能になり、さらに「プラスエリアモード」を活用することで通信速度の向上や電波の安定性も期待できる。

ただし、「プラスエリアモード」は月間15GBの利用までに制限があるため、注意。

おすすめプラン

ビジョンWiMAXでのおすすめはプランは「ギガ放題2年プラン」です。このプランでは、速度と利用料金のバランスがよく、快適な利用とお手頃な料金のバランスがとれます。

また、下り(受信)2.7Gbps、上り(送信)183Mbpsと高速配信に加え、高性能アンテナを搭載したホームルーター機器で無線LAN接続や複数のデバイスが同時に接続でき快適に利用できる。

キャッシュバックは2ヶ月後

ビジョンWiMAXにはキャッシュバックサービスがあり、契約後2ヶ月後に受け取れる。また、契約時間が13時までであれば当日発送が可能です。

不要ルーター回収

さらに、ビジョンWiMAXならではのサービスとして、不要になったホームルーター機器やWi-Fiルーター機器を有料で引き取ってくれる点も魅力的です。

ビジョンWiMAXは高速

以上のように、ビジョンWiMAXは高速なインターネット接続を提供するサービスであり、キャッシュバックサービスや機器の引き取りサービスもあるため、利用者にとって非常に魅力的なサービスと言えます。

おすすめのプランは「ギガ放題2年プラン」です。

\ 10,000円キャッシュバック /

【モバレコ Air】

スクロールできます
モバレコAir本体価格契約事務手数料月額料金解約違約金スマホセット割
SoftbankAirターミナル571,280円3,300円25ヶ月目以降5,368円なし
モバレコ Airホームルーター概略

ソフトバンク株式会社と株式会社グッド・ラックがアライアンス契約を締結し、セット販売商品を提供することで、SoftBank Airターミナル5が「モバレコAir」として販売されることになりました。

アライアンスモデル

複数の企業が提携することで相乗効果を生み出すビジネスモデルです。今後も企業間のアライアンスがますます重要になっていくことが予想されます。

月割料金・キャッシュバック

ソフトバンクエアーと同じ回線を使用するため、エリアや速度などのサービス内容は同じですが、独自の月額料金割引やキャッシュバックが受けられるため、お得に契約することができます。

モバレコAirの通信速度

下り最大2.1Gbps(ベストエフォート方式数値)ですが、評価は分かれるようです。評価が低い場合は、使用環境が影響していることが多いです。

高評価内容

例えば、最新のレビューによると、下り速度は4K動画を快適に視聴でき、上り速度はオンライン会話も問題なく使用でき、PING値も速く、「ラグを感じることがない」との感想をききました。

通信速度については、ユーザーの利用環境によって評価が分かれるようなので、注意が必要です。

モバレコAirはレンタルサービス

端末(ホームルーター機器)をレンタル利用して確認するのが一番確かな方法であり、「モバレコ Air」ではレンタルサービスが提供されています。

モバレコAirの5Gカバー率

現在の電波サービスエリアは4G中心で、まだ5Gエリアは拡大中ですので、全ての場所で安定した高速配信が可能ではありません。

料金とサポート面で人気

「モバレコ Air」ユーザーの口コミを見ると、サポートが充実していることや、料金面でお得な点が評価されていることがわかりました。

\ 17,000円〜20,000円キャッシュバック /

【RakutenTurbo5G】

スクロールできます
Rakuten Turbo本体価格契約事務手数料月額料金解約違約金スマホセット割
Rakuten Turbo 5G41,580円(分割・一括)1回目無料、2回目3,300円(条件あり)3ヶ月間980円、4ヶ月目〜36ヶ月まで3,685円なしあり
RakutenTurbo5Gホームルーターの概略

自社回線

2023年1月、「Rakuten Turbo 5G」が提供を開始しました。このサービスは、自社回線「楽天モバイル回線」を利用したホームルーターで、

速度制限が設けられていませんが、注意事項として、速度制限がある場合があります。

Rakuten Turbo 5Gの評価

「Rakuten Turbo」が提供する5Gの評価は分かれており、現状、5G対応サービスエリアは大都市中心部のみで、多くは4G対応です。

各ホームルーターの評価も分かれており、理由は基地局数などによるもので、また5Gや建物の影響、時間帯などが原因で評価は分かれるのでしょう。

高評価の内容

Rakuten Turbo 5Gの通信速度も他のホームルーターと同様に様々な意見があります。

高評価の意見では、下り速度では4K動画を普通に鑑賞でき、上り速度ではオンライン会話も支障なく利用できた。またオンラインゲームに関するラグを感じることはないと、いう声もあります。

基地局の近くなど利用環境によって大きく変わることを考慮しなければなりません。

実質料金で判断しましょう

月額料金は、月数や年数によって変動します。4ヶ月〜3年目は4,551円、4年目は5,706円、5年目以降は4,840円です。ホームルーター機器代金は、一括払いか分割払いで支払えます。

分割払いは最長48回までで、3年間の支払いとなります。

ホームルーター残金と解約時期に注意点

契約の縛りはありません。いつ解約しても違約金は発生しませんが、短期で解約する場合は、分割残金の負担に注意してください。

ホームルーター本体価格を一括支払い購入以外の24回払いか48回の分割支払いで購入する場合、残金の支払いが必要です。

速さ重視5G ホームルーターの選び方

通信速度は、インターネット回線の速度や、ホームルーターの最大転送速度によっても決まります。

また、地理的条件による影響を受けることが多いですが、まずは、基本的にはホームルーター機器自体の性能が重要なポイントです。

ホームルーターを選ぶ際には、機能、価格そしてホームルーターのセキュリティー機能にも注目しましょう。

セキュリティの面からも配信速度の速いホームルーターは高いセキュリティー機能を備え、ネットワーク上での個人情報の漏洩や、ウイルスによる被害を防ぐことができます。

また、最新5GホームルーターはWi-Fiの自動切り替え機能によ、スマートフォンなどのデバイスが自動的に最適なWi-Fiに接続されるため、より快適なインターネット環境を実現できます。

通信速度が高いホームルーターは、動画をストリーミングしたり動画を楽しんだりする場合に最適です。

以上のように、速さ重視のホームルーターを選ぶ際には、

  • 最大速度
  • 平均実測時

ホームルーターを選ぶ際には、自分の家庭の使用状況に合わせて、慎重に比較検討することをおすすめします。

5Gホームルーター最大速度、平均時速時

日常生活、仕事、遊びなどにおいてネットワーク環境は非常に重要です。

自宅で仕事をする方や、オンラインゲームや動画配信を楽しむ方など、多くの人が高速かつ安定したネットワーク環境を求めています。

そこで、ホームルーターの配信速度について比較してみました。

ホームルーターの配信速度は、地域などによって異なります。以下は、おすすめ4選のプロバイダーからホームルーターが提供する数値です。

以下、各メーカホームルーター製品情報から受信最大速度値(ベストエフォート形式)でまとめました。

ホームルーター機器の最大速度

スクロールできます
おすすめ順製品名受信時最大速度 (5G)送信時最大速度 (5G)受信時最大速度 (4G)送信時最大速度 (4G)
14.2Gbps218Mbps1.7Gbps131.3Mbps
22.1Gbps
32.7Gbps183Mbps
4RakutenTurbo2.1Gbps218Mbps
受信最大速度値(ベストエフォート形式)表

ホームルーター機器の平均速度

以下各メーカー、ホームルーターのみんなのネット回線速度を参考に平均値をまとめました。

下記表は「みんなのネット回線速度」を参考にいたしました。

スクロールできます
製品名測定件数平均Ping値平均ダウンロード速度平均アップロード速度
60300件50.85ms220.76Mbps21.26Mbps
172217件44.75ms78.86Mbps8.12Mbps
3件33.0ms259.56Mbps66.35Mbps
RakutenTurbo23件47.29ms52.26Mbps25.42Mbps

ホームルーター各社の配信速度差の原因は、各社が使用している通信方式や周波数帯、回線の混雑状況などが影響します。

また、配信速度の差はサービスエリア地域範囲によっても大きく異なる。

速さを重視した5G ホームルーターを選ぶ際には、自分の利用目的や地域の建物環境を考慮し、各社の速度などを比較することが重要です。

以上の内容を重要視した上で、選択肢を絞ることが大切です。

速さ重視、5Gホームルーターの選び方は基地局数が多い方がこのましい

下記の表はキャリア(携帯電話会社)による5G基地数確認のために参照した総務省の総合通信基盤局 電波部 移動通信課 の資料の内容です。

参照:令和3年度 携帯電話及び全国BWAに係る 電波の利用状況調査の評価結果の概要(案) 総務省

Wireless City Planning(ワイヤレスシティプランニング)株式会社は、ソフトバンクグループ傘下の電気通信事業者です。

以下は各4大キャリアと言われている5G 基地局数です。

5G基地局数

スクロールできます
キャリア基地局数
ドコモ7,135
au5,935
Softbank6,580
Rakuten1,448
5G 基地局数表

5Gホームルーターには多くの基地局数が必要

5Gは、高速で大容量の通信を実現するために開発された次世代移動通信技術で5Gの導入には、より多くの基地局が必要になります。

なぜなら、5Gは高周波数帯を使用するため、高速かつ大容量の通信を実現するために、より多くの基地局が必要になるからである。

5Gの特徴

高周波数帯の電波は、従来の低周波数帯の電波に比べて伝搬距離が短く、建物や障害物に遮られやすいという特徴があり、

そのため、5Gの電波を効率的に届けるためには、より密に基地局を多く設置する必要がある。

具体的には、4Gの場合、1つの基地局で約数キロメートルの範囲をカバーできますが、5Gではその数百メートル程度までしかカバーできません。

そのため、5Gを利用するためには、より多くの基地局が必要になります。

5G基地局建設コストは膨大

また、5Gの導入にあたっては、既存の基地局の改修や新たな基地局の建設が必要になり、5Gの普及には膨大なコストがかかるとされています。

基地局の数が多いキャリアほど、快適にインターネットを利用できる。したがって、地理的条件を除いて、5G基地局数を多く保有しているキャリアをお勧めします。

速さを重視したホームルーター選びの注意点

速さは武器

速さを重視することで快適にインターネットを楽しめるため、金額よりも速度を重視することをお勧めします。

ストレスを感じるよりも、快適性を優先することが健全です。

そこで、通信速度を重視したホームルーターを選ぶ際の注意点を以下に示します。

  • 事前にサービスエリアを確認する
  • 契約前に8日以内の解約内容を把握する
  • ホームルーターが手元に届いたら時間を開けずに接続回線設定を行う

5Gホームルーターのデメリットを理解する

2023年には、ソフトバンクエアー、WiMAX、5G CONNECT、ドコモhome5G、SoftbankTurbo5Gなど、様々なホームルーターが発売されました。

ホームルーターを利用するメリットは、手軽にインターネット環境を手に入れられることです。ただし、光回線よりも通信品質が劣ることがあるという点に留意する必要があります。

各社の月額料金やキャッシュバック金額は異なり、また最大通信速度も前述した表からも異なることがわかり、それぞれのホームルーターにはメリット・デメリットがあります。

ホームルーターデメリット・メリットを改めて

スクロールできます
メリットデメリット
工事不要で手軽に導入できる光固定回線より通信の安定性・速度で劣ることがある
1台で複数の端末が接続できる速度制限がかかるリスクがある
最新ホームルーターの性能が向上している持ち運びができない(一部の機種を除く)
内部に搭載されているアンテナも強力になり、メッシュWiFiに対応している電波の入りやすさを考慮する必要がある
5Gホームルーターのメリット・デメリット

以上のように、ホームルーターにはメリットとデメリットがあります。自分のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

ホームルーターは家庭内で使用することを前提としており、持ち運びには向いていません。さらに、建物の構造や周囲の環境によって電波状況が変化し、通信品質に影響を与えることもあります。

しかし持ち運べるホームルーターがあります。

持ち運べるホームルーターはWiMAX

持ち運びを可能したWiMAX回線を利用したホームルーターがあります。他社メーカと違い、使用説明書に契約場所いがいでの使用禁止項目がない。

契約場所以外での利用は禁止されていないと理解して利用せきます。

コンセントがあれば契約場所以外でも一時的に利用可能である。

持ち運びは代理店によって違う

また、各取り扱い代理店によって、持ち運べるWiMAX回線利用のホームルーターについても異なる点があるため、正確な情報は各取扱代理店に確認することをお勧めします。

ドコモ home 5Gについては、

当社に登録された設置場所(home 5G)以外での利用はできません。また、当社が登録された設置場所以外に home 5G 専用ルーターが設置されていることが確認された場合、新規に発行された d アカウント・ビジネス d アカウントの連絡先メールアドレスに通知し、利用停止となります。

注意点として、Softbank Airやモバレコ Airも契約住所以外での利用は禁止されています。

UQ WiMAXとビジョン WiMAXの違いは会社が違う

UQ WiMAXとビジョン WiMAXは同じWiMAX回線を使用しており、通信速度や対応エリアなどの性能に違いはありませんが、月額料金や提供するサービスには違いがあるため、ご注意ください。

途中解約でも違約金が発生しない5Gホームルーター

途中解約でも違約金が発生しない5Gホームルーターは、

ドコモとモバレコAir

ドコモhome5GとモバレコAirが該当します。ただし、ホームルーター分割購入の場合は、残金の支払いが必要です。

モバレコAirの解約は、SoftBank Air サポートセンターにお問い合わせください。

ビジョンWiMAXは契約プランで違約金が発生

一方、ビジョンWiMAXは、ギガ放題2年プランの場合、解約24ヶ月目に「契約解除料」として3,872円(税込)が発生しますが、

25ヶ月目以降に解約する場合は、違約金・解約金・契約解除料のいずれも発生しません。

Rakuten、違約金なし

RakutenTurbo5Gについては、解約違約金はなく、プラン利用料金は解約までの日割り計算での支払いとなります。また、ホームルーター機器残金がある場合は支払う必要があります。

返品対応5Gホームルーター

ホームルーターを実際に設置したが、動画鑑賞ができないなどの状況で返品や契約解除を希望される方もいらっしゃるでしょう。

そこで、各ホームルーター販売会社が返品や契約解除に対応する条件は以下の内容です。注意点は契約解除に関する日数です。

解約条件の概要

スクロールできます
5Gホームルーター解約条件
購入から8日以内であれば、返品可能。ただし、返品・解約には8日以内という条件があり、ショップで購入手続きを行った場合はレシート、ネットショップで購入契約を締結した場合は「契約書面が不交付」などが必要です。
購入後7日以内であれば、返品可能。
商品到着から8日以内であれば、返品可能。
RakutenTurbo商品到着から8日以内であれば、返品可能。
各ホームルーター解約条件

上記の内容から、8日以内または7日以内といった期限を厳守し、ご自身が購入されたホームルーターの契約販売会社にお問い合わせいただき、必要書類等を確認の上、対応してください。

1日過ぎてもダメ

8日、あるいは7日以内の契約解除であればホームルーター機器の本体価格は発生せずに済みます。一日でも過ぎる値ホームルーター機器の本体価格、残金の支払が発生します。

5Gホームルーターを試すならレンタルがおすすめ

ホームルーターを期間限定で利用したい方や試しに1ヶ月間自宅で利用したい方には、レンタルホームルーターがお勧めです。

レンタル契約の場合、残金の支払いは必要ありませんし、途中解約による違約金も発生しません。

利用できるホームルーターは、

  • モバレコAir、
  • Free Max+5G、
  • しんぷるWiFiの3つです。

スクロールできます
モバレコAir概略
レンタル可能な機種Softbank Air
サービス料金プラン「端末購入」と「レンタル」の2種類あり
レンタル契約月額料金月額539円(初月0円)
契約期間縛りなし
解約手数料無し
モバレコAirの概略

スクロールできます
Free Max+5G概略
端末代金無料
契約期間1ヶ月
解約金なし
データ容量無制限
利用端末モバイルルーターまたはホームルーター
FreeMax+5Gの概略

しんぷるWiFi

スクロールできます
しんぷるWiFi概略
定額ずーっと4,290円
特徴最大1200Mbpsの高速Wi-Fi通信に対応、5G通信に対応
通信規格WPA3設定済み
セキュリティWPA3設定済み
しんぷるWiFiの概略

レンタルは面倒と思っても有益な方法

ホームルーター機器を返却する手続きが面倒だと感じ、持ち運びができる「モバイル」ルーターを利用するほうがいいのでは?と考えになりますが、

実際にホームルーターを設置してインターネット環境を試すことで、よい判断ができます。

光固定回線と5Gホームルーター比較

料金面、安定性では現時点では光回線が有利です。特に料金面では集合住宅において光固定回線が圧倒的に安価です。

料金だけ見ると集合住宅がお得

月額4,400円という低価格を実現しています。

現状は光回線が有利ですが今後は・・・

品質面においても、光回線は高速で安定しており、優れた品質を誇ります。一方、ホームルーターは回線速度が低下しやすく、同時に接続する端末が増えるとネットワーク環境が不安定になる傾向があります。

利便性においては、光回線は同時に複数の端末を使っても安定したネットワーク環境を保つことができます。

みんなのネット回線速度から最近の光回線とホームルーターもベストスコアを紹介します。

光回線ランキング2023年3月

直近3ヶ月に計測された342302件の光回線の測定結果を基にランキングを作成しています。(みんなのネット回線速度)

光回線配信速度1位、2位
光回線配信速度3位、4位、5位

ホームルーターランキング2023年3月

本日2023年3月21日のホームルーターの最速測定結果(みんなのネット回線速度)

ホームルーター配信速度1位、2位、3位

上記、光回線配信速度とホームルーター配信速度との比較結果から光回線1位、はゲーム専用であり、2位は10GbpsNTT最新サービスのフレッツ光は圧倒的な速さですが、3位、4位、5位と比べるとホームルーターの方が速いです。

この差は5G基地局数により差のないものになる。

現状で光回線とホームルーターを比較してホームルーターの最大の利点は工事費が0円であること、光回線は初期費用が高いことである。

ホームルーターで動画を視聴する場合の適切な速度は10Mbps〜30Mbps

一般的な動画(HD、FHD)の場合は、3〜5Mbpsで十分な速度ですが、VODサービスや配信サイトによって推奨される速度は異なり、5Mbps以上求められることもある。

VODサービスとは、ビデオ・オン・デマンド・サービスの略称で、インターネットを通じて映像コンテンツを視聴することができるサービスのことです。

主なVODサービスには、Netflix、Amazon Prime Video、Hulu、ひかりTVなどがあります。

4K動画を視聴するためには、25Mbps以上の通信速度が推奨されています。

4K動画はHDの5倍以上のデータ量が必要なため、高速な通信速度が必要です。

スクロールできます
4K動画視聴に必要数値NetflixYouTubeHuluAmazon Prime Video
Mbps15Mbps以上20Mbps以上20Mbps以上不明
配信動画視聴数字

スマホセット割

通信事業者スマホ割適用金額
1,100円
1,100円
Softbankスマホ最大1,100円、Ymobile最大1,080円
RakutenTurbo5GRakutenモバイル・スマホ最大1,100円
各キャリアとホームルーター料金スマホ割

2023年3月時点の情報を掲載しております。最新情報については、各通信事業者の公式サイトをご確認ください。

実質年間支払額比較

実質年間支払額は、長期的に見た場合の支払額を表す指標であり、契約時には注意して確認することが重要です。

実質年間支払いは、キャッシュバック、初期費用や月額料金、割引後の料金などを総合的に考慮して算出されます。

契約をする際には、割引後の料金がどのように変化するか、自分のライフスタイルや予算に合わせて考慮することも重要です。

いくつかのプランを比較検討することで、自分にとって最適なプランを選ぶことができます。

以上の点に留意し、契約前にしっかりと確認することをお勧めします。

ホームルーター4選の実質年間支払額

スクロールできます
ホームルーター契約事務手数料月額料金キャッシュバック実質年間支払額ホームルーター本体価格
3,300円4,950円15,000円16,6500円71,280円
なし4,131円10,000円148,708円21,780円
3,300円3,777円17,000円135,998円71,280円
RakutenTurboなし4,551円なし166,125円41,580円
実質年間仕払額比較表

上記金額は税込みで、2023年3月18日時点でのキャンペーン、キャッシュバック内容、本体割引などを反映した参考価格です。

価格は変動しますのでご注意ください。

まとめ

光ファイバー回線が利用できない場合にも、5Gホームルーターは手軽にインターネット環境を構築できるため、おすすめです。

5Gホームルーターを選ぶ際には、高性能な5Gホームルーターと将来的な基地局数の多さが重要で金額だけでなく、長期的な視点で選びましょう。

また以下のポイントに留意して、5Gホームルーターを選びましょう。

  • 1. 高性能なルーターを選ぶこと
  • 2. 5Gサービスエリアの広さや基地局数の多さを重視すること
  • 3. スマートフォンとのセット割引がある場合は、スマホの契約プラン内容も確認
  • 4. 5Gサービスエリアを確認し、返品方法にも注意すること
  • 5. 目的に合った5Gホームルーターを選ぶこと

ホームルーターは、家で使うだけでなく、持ち運べる機種もあります。また、スマートフォンとのセット割引やキャッシュバック、3年後から月額料金の返答などあり、全てを確認して実質年間支払額で比較することもおすすめです。

また無駄を省くために、5Gサービスエリアを確認した上で返品方法にも注意し、目的に合った5Gホームルーターを選びましょう。

この記事を参考にして、自分に合った5Gホームルーターを選んでみてください。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次