WordPressの世界へようこそ!開発者の知られざる物語から、テーマの真実まで解説

※アフィリエイト広告を利用しています

初めてのWordPressと、WordPressに付属するテーマ(テンプレート)について解説した記事へようこそ。

WordPressは一体何者なのか、どうしてブログに必要なのか、そしてテーマとは一体何なのか、これらの疑問やモヤモヤ感について、詳しくお話しします。

また、WordPressの誕生から開発者の物語まで、知られざるエピソードも紹介します。

初めてのWordPressと、WordPressに付属するテーマ(テンプレート)について解説した記事です。

解説内容は以下のとおりです。

  • ブログにWordPressは必要なの?
  • WordPressの創業者たち
  • WordPressの種類と特徴
  • WordPressとテーマ
  • テーマ(テンプレート)の自作について
  • 無料テーマと有料テーマの比較
  • プラグインの約割

以上の項目を簡潔にまとめ、読者の疑問や不安を一掃します。WordPressの世界は広大で魅力的ですが、この記事を読んでスッキリと理解していただけることでしょう。

わぷー(Wapuu)はja.wordpress.org 公式キャラクター

目次

ブログにWordPressは必要なの?

ブログ運営なら、WordPressが必須。使いやすく柔軟なインターフェース、SEO対応、強力なコミュニティで安心してブログを構築できる。

WordPressがブログ運営に必要な理由は次の3点です。

1.使いやすさと柔軟性

WordPressは直感的なインターフェースを持ち、ブログを運営する際に必要な機能が簡単に利用できます。初心者でも扱いやすく、ブログの作成や更新、投稿の管理が容易です。

また、多くの機能が提供されており、これらを組み合わせることでブログを自由にカスタマイズで、個々のニーズに合ったブログを構築することが可能である。

2.SEO(検索エンジン最適化)への対応

WordPressはSEO(検索エンジン最適化)に非常に適しています。シンプルなURL構造やメタタグの編集など、SEOに重要な要素が最初から備わっているため、ブログの検索エンジンでのランキング向上に寄与できる。

また、SEO対策を利用することで、キーワード最適化やサイトマップの作成などのSEO作業を簡便に行え、これにより、より多くの読者や訪問者を集めることが可能となった。

3.強力なコミュニティとサポート

WordPressは世界中で広く利用されており、大規模なユーザーコミュニティが存在し、ユーザー同士の交流が盛んであり、公式フォーラムやサポートサイトで問題解決や情報交換が行われている。

また、開発者も積極的にコミュニティに参加し、新しいアップデートやセキュリティ強化が頻繁に行われています。

コミュニティの支援により、ブログ運営者は安心してブログを運営でき、セキュリティや安定性の面でも保護されます。

WordPressは使いやすさと柔軟性、SEOへの対応、そして強力なコミュニティとサポートがあるため、ブログ運営に必要なプラットフォームと言えます。

これらの特徴により、ユーザーは個々のニーズに合わせたブログを簡単に作成し、構築することができ、理想のブログ運営ができる。

WordPressとは?

ではそもそもWordPressとは何なのか?先程の「WordPressはブログに必要なのか?」から少し、詳しく解説します。

WordPressは、オープンソースのウェブサイト作成プラットフォームおよびコンテンツ管理システム(CMS)です。2003年に最初にリリースされ、世界中で広く使用されています。

特にブログやウェブサイトの作成に適しており、技術的な知識があまりなくても使いやすいやすさで人気がある。

WordPressは、PHP言語とMySQLデータベースをベースにしており、カスタマイズ性が高く、様々なテーマとプラグインを利用してウェブサイトをカスタマイズすることが可能です。

WordPress用テーマはウェブサイトのデザインや外観を制御し、プラグインは機能や機能拡張を追加します。(テーマの詳細は下段にある)

WordPressは、ブログ、ニュースサイト、ポートフォリオ、オンラインストア、企業のウェブサイトなど、様々な種類のウェブサイトを構築するために利用されています。

WordPressの利点は次のようになります

下記に特徴と内容説明をまとめました。

特徴説明
シンプルで使いやすい技術的な知識があまりなくても、直感的なインターフェースでウェブサイトを作成・管理できます。
カスタマイズ性多くのテーマとプラグインを利用して、ウェブサイトを自分好みにカスタマイズできます。
コミュニティとサポートWordPressは広大なコミュニティが存在し、トラブルシューティングや質問に対するサポートを受けることができます。
SEO対応ウェブサイトを検索エンジン最適化(SEO)するためのプラグインが豊富にあります。
セキュリティWordPressコアは定期的にアップデートされ、セキュリティ対策が進められています。
WordPressの利点

これらの特徴により、WordPressはユーザーフレンドリーであり、カスタマイズ性が高く、広範なコミュニティとサポートが提供され、SEO対応やセキュリティ対策にも優れていることが分かります。

ウェブサイトの作成やコンテンツ管理を簡単かつ効率的に行いたい場合は、WordPressは非常に便利な選択肢です。

CMS(コンテンツ管理システム)としての役割

WordPressは、オープンソースのウェブサイト作成プラットフォームであり、CMS(コンテンツ管理システム)として広く使用されている。

CMSとは、ウェブサイトのコンテンツを管理し、編集・公開するためのシステムのことを指します。

WordPressのCMSとしての役割には、ウェブサイトの作成・管理を簡単かつ効率的に行うことである。

1. コンテンツの作成と管理

WordPressの主な役割は、ウェブサイトのコンテンツ作成・編集・管理です。ユーザーは直感的なインターフェースを利用して、記事、ページ、画像、動画などのコンテンツを追加・編集できます。ウェブサイトを最新かつ魅力的に保つことがでる。

2. カスタマイズ性とテーマ

WordPressの強力な特徴は、多くのカスタマイズ可能なテーマを提供していることです。テーマを自分で作成することも可能です。

3. プラグインによる機能拡張

WordPressは、プラグインによって機能を簡単に追加できる点も大きな利点です。プラグインは、ウェブサイトに機能や機能拡張を追加するためのアドオンです。SEO最適化、コンタクトフォーム、ソーシャルメディア統合、セキュリティ対策など、さまざまなプラグインが利用できます。

4. SEO対応

検索エンジン最適化(SEO)はウェブサイトの成功に欠かせない要素です。WordPressは、SEOに対応したテーマやプラグインを利用して、ウェブサイトの検索エンジンへの表示を最適化することができる。

WordPressは、シンプルで使いやすいCMSとして広く利用されています。ウェブサイトのコンテンツ管理、カスタマイズ、機能拡張、SEO対応など、さまざまな役割を果たし、ユーザーに優れたウェブサイを提供しています。

コミュニティとサポートもあるため、初心者でも安心してWordPressを利用することができる。そのため、個人ブログから企業のウェブサイトまで、幅広い用途に対応したウェブサイト作成ツールとして、WordPressが利用されています。

WordPress以外のCMSとの違い

WordPress以外にも多くのCMS(コンテンツ管理システム)が存在し、これらのCMSは、ウェブサイトの作成に便利に機能的にや開発されていますが、それぞれに独自の特徴や利点があります。

以下は、WordPressと他のCMSとの一般的な違いの例です。

ユーザビリティ

WordPressは非常に使いやすいインターフェースを持っており、初心者でも簡単にウェブサイトを構築できます。一方、他のCMSは操作が複雑で、より技術的な知識を要する場合があります。

カスタマイズ性

WordPressは豊富なテーマとプラグインにより、ウェブサイトのデザインや機能をカスタマイズできます。他のCMSと比較して、カスタマイズ性が高いとされます。

セキュリティ

WordPressは人気のCMSであるため、セキュリティ対策が重要です。セキュリティ対策が不十分な場合、悪意のある攻撃の標的となる可能性があります。他のCMSには、セキュリティに特化したソリューションがある場合があります。

サポートとコミュニティ

WordPressは広範なコミュニティが存在し、多くのサポートが得られます。他のCMSには、より小規模なコミュニティや有料のサポートオプションがある場合があります。

WordPressが存在していない時代のCMS

WordPressが登場する以前、ウェブサイトを作成するためには手作業でHTMLを記述する必要がありました。これは非常に労力がかかる作業であり、ウェブサイトの更新や管理が困難でした。

ウェブデベロッパーは、ウェブプログラマーよ呼ばれた人が開発に携わっていました。CMSの作成は過去においては外部に発注していした。

ただし、近年はCMSの技術が進化し、オープンソースのCMSが豊富に利用可能になったため、多くの組織や企業は既存のCMSを利用してウェブサイトを構築することが増えています。これにより、CMSの作成を外部に発注するケースが減少している傾向があります

初期のCMSの一つとしては、1990年代に登場した”LiveJournal”(ライブジャーナル)があります。このCMSは、個人用のブログを作成するためのプラットフォームとして利用されました。その後も、Plone、Joomla、DrupalなどのCMSが登場し、ウェブサイトの作成や管理をより効率的に行うためのツールとして普及していきました。

WordPress以外のCMSとの違いには、使いやすさ、カスタマイズ性、セキュリティ、サポートとコミュニティなどが挙げられます。これらのCMSは、それぞれ異なる特徴を持っており、ユーザーのニーズに応じて選択することが重要です。また、WordPressが登場する以前は、手作業でHTMLを記述することが一般的で、CMSがなかった時代もありました。

WordPress以外のCMS

CMSソフトはWordPressだけではなく、他にもいくつか存在します。

CMS

CMSはコンテンツ管理システムの略語であり、ウェブサイトやデジタルでの情報(コンテンツ)を簡単に作成、編集、管理するためのソフトウェアです。

CMSを利用することで、専門知識がないユーザーでも直感的な操作でウェブサイトやブログの情報内容(コンテンツ)を追加・更新することができます。

世の中には多くの「CMS」があり、その一つが、WordPressである。

代表的なCMSとして以下が有名です。

  • Joomla!
  • Blogger
  • Medium
  • Drupal

Joomla!(ジュームラ)は

Joomla!はオープンソースのCMSで、2005年から利用されている歴史あるCMSである。、2007年から2011年ごろにかけて、世の中でメジャー的に利用されたCMSの一つです。

Joomla!は広範な利用者を持ち、個人のブログから企業のウェブサイト、オンラインストア、コミュニティポータルまで、様々なタイプのウェブサイトを構築するために利用されています。

Joomla!の利用者は、一般的にウェブデザイナーやウェブデベロッパー、ビジネスオーナー、個人ブロガーなどですが、多少なりとも専門的な知識を持った方の利用者が多い。

また、Joomla!はオープンソースであるため、無料で使用できる点が利点となっています。これは、予算の制約のある小規模な企業や個人のウェブサイト制作にも選ばれる理由の一つです。

Bloggerは

「Blogger」はGoogleが提供しているブログプラットフォームで、ウェブログ(ブログ)を作成・管理するためのCMSです。以下に、Bloggerの特徴と無料、有料、ドメイン、広告収入に関する解説をお伝えします。

Bloggerの特徴

  • シンプルで使いやすいインターフェース。
  • ブログの作成や投稿が簡単に行える。
  • Googleのアカウントを持っているユーザーは無料で利用できる。
  • カスタムドメインの使用が可能。

無料利用

  • BloggerはGoogleが提供している無料のサービスです。Googleのアカウントを持っているならば、Bloggerを利用することができます。

カスタムドメイン

  • Bloggerでは、無料のブログアドレス(例:yourblogname.blogspot.com)を使用するか、有料で独自のカスタムドメイン(例:yourblogname.com)を取得して利用することができます。カスタムドメインを使用することで、ブログのブランドを強化できます。

広告収入

  • Bloggerでは、Google AdSenseと連携して広告を掲載することが可能です。ブログに広告を設置することで、広告収入を得ることができます。

Bloggerは主に個人ブログや趣味ブログを運営するのに適しており、簡単に始めたい方や技術的な知識がない方でも利用しやすいCMSです。一方で、高度なカスタマイズや機能が必要な場合は、他のCMS(例:WordPress、Joomlaなど)を検討することもあります。

Medium(ミディアム)は

アメリカで生まれた文章投稿サイトです。Googleアカウントをお持ちならすぐに始められる。Mediumは主に個人ブロガーやライターによって利用されており、

技術的な知識がないユーザーや、簡単にコンテンツを共有したいユーザーに適しています。しかし、高度なカスタマイズや複雑なウェブサイトの構築を求める場合には、他の一般的なCMS(例:WordPress、Joomlaなど)を検討することが適切かもしれません。

日本では馴染みが薄いですが、海外ではよく知られたCMSです。(一般的なCMSとは異なる)

Drupal(ドルーパル)は

無料のオープンソフト型でテーマを使用する。Drupalは特に規模の大きな政府機関、大学などで使われている。

大規模なウェブサイトやコンテンツリッチなウェブアプリケーションを作成する際に人気がある一方で、初心者には学習コストが高いとされることもありますが、ウェブ開発において高度なカスタマイズ性やパフォーマンスを求めるプロジェクトに向いています。

企業で人気のあるCMSは

  1. WordPress(ワードプレス): 理由:使いやすさとカスタマイズ性が高く、多機能なテーマやプラグインが豊富に提供されているため、さまざまなウェブサイトに適している。
  2. Joomla(ジュームラ): 理由:中規模から大規模のウェブサイトに向いており、柔軟なカスタマイズと強力なコンテンツ管理機能を持っている。
  3. Drupal(ドルーパル): 理由:高度なカスタマイズ性と拡張性があり、大規模な企業や政府機関のウェブサイトに適している。
  4. Squarespace(スクエアスペース): 理由:シンプルで美しいデザインのテンプレートが提供されており、ビジュアル重視のウェブサイトに向いている。
  5. Wix(ウィックス): 理由:ドラッグ&ドロップで簡単にウェブサイトを作成できるため、初心者にも人気があります。豊富なテンプレートも魅力的。

これらのCMSは、企業がウェブサイトを構築し、運用する際に人気があります。選択するCMSは、企業のニーズや要件、技術的なスキルに合わせて慎重に検討することが重要です。

個別にプラグインなる、ソフトをインストールすることで機能を拡張できます。

WordPressの創業者たち

ブログを書くのにオススメなソフトであることは解りました。では少し深掘りしてWordPress始まりについて解説します。

開発者はだれか?

  • アメリカのブロガー、MattMullenweg(マット・マレンウェッグ)
  • イギリスのブロガーMike Little(マイク・リトル)

の二人です。

両氏が共同で2003年に新たな機能で復活させています。

原型制作は2001年始まりは「b2」

WordPressの原型はフランスのプログラマーMichel Valdrighi(ミシェル・ヴァルドリギ)が2001年に開発したブログツール「b2」でした。

その後、Matt Mullenweg(マット・マレンウェッグ)はb2ソフトを使用し、ブログ技術を習得してプログラミングのスキルを向上させました。しかし、b2の開発者(ミシェル・ヴァルドリギ)が行方不明になり、開発が停止してしまいました。

WordPressの開発者は2人

もったいないと考えたマットは自身のブログで何とか出来ないかとネットに投稿するのです。この記事をよんだイギリス人ブロガーのMike Little(マイク・リトル)が一緒に作り上げようと提案し、二人の開発が始りました。

Matt Mullenwegはb2の改良と新しい機能の追加を行い、2003年に共同開発者のMike Little(マイク・リトル)と共にb2/cafelogのフォークとしてWordPressを誕生させ、その後、WordPressはオープンソースのCMSとして急速に成長し、世界中で広く利用されるようになりました。

オープンソースの精神とは

WordPressはオープンソースの精神とは、誰もが無料でソフトウェアをダウンロードし、また誰もがソフトウェア開発に参加できるようにしています。創設者のマット・マレンウェッグとマイク・リトルは、インターネットの成長には誰でも開発に参加できるオープンソースのソフトウェアが必要であると考え、常にインターネットの未来を見据えてきました。

オープンソースの精神

WordPressはオープンソースのソフトウェアであるため、そのコードは一般に公開されており、誰でも自由に閲覧・利用できます。これにより、透明性が確保され、ユーザーがソフトウェアに対して信頼を持つことができます。

無料でダウンロード可能

WordPressは誰でも無料でダウンロードして利用できます。これにより、費用をかけずにウェブサイトやブログを立ち上げることができます。

ソフトウェア開発への参加

WordPressのオープンソース性により、誰もがソフトウェア開発に参加することが可能です。開発者はWordPressのコードを改良したり、新しい機能を追加したりすることができます。また、バグを報告したり、他のユーザーにサポートを提供したりすることもできます。

ふたりの考えはインターネットの成長に必要なのは誰でも開発に参加できるオープンソフトでなければ無理だと考え、つねにインターネットの未来を見据えていました。

2021年のバージョン5.8リリース時点では、530人のプログラマーが関わってWordPressが作られていたことが発表されています。このようなコミュニティの力により、WordPressは日々進化しています。

一方で、WordPressにはセキュリティの欠点もあります。

実際にハッキングの対象となることもあり、ハッキングされる原因の一つは、古いバージョンのWordPressの使用である、

常に最新のバージョンに更新することでハッキングのリスクを低減することができます。セキュリティに対しては常に注意を払い、最新のアップデートを行うことが重要です。

100%の完全な対応策はないものの、積極的な対応によりセキュリティの向上、リスクの低減に努めることが大切です。

WordPressの種類と特徴

WordPressには主に以下の2つのタイプがあります。それぞれの特徴について解説します。

1.WordPress.com

WordPress.comは、オンライン上でホスティングされているWordPressサービスです。ユーザーはWordPress.comのウェブサイトにアクセスし、自分のウェブサイトを作成・運営することができます。特徴は次の通りです。

  • 簡単な運用: インフラストラクチャやセキュリティなどの管理はWordPress.com側が行うため、ユーザーは運用に集中できます。
  • 制約されたカスタマイズ性: プラットフォームが管理しているため、テーマやプラグインのカスタマイズには制約があります。
  • 無料利用と有料プラン: 基本的な機能は無料で提供されますが、有料プランを選択することでより多機能なサービスを利用できます。

2.WordPress.org

WordPress.orgは、自分自身でホスティング環境を用意してインストールするオープンソースのWordPressソフトウェアです。サーバーやドメインを所有し、独自のウェブサイトを構築したい場合に適しています。特徴は次の通りです。

  • 完全なカスタマイズ性: 自分のサーバーにインストールするため、テーマやプラグインのカスタマイズには制約がありません。
  • 自由な運用: 自分でサーバーを管理するため、自由な運用が可能です。
  • 無料で利用: WordPressのソフトウェア自体は無料で利用できますが、ホスティングやドメインには料金がかかります。

これらのタイプは、それぞれのニーズや目的に応じて選択することが重要です。WordPress.comは手軽に始めることができますが、制約がある一方、WordPress.orgは高度なカスタマイズが可能ですが、自身で管理する必要があります。

料金など詳細が知りたい方は

参考:WordPress.com

WordPressとテーマ

以降ではWordPress(CMS)とテーマについて解説します。以下2つのテーマについて、

  • 一般的なテーマ
  • WordPress用テーマ

の2つについてそれぞれ簡単に解説してみます。

一般的テーマ

「テーマ」と呼ばれる用語の語源は、テーマがウェブサイトの外観とスタイルを決定するため、伝統的なデザインの「テーマ」になぞらえられたものです

一般的に、テーマという言葉は音楽や文学などの芸術分野で使用されており、

特定のアイディアやコンセプトに基づいて作品を制作する際の枠組みを意味します。

同様に、WordPressのテーマも、特定のデザインコンセプトに基づいてウェブサイトのデザインを整えるための枠組みやスタイルを提供します。

WordPress用テーマ

テーマ(テンプレート)とは、WordPressウェブサイトの外観とデザインを制御するためのファイルやスタイルのセットです。

WordPressのCMSは建築物のフレーム(骨組み)と考え、テーマをエクステリア(外装)、インテリア(内装)と考えましょう。

WordPressのテーマは、ウェブサイトの全体的なレイアウト、色、フォント、アイコン、ウィジェット配置などを定義し、ユーザーエクスペリエンスを向上させる役割を果たし、テーマを変更することで、ウェブサイトの外観を簡単に刷新することができます。

WordPressはテーマなしでブログを作成することはできません。

テーマの種類と役割

無料テーマ

WordPress.orgのテーマディレクトリや他のウェブサイトから無料で入手できるテーマです。多くの無料テーマがあり、様々なデザインや機能を提供しています。初心者や予算が限られている場合に人気があります。

有料テーマ

プレミアムテーマとも呼ばれる有料のテーマです。高品質で専門的なデザインやカスタマイズオプションを提供し、サポートも充実しています。有料テーマは高度なカスタマイズが必要なプロジェクトや企業向けに人気があります。

カスタムテーマ

企業や個人の要件に合わせて独自に開発されるテーマです。デザインや機能、レイアウトを完全にカスタマイズできるため、ブランドの一貫性を保ち、ユニークなウェブサイトを作成することができます。

テーマはウェブサイトの外観だけでなく、ユーザーエクスペリエンスやSEOにも影響を与えます。選択したテーマはウェブサイトの目的やターゲットオーディエンスに合わせて適切に選ぶことが重要です。また、テーマは定期的に更新されることがあり、セキュリティやパフォーマンスの向上を確保するためにも最新のバージョンを利用することが推奨されます。

テーマ(テンプレート)の自作について

WordPress用テーマには有料、無料、とあるが、自作できないか?と思われる方もいるでしょう。結論は「自作」できます。

実際に、多くのウェブデザイナーやデベロッパーがWordPressテーマを自分で作成しています。

WordPressのテーマは、主に

  • PHP
  • CSS
  • HTML
  • JavaScript

などのウェブ技術を使用して作成されます。テーマは、ウェブサイトのデザイン、レイアウト、色、フォントなどを制御するテンプレートの集合であり、WordPressのテーマファイルには特定のフォーマットと命名規則があります。

テーマのカスタマイズ方法と自作の難易度

WordPressテーマを自作するには、ウェブ開発のスキルや経験が必要であり、初心者や専門的な知識がない方にとっては、時間とエネルギーをかなり消費する可能性があります。

また、自作する際にはセキュリティ上のリスクを避けるためにも、専門的な知識が必要となります

既存テーマのカスタマイズに関しては、選択したテーマの構造と自身のウェブ開発のスキルによって異なります。以下にいくつかの一般的なポイントを挙げてみます。

要素カスタマイズの難易度
カスタマイズオプションの提供簡単 – 多くのカスタムテーマは簡単な変更を提供
難しい – カスタムオプションが限られている場合
CSSの編集簡単 – 基本的なスタイルの調整は比較的容易
難しい – カスタムデザインに慣れていない場合
PHPの編集簡単 – PHPを理解している場合、基本的なカスタマイズは容易
難しい – プログラミング経験がない場合、理解に時間がかかる
プラグインの利用簡単 – プラグインを使って機能を追加できる
難しい – 適切なプラグインを見つけることが難しい場合
既存テーマのカスタマイズ表

既存テーマを選択するメリット

時間と労力の節約

既存のテーマを選択することで、デザインと機能がすでに整っており、すぐに使い始めることができます。自分でテーマを作成する時間と労力を節約できます。

サポートとアップデート

信頼性のあるWordPressテーマは、定期的なアップデートとサポートが提供されることが一般的です。これにより、セキュリティのリスクを軽減し、最新の機能や修正を利用できます。

デモサイトとカスタマイズ

多くのテーマはデモサイトを提供しており、実際のウェブサイトのプレビューを見ることができます。また、テーマオプションを使用して簡単にデザインやレイアウトをカスタマイズできます。

豊富な選択肢

WordPressテーマの市場は非常に広範で、無料と有料の両方の優れたテーマが数多くあります。自分のウェブサイトのニーズに合ったテーマを見つけることができるでしょう。

ただし、無料のテーマはサポートが限られている場合もありますし、有料のテーマはコストがかかることを考慮する必要があります。

また、既存のテーマをカスタマイズする場合には、一部のテーマではカスタマイズの自由度が限られることもあります。

総合的に考えると、ウェブ開発のスキルが限られている場合や時間を節約したい場合には、無料または有料の既存のWordPressテーマを選択することが合理的な選択となるでしょう。

ただし、特定の要件を満たすテーマを見つける際には、レビューや評価を参考にすること、またサポートとアップデートの提供状況を確認することが重要です。

テーマ(テンプレート)の種類は以下3点になります。

  • 自作テーマ(テンプレート)
  • 無料の既製品テーマ(テンプレート)
  • 有料の既製品テーマ(テンプレート)

無料テーマと有料テーマの比較

既存のテーマ(テンプレート)はメリットやデメリットがあり悩むところです。どれを選んでも完璧なものはありません。

無料テーマと有料テーマは、WordPressウェブサイトを作成する際に人気のある選択肢です。それぞれにはメリットとデメリットがあります。以下の表は、無料テーマと有料テーマの比較を示しています。

無用・有料テーマそれぞれのメリット・デメリット

【表:無料テーマと有料テーマの比較】

特徴無料テーマ有料テーマ
コスト無料一般的に有料
デザインと機能の品質バラエティが豊富で一部品質が低い場合があるデザインや機能が高品質でプロフェッショナルな見た目
サポートとアップデート提供される場合があるが限定的定期的なアップデートとプロフェッショナルなサポート
カスタマイズの容易さカスタマイズオプションは限られている場合が多い多くのカスタマイズオプションが用意されている
セキュリティと信頼性品質にばらつきがあるためセキュリティリスクが高い場合がある高品質なコードとセキュリティ対策が提供されている
豊富な選択肢テーマの数が多く、カテゴリーごとに多様なデザインがある多様な業界や用途に合ったテーマが提供されている
カスタマーサポートサポートが限られている場合が多いプロフェッショナルなサポートが提供される場合が多い
表:無料テーマと有料テーマの比較

プラグインの約割

WordPressプラグインは、WordPressの機能を追加、拡張、カスタマイズするためのアドオンソフトウェアです。プラグインはコードの集合体であり、

テーマとは異なり、WordPressのコアコードに直接影響を与えることなく機能を追加することができます。ユーザーはWordPressの管理画面からプラグインをインストールし、有効化することで利用できます。

プラグインにはさまざまな機能があり、ウェブサイトの目的や要件に合わせて選択できます。

WordPressの機能拡張プラグインの例

プラグイン名機能説明
Wordfenceセキュリティ強化:不正ログインの防止、マルウェアスキャン、脆弱性警告など
Broken Link Checker (リンク切れチェッカー)リンク切れ監視:ウェブサイト内のリンクが切れていないかを検出・通知
Contact Form 7 (問い合わせフォーム)問い合わせフォーム追加:カスタマイズ可能な問い合わせフォームを作成・管理
WordPressの機能拡張プラグインの例

これらのプラグインは、多くのWordPressサイトでよく利用される重要な拡張機能を提供しています。

Wordfenceはセキュリティを強化し、ウェブサイトの安全性を保護します。

Broken Link Checkerはリンク切れを監視し、SEOを向上させます。

Contact Form 7は問い合わせフォームを追加し、ウェブサイトのユーザーコンタクトを促進します。

これらのプラグインはウェブサイトの機能性とパフォーマンスを向上させるために重要な役割を果たします。

またインストールしたプラグインが不必要であれば削除できます。

プラグインを投入する際には、いくつかの注意点を考慮することが重要です。以下に、プラグインを導入する際の注意点をいくつか挙げます

注意点説明
必要最小限のプラグインのみ導入ウェブサイトのパフォーマンス低下を防ぐために必要な機能のみ導入
最新のバージョンを確認セキュリティのリスクを軽減し、新機能を活用するために最新バージョンを導入
互換性を確認WordPressのバージョンや他のプラグインとの互換性を確認
評価とレビューを確認ユーザーからのフィードバックを参考にプラグインの品質を確認
不要なプラグインの削除使用していないプラグインは削除してウェブサイトの管理を整理
プラグインの負担を減らす負担を減らす工夫をし、ウェブサイトの読み込み速度を向上させる
プラグインの導入に際しての注意点

これらの注意点を意識することで、プラグインを効果的に導入し、ウェブサイトの機能性とセキュリティを向上させることができます。

プラグインで注意することは使用しているテーマ(テンプレート)との相性です。インストールしてみたが、うまく動かないといった不都合が生じることがあります。

プラグインはほとんど無料利用できるが、よく考えてプラグインしましょう。

下記プラグイン

まとめ

WordPressは、オープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)であり、ブログやウェブサイトを簡単に作成・運営するプラットフォームです。

利点として、ユーザーフレンドリーなインターフェース、カスタマイズ性、豊富なプラグイン、利用者のコミュニティが挙げられます。

CMSとしての役割については、コンテンツの作成、編集、公開、管理を容易に行えます。かつてはWordPress以外のCMSも存在していましたが、WordPressが登場して以降、その便利さと拡張性により広く利用されています。

WordPressの創業者は2人であり、オープンソースの精神に基づいて開発が進められてきました。原型制作は2001年の「b2」からスタートし、その後、WordPressとして発展してきました。

WordPressには、WordPress.comとWordPress.orgの2つのバージョンがあります。WordPress.comは完成されたサービスで手軽に始められますが、WordPress.orgは自分でサーバーなどを用意するなと、自由度が高いバージョンです。

テーマはWordPressの外観や機能を決定する重要な要素であり、一般的テーマとWordPress用テーマが存在します。また、テーマの自作やカスタマイズ方法、既存テーマの選択メリットについても理解しました。

無料テーマと有料テーマの比較では、それぞれのメリットとデメリットを把握する必要があります。さらに、WordPressの機能拡張に役立つプラグインについても紹介されています。

WordPressの世界は広大で魅力的な要素が満載です。開発者の熱意と努力、豊富なテーマとプラグインの選択肢が、ユーザーにとってより魅力的なブログやウェブサイトを実現する手助けとなるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次