プロバイダーとは?知っているつもりでしらない、インターネットとプロバイダー

※アフィリエイト広告を利用しています

プロバイダを説明することは難しいです。分かったようで説明できない言葉を広く浅く説明します。

最初に

この記事はプロバイダの基礎知識を中心に書いています。

プロバイダ業者の選び方やオススメはあせん。

では本題にはいります。

インターネットをしたくて光回線契約を済ませたら完結する。と思っていませんか?

インターネット光回線事業者と契約をしてもインターネットはできないの?

できません、

現在利用率が高いインターネット回線は光回線です。ここでの説明は光回線を例にしています。

インターネットを利用するのには光回線とパソコン機器を中継する接続業者が必要となります。

それがインターネットサービスプロバイダ(IPS)、プロバイダと呼ばれている業者です。

目次

プロバイダとは中継業者

プロバイダーはインターネットとパソコンを繋ぐ、中継接続業者。

プロバイダをたとえるなら、部屋の中にコンセント、コンセントだけがあっても家電製品は使えません。

電力会社と電気契約しなければ家電は使用できません。

インターネット利用もプロバイダ業者と契約しないとインターネットは利用できません。

プロバイダ=中継業者

インターネット回線業者・プロバイダの違い

インターネット回線事業者は機器と配線だけ用意します。

さきほどのコンセントで例えるなら、部屋の中の配線とコンセント工事をしてくれるのが、インターネット回線業者です。

有名な業者ではフレッツ光

フレッツ光はプロバイダ業者ではないです。インターネット光回線業者(NTT)の商品名です。

インターネット回線業者は物、ハードを用意する業者であり、インターネットの世界と繋げてくれません。

インタネット回線業者=工事

プロバイダ

プロバイダの言葉の意味は何か?

提供する、何かを供給する、といった意味です。

プロバイダの正式名はインターネットサービスプロバイダ(ISP)、なのでインターネットサービスを提供する会社と訳せます。

サービスとは、この場合は機能、働きのことを意味します。

プロバイダの仕事

プロバイダはパソコンやスマホをインターネットにつなぐこである、

そしてインターネットにつなげるために、プロバイダ契約をすると契約者にIP(internet protocol)アドレスを振り分けます。これも大切な仕事です。

IPアドレスとは?

通信に必要な番号です

IPアドレスは通信に必要な番号であり、番号をもとに発信元、発信先を特定することにより、インターネットができます。

IPアドレス:192.168.◯◯◯.◯◯◯

プロバイダ業者が行っている各社、独自のサービス例として

  • メールアドレス(プロバイダー側から提供)
  • セキュリティ対策
  • 無料ルータ
  • ひかり電話(光回線)

などです。これはプロバイダ業者が勝手に行っているサービスです。

インターネット回線業者がプロバイダ業ができない理由

インターネットを使用するには、インターネット回線業者とプロバイダ業者の2社と契約しなければダメです。

なぜ中継業者が必要なのか?

利用者側は光回線業者が工事をするので同時に中継役(プロバイダ)も一緒にしてほしいと思う。

しかし法律でプロバイダ業務を回線業者は行ってはいけない、禁止している。

NTT法、独占禁止

NTT法(日本電信電話株式会社等に関する法律)により回線を所有しているNTTがプロバイダ業務も行うと独占することになる。

健全な競争を促すために回線業者とプロバイダ業者を区分することを決めたのです。

現状は子会社のdocomoが一人勝ちのようである。

利便性を考えると、インターネット回線業者とプロバイダ業者は一緒がいいのでは?

そのとおりです。

そこでインターネット利用手続きを簡単にすることや、料金サービスなどを良くしようとする意味から

光コラボ事業者(光コラボレーションモデル事業者)がでました。

実際インターネット回線契約をするとプロバイダ業者も同時に選択するようになっています。その場で一緒に契約できます。

下記関連記事
  ⬇

プロバイダ費用について

おおよそ下記の内容で月額の支払いが発生します。

  • プロバイダ料金
  • インターネット回線使用料
  • レンタル機器がある場合レンタル料
  • オプションがある場合オプション料金

プロバイダ料金は分かるが、インターネット回線使用料ってなに?

インターネットを使用する場合、必ず支払いが生じます。

プロバイダ業者によってはプロバイダ料金に含めて表示しています。確認するには利用明細を見てください。

インターネット回線使用料は一ヶ月、目安料金は500円〜1,000円

スマホもインターネット回線使用料払っているんですか?

そうです、必ず毎月払っています。

スマホはインターネット回線使用料が発生していないと考えるかたもいるでしょうが、

支払項目は各社でちがうので分かりにくいです。例えばauスマートフォンでは、LTE NET の名称で月額一定料金、330円の支払いが生じています。

スマホ各社のインターネット回線使用料はどこも同じ税込み330円です。

転用について

フレッツ光から光コラボに変えることが転用といわれています。

au光から光コラボに変えることは転用とはいわない。この場合は解約して新たな契約になる。

転用するメリットは月額料金が安くすむこと。

フレッツ光契約はインターネット回線とプロバイダ契約が別々です。

光コラボと比べると月額が高い場合もある。

そこで転用することでお安くなり、プロバイダサービスも受けられる。

まとめ

今回はプロバイダを中心に解説しました。内容は下記のとおりです。

  • プロバイダとは
  • プロバイダの仕事とは
  • インターネット光回線業者がプロバイダ業ができない理由
  • NTT法
  • 光コラボ事業者とは
  • プロバイダ費用について
  • 転用について

初心者が理解できることを想像して書きました。何かのお役に立つことを願っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次