インターネットとWi-Fi、Bluetooth:それぞれの役割と違いを解説

※アフィリエイト広告を利用しています

多くの人がWi-Fiを使っているため、インターネット回線とWi-Fiを混同しているかもしれませんが、実はそれぞれ独自の役割を果たしています。

まずはインターネット回線について、

インターネット回線は、インターネット接続の基本で、インターネットサービスプロバイダ(ISP)から提供され、有線や光ファイバーなどの物理的な配線を介して家庭やオフィスに接続され、データの送受信を通じてウェブサイトの閲覧やオンラインサービスの利用が可能です。

次に、Wi-Fiです。

Wi-Fiは、ワイヤレスLAN技術で、無線でインターネット回線を利用し、ルーターやアクセスポイントから無線信号を送信し、デバイスがその信号を受信してインターネットに接続します。家庭やオフィス内でワイヤレスなインターネット接続を提供する技術です。

さらに、Bluetoothについても触れましょう。

Bluetoothは、近距離無線通信技術で、携帯電話やヘッドセット、キーボードなどのデバイス間のデータ転送に使われます。例えば、スマートフォンとヘッドフォンをBluetoothで接続することで、ワイヤレスで音楽を楽しむことができます。

これらの基本的な概念を理解することは、デジタル世界でのスムーズな接続とコミュニケーションに不可欠です。

それでは、詳細な説明に進んでいきましょう。それぞれの技術がもたらす利点や具体的な活用例にも触れていきます。

目次

インターネットとは何か?コンピュータの繋がりを解説

インターネットは、コンピュータ機器が相互に接続された状態を指します。このネットワークは、インターネット回線を介して実現されます。

具体的には、インターネット回線は、インターネットサービスプロバイダ(ISP)から提供され、光ファイバーや他の物理的な配線を通じて家庭やオフィスに接続さ、

インターネット回線によってデータが送受信され、我々はウェブサイトの閲覧やオンラインサービスの利用が可能になる。

インターネットとは、コンピュータ同士がつながり、情報を共有する広大なネットワークのことを指し、インターネット回線を通じて私たちはその恩恵を受けるのです。

インターネットとインターネット回線、そしてWi-Fiの違いについて、以下で説明します。

Wi-Fiとはなにか?無線通信の便利さを解説

「Wi-Fi」は、無線LAN技術の一つであり、無線でインターネットに接続するための手段です。Wi-Fiは、ルーターやアクセスポイントを介して無線信号を送信し、対応するデバイス(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)がその信号を受信して​​インターネットに接続します。Wi-Fiを利用することで、デバイス間でのデータ通信が可能となります。

考えてみると、インターネットはコンピュータ機器が相互に接続している状態を嫌い、インターネット回線は物理的な配線や通信回線を介してインターネットに接続する手段です。 一方、Wi-Fiは無線LAN技術を使ってデバイスをインターネットに接続するための方法です。

無線通信の便利さには、以下のような利点があります。

  • 高い利便性:Wi-Fiを使用することで、デバイス(スマートフォン、タブレット、ノートパソコンなど)をケーブルに接続する必要がなくなります。これにより、場所を選ばずにインターネットに接続できます。

    また、複数のデバイスを同時に接続することができるため、家庭やオフィスなどで共有のインターネット接続を簡単に実現できます。
  • 柔軟性と拡張性:Wi-Fiは無線であるため、壁や建物の障害物を超えて通信することができます。

    そのため、屋内や屋外、さまざまな環境で利用することができます。

    また、Wi-Fiの規格は進化しており、新しい技術や高速通信に対応した機器や規格が継続的に開発されています。
  • モビリティ:Wi-Fiを利用することで、デバイスを持ち運びながらインターネット接続を維持することができます。

    たとえば、カフェや空港、ホテルなど公共の場所にWi-Fiが提供されている場合、自身のデバイスを使ってそのネットワークに接続し、インターネットを利用することができます。

インターネット回線とWi-Fiの違いを理解するためには、以下のポイントに注目する必要があります。

  • インターネット回線:インターネット回線は、インターネットサービスプロバイダ(ISP)から提供される有線の接続です。

    一般的なインターネット回線の種類には、光ファイバー、DSL(デジタル加入者線)、ケーブルテレビなどがあります。これらの回線を通じてインターネットに接続し、インターネットサービスを利用することができます。
  • Wi-Fi:Wi-Fiは、インターネット回線に接続されたルーター(またはアクセスポイント)を介して、デバイス間で無線通信を行うための技術です。

    Wi-Fiを使用することで、デバイスはルーターに無線で接続し、インターネット回線を共有することができます。Wi-Fiは単なる通信手段であり、インターネット回線とは異なる概念です。

したがって、インターネット回線とWi-Fiは独立して認識する必要があります。インターネット回線が提供された後、ルーターを使用してWi-Fiを設定することで、デバイス間で無線LAN接続を確立し、インターネットを利用することがでる。

以上がWi-Fiと無線通信の便利さについての解説と、インターネット回線とWi-Fiの違いについての認識です。

これらの概念を理解することは、現代のデジタル世界でスムーズな接続を確立し、インターネットを効果的に活用する上で重要です。

以下では簡単に「インターネット」「回線」について用語の解説

インターネットの「インター」

「インターネット」の「インター」は、英語の「inter」に由来し、英語の「inter」は、「間に」「相互に」という意味です。

「インターネット」の「インター」は、ネットワーク間の相互性や相互接続性を強調する役割を果たしているのです。

インターネットの「ネット」

「インターネット」の「ネット」は、「ネットワーク」(Network)の略語として使用され、

ネット(ネットワーク)は、複数のコンピュータやデバイスが相互に接続されて、情報やデータをやり取りするための仕組みである。

ネット(ネットワーク)には、LAN(Local Area Network)、WAN(Wide Area Network)、MAN(Metropolitan Area Network)など、さまざまなスケールや範囲のネット(ネットワーク)が存在します。

「ネット」という言葉は、インターネットだけでなく、一般的なネットワークや情報通信技術においても使用される。

たとえば、企業内でのローカルネットワーク(LAN)や、無線LAN(Wi-Fi)なども「ネット」と呼ばれることがあり、この場合、「ネット」は、お互いに接続されたコンピュータやデバイスの集合体、ひとかたまりを指す言葉として使われます。

したがって、「インターネット」の「ネット」は、複数のネットワークがたがいに関わりを持った物が接続されて形つくられた広範なネットワークを指しています。

コンピュータの世界のネットワーク(ネット)の意味は世界の多くのコンピュータが繋がっていることです。

以上のことからインターネットネットとは、さまざまな情報がコンピュータ機器を利用して世界規模で繋がっていることを意味し、インターネットとはネットワーク内の一つを言う。

次に回線の説明です。

回線(通信回線)とはなんでしょうか?

「インターネット回線」における「回線」は、情報やデータを伝送するための物理的な経路や通信媒体を指します。

通信媒体は、情報やデータが通るための「材料」や「素材」のようなものです。例えば、電気信号を使って情報を伝える場合、電線が通信媒体になりまた、

回線は、情報やデータを送るための「道」や「管」のようなものです。イメージとしては、電車や自動車が走る道路や、水が通るパイプなどが回線に似ています。情報やデータは、この道やパイプを通って送られます。

光を使って情報を伝える場合には、光ファイバーケーブルが通信媒体になります。この通信媒体は、情報を適切に伝える役割を果たしています。

つまり、回線は情報が通る道や管であり、
通信媒体はその道や管を作っている材料や素材のこと

インターネット回線では、情報が電線や光ファイバーケーブルを通って送られます。これらの通信媒体がしっかりとつながっていることで、情報が高速に送られたり、インターネットを利用したりすることができます。

また、携帯電話の通信も回線と通信媒体が関わっています。携帯電話の通信は、電波が回線に相当し、空中を伝わって情報が送られる。

以上が、回線と通信媒体についての簡単な説明です。

また、さまざまな種類の回線があります。スマホで利用される回線には、

  • 3G 回線:2026年3月31日、3G回線サービス「FOMA」と「iモード」を終了予定
  • 4G 回線
  • 5G 回線

インターネットと回線について

改めてインターネット回線とは

ンターネット回線は世界中のコンピュータ機器を利用して世界情報を閲覧したり、情報を送信するためのコンピュータ専用の通信回線です。

インターネット回線にはいくつかの種類がありそれぞれ特徴があり、それぞれ特徴があります。回線はインターネットをつなげるための接続手段であり、データーの送受信に使われます。有線、無線などのさまざまな方法がある。

インターネット回線の種類

さきほどの説明で回線(通信回線)は情報が流れるパイプと表現しました。パイプとなる回線には4種類あります。

  1. 光回線(有線)
  2. ケーブルテレビ(CATV)回線(有線)
  3. モバイル回線(無線)
  4. 固定電話回線(有線)
1.光回線とは(有線)

光ファイバーケーブルと呼ばれるケーブル(線)を利用し情報を伝送する。特徴は情報を遠くまで、速く、たくさん送れます。

光回線事業者として以下に列記

  • ドコモ光
  • so-net光
  • au光
  • NURO光

などがあります。

2.ケーブルテレビ(CATV)回線(有線)

有線テレビケーブル(線)を利用するインターネット回線、特徴(デメリット)は情報通信スピードが光回線より遅いことです。

ケーブル回線事業者としては

  • J:COMネットなどがあります。
3.モバイル回線(無線)

スマホ(モバイル)の電波を利用してインターネット接続を行う通信方法である。

特徴は簡単に利用でき、工事が不要であることが挙げられます。

モバイルとは持ち運び、移動できる意味。スマホもモバイルといえる。モバイル方式には以下の2つの方式に分類される。

  • モバイルWi-Fiルーター(持ち運びできる)
  • ホームルーター(室内設置、家庭用コンセント使用)
4.固定電話回線(有線)

アナログ通信に電話回線を利用したもので、ADSLとも呼ばれる

なおADSLは2024年にサービス終了予定です。(フレッツ・ADSLは2023年1月31日、サービス提供が終了しました。)

インターネット回線の今後

2019年から2021年9月までの光回線サービス契約者数は約3,600万件であり、今後も伸びる可能性は高いと考えられます。

参照  マイナビニュース

光回線サービス契約が伸びる要因として、以下の要素が挙げられます。

  • 固定電話回線のADSLサービス終了: 固定電話回線を利用したADSLサービスの終了により、多くのユーザーが光回線に移行することが予測されます。光回線は高速で安定した通信が可能なため、需要の増加が見込まれる。
  • テレワークとウェブ会議の普及: COVID-19パンデミックにより、テレワークやウェブ会議の需要が急増しました。これにより、高速かつ安定したインターネット回線が必要不可欠となり、光回線の需要が一層高まると予想される。
  • 4K配信動画の普及: 高画質の4K配信動画の需要が増加しています。4K映像のストリーミングには高速かつ大容量の回線が必要であり、光回線がその要件を満たしています。このため、4K配信の普及に伴い、光回線の需要が伸びると予測されます。

現段階では、インターネット回線において光回線が安定性とスピードの面で優れている。なお、インターネット光回線を利用する場合は、事前に光回線エリアの確認が必要です。

光回線提供エリア

光回線を検討されている方は使用される住所で光回線提供エリアを確認してください。

集合住宅(アパート、マンション)の場合建物内まで光回線が引き込まれているか確認。

光回線提供エリアには以下があります。

  • フレッツ光
  • auひかり
  • NURO光

今後のインターネット予測

インターネット回線の今後に関して、新たな技術の導入や通信インフラの改善により、さらなる高速化や安定性の向上が期待されている。

また、新たな需要の増加に応えるため、より多くの地域に光回線が普及する可能性もあります。

さらに、5Gネットワークの展開や衛星インターネットなどの技術の進化により、今後はより多様なインターネット回線の選択肢が提供される可能性もある。

Wi-Fi(ワイファイ)とは

Wi-Fiは無線LANのことです。比較的限られた空間や距離内でのネットワーク通信手段で、

Wi-Fiとは通信規格の商品名、またはブランド名です。

日常生活において、スマートフォンを持っている人は家にいるときには無料でインターネットに接続できると考えていることが一般的である。

ただし、家庭のWi-Fiは有料であり、家族の誰かがWi-Fi料金を払っています。

また、街ではWi-Fiスポットと呼ばれる場所で無料でインターネットを利用できる。

街中のWi-Fiは無料ですが、誰かがWi-Fi料金を払っています。

「Wi-Fiってなんですか?」

聞かれても困ってしまいますよね。簡単にいうとWi-Fiは無線LANのこと、先ほども説明したように商品名や技術名でもある。

具体的にはWi-Fiは電波、と理解してください。

Wi-Fi=電波

少し詳しく説明すると

Wi-Fiは無線LANの一種類であり、LANはローカルエリアネットワークの頭文字を取った略称です。

Wi-Fiは比較的限られた範囲でのネットワークを意味します。例えば家庭内、会社内、駅待合室、店舗で利用されている。

有名な例としては、スターバックスなどのコーヒー専門店が挙げられますね。パソコンを利用している方のほとんどがWi-Fi利用者です。

 Wi-Fiがなぜ無線LANなの?

Wi-Fi線(ケーブル)を必要とせずにネットワークに接続するため、無線(線のない状態)でANを実現しているからです。一方、目に見える線(ケーブル)を使用する有線接続のLANは有線LANと呼ばれています。

ちなみに世界規模でつながるネットワークをWAN(ワールドエリアネットワーク)と呼ばれています。インターネットはWANの一例。

現在では、Wi-Fiは無線LANの一部を指し、無線LANがWi-Fiではないことに注意が必要です。しかし、一般的な解釈では、Wi-Fiは無線LANと同じ意味で使用されています。

Wi-Fi利用できる機器

Wi-Fi利用可能な機器には以下のものがあります

  • パソコン
  • プリンター
  • タブレット
  • スマホ
  • デジタルカメラ
  • テレビ
  • 動画配信機器(ストリーミング)
  • 屋内外カメラ
  • ゲーム機

WiFiは国際標準規格、製品の相互性と認証

Wi-Fiは国際標準規格で、1999年に誕生し、2003年からは世界基準を設けることで問題なく利用できる製品が増えました。

以前、Wi-Fiが出来た頃は規格がなく、製品メーカーによる独自の規格で、各メーカーが独自のたため、相互性が保証されていませんでした。

現在では先ほどの国際基準を満たした製品のみWi-Fi文字の使用を認めています。

WiFi文字マーク以外にもWi-Fi認定を保証する文字としては、

IEEE802.11対応と書かれた機種はWi-Fi互換性を認証しています。

Wi-Fi Alliance(ワイファイアライアンス)団体は、製品の品質向上と普及を促進するために世界基準を定めました。

これにより、Wi-Fiは広く使われる国際標準規格となり、我々の生活を便利にしています。

Wi-Fiのメリット、デメリット

メリットデメリット
スマートフォン利用時のデータ容量が無制限
2階や3階建ての住宅内でも利用可能

スマートフォン、パソコン、ゲーム機などを同時に接続できる
配線が不要でスッキリした環境を作れる
最初の接続設定がやや面倒
利用場所によって通信が不安定になることがある
有線接続よりも信頼性が低い場合がある
Wi-Fiを利用するにはルーターが必要です
Wi-Fiメリット・デメリット

WiFi利用にはルーターが必要です

ルーターとはWi-Fi電波を発信する装置です。

目に見えないWi-Fi電波をスマホやゲーム機に飛ばしてくれる装置です。

Wi-Fiルーターについて

Wi-Fiルーターはパソコンやスマートフォンなどをネットワークに無線で接続するための中継役を担う装置です。

Wi-Fiルーターにはモデムが必要です

Wi-Fiルーターにはモデムが必要です。光回線を利用する場合、光回線終端装置(ONU:光専用モデム)を設置します。

モデムは、電話回線でインターネットをするために必要な機器で、スマートフォンの信号をケーブルを通じて変換します。

Wi-Fiルーター機種

家の中でWi-Fi利用できる方法は先程の

光回線利用のWi-Fiルーター(光回線用モデムが必要)

屋内に設置できる(コンセント利用)ホームルーター

家の中や屋外で使えるポケットWi-Fiがある。

Wi-Fiルーターで近年注目されているホームルーターについて興味ある方は以下の関連記事を参照ください。

スマートフォンがWi-Fi利用できるまでの流れ

スマートフォンがWi-Fiを利用できるまでの流れは以下の通りです

STEP
壁に接続する光回線専用、光コンセント
STEP
モデム(ONU:光専用モデム)
STEP
Wi-Fiルーター
STEP
スマートフォン

以上がスマートフォンがWi-Fiを利用できるまでの流れです

また無線と同じ機能を持つBluetooth(ブルートゥース)についてふれおきましょう。

最近では、パソコンとスマートフォンがBluetooth接続で無線通信することが一般的となり、多くのBluetooth(ブルートゥース)対応機器が利用されています。

Bluetooth(ブルートゥース)とWiFiはどう違うの?

Bluetooth(ブルートゥース)とは

Bluetoothはデジタル機器同士での近距離通信を行う規格です。簡単に言えば、Bluetoothは無線電波を利用した通信方式です。

Bluetoothの主な用途には、以下のものがあります

  • マウス
  • キーボード
  • スピーカー
  • イヤフォン
  • スマホ

などです

実際には数メートル程度の距離で使用されることが一般的です。

Bluetooth(ブルートゥース)のメリット、デメリット

メリットデメリット
配線不要でスッキリとした環境を実現できること
手軽に機器同士を接続できること
通信が切れやすいことがある
情報漏洩のリスクがあること
Bluetoothメリット、デメリット

Wi-FiとBluetoothの違い

大きな違いは利用可能距離です。

Wi-Fi: 50メートルから100メートル程度まで利用可能で、

Bluetooth: 約10メートル程度の近距離で利用されます。

注意: BluetoothはWi-Fiと異なり、通信距離が比較的短いため、近くに機器がある場合にのみ使用することが適しています。また、Bluetooth接続は一度に接続できる機器数に制限がある場合がある。

まとめ

この記事は、インターネット初心者やまだネットを利用していない人を対象に、インターネット回線とWi-Fi、そしてBluetoothについて解説しました。これらの概念について正しい理解を得ることは、インターネットの利用や設定において役立つでしょう。

インターネット回線は、インターネットに接続するための基本的な要素であり、インターネットサービスプロバイダ(ISP)から提供さ、有線や光ファイバーなどの物理的な配線を介して家庭やオフィスに接続され、データの送受信を可能にします。

Wi-FiはワイヤレスLAN技術であり、無線でインターネット回線を利用する手段であり、ルーターやアクセスポイントを通じて無線信号を送信し、スマートフォンやパソコンなどのデバイスがその信号を受信してインターネットに接続し、

さらに、Bluetoothは近距離無線通信技術であり、携帯電話やヘッドセット、キーボード、マウスなどのデバイス間のデータ転送に利用されます。

Bluetoothを使用することで、ワイヤレスでデバイスを接続し、便利にデータをやり取りすることもできます。

この記事は、インターネット回線の設定や利用に関して手助けとなることを目指しています。ぜひ参考にして、よりスムーズなインターネット接続と利用を実現してください。

参考にしていただけたらありがたいです。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次