ブログ初心者のWordPressテーマ選び:無料・有料テーマのメリット・デメリットを徹底解説!

※このページは広告リンクが含まれます。クリックしても、読者の皆様には一切のご負担はございません。

ブログ初心者にとって、WordPressテーマ選びはまさに迷宮!無料テーマと有料テーマ、どちらを選ぶべきか悩みますよね?

「でも大丈夫!」この記事では、あなただけの最高のテーマを見つけるためのヒントを紹介!

まずは、あなたのWebサイトのイメージを明確にしましょう!ブログの目的は?ターゲット層は?どんな雰囲気にしたい?

イメージが固まれば、費用や機能面も選びやすくなります!

  • 無料テーマ:デザインの選択肢は少ないが、コストを抑えられる
  • 有料テーマ:デザイン性の高いテーマが多いが、費用がかかる

この記事では、おすすめテーマ紹介しません。なぜなら、あなただけの最高のテーマを見つけてほしいから!

具体的なチェックポイントや、テーマ選びの参考になるサイトなども紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください!

目次

WordPressテーマ選びの3つの悩みを解決!

ここではWordPressテーマ選びを3つの悩みにまとめて解決します。ではどんな悩みかと言うと、

  1. どんなテーマを選べばいいか分からない
  2. 失敗したくない
  3. 無料テーマと有料テーマ、どちらがいいか判断できない

それだは1つづつ説明します。

1.どんなテーマを選べばいいかわからない

まずは、Webサイトの目的利用方法を明確にしましょう。

  • ブログ?ビジネスサイト?ポートフォリオ?
  • 誰に向けて発信する?
  • どんな機能が必要?

目的と利用方法が分かれば、それに合致するテーマを選びやすくなります。

 2.失敗したくない

テーマ選びは、最初から完璧にできるものではありません。失敗はつきものです。

失敗を軽減するには、事前調査が重要です。

  • デモサイトやレビューを参考にする
  • 必要な機能をリストアップする
  • 複数のテーマを比較してみる

それでも、完全に失敗を防ぐことはできません。Webサイトの目的や内容が変化すれば、テーマが合わなくなることもあります。

大切なのは、失敗を恐れずに経験を積みながら最適なテーマを見つけていくことです。

3.無料テーマと有料テーマ、どちらがいいか判断できない

初めての方には、時間短縮多彩なデザインから選べる有料テーマがおすすめです。

無料テーマはコストを抑えられる一方、デザインや機能が限定されている場合が多いです。

すべての方ではありませんが、無料テーマから有料テーマに移行する方は少なくありません。

時間とコストをかけて、自分にぴったりのテーマを見つけることをおすすめします。

WordPressテーマ、有料テーマを使う5つの理由

無料テーマも選択肢の一つですが、時間短縮デザインの自由度機能性サポート体制などを考えると、有料テーマは非常に魅力的な選択肢です。

ここでは、有料テーマを使う5つの理由を紹介します。

1. Webサイト設定が短時間で終わる

多くの有料テーマは完成度が高く、細かな設定を必要とせずに、すぐにWebサイトを立ち上げることができます。

もちろん、ある程度の初期設定は必要ですが、無料テーマと比較すると、設定時間は大幅に短縮できます。

2. 専門知識がなくても大丈夫

有料テーマだけではありませんが、専門知識なしで、簡単にデザインやレイアウトを変更できます。

初心者でも直感的に操作できるので、安心して利用できます。

3. 設定に悩む時間をWebサイト制作時間に使える

無料テーマは利用者数が少ないため、ネット上の情報も少なく、問題解決に時間がかかってしまうことがあります。

一方、有料テーマは詳細なマニュアルメールサポートがWEB上で提供されているので、短時間で問題解決できます。

4. デザイン変更が自由自在

有料テーマは、豊富なカスタマイズオプションが用意されているので、自分のイメージに合わせてデザインを自由に変更できます。

アパレル、飲食店では季節感を取り入れたり、メニューを刷新したり、さまざまな表現が可能になります。

5. WordPressバージョンアップにも安心

有料テーマは、WordPressのバージョンアップにも対応しているので、常に最新の状態を保つことで、操作性の向上、セキュリティ強化につながります。また

新しい機能も利用可能になり、安心・安全にWebサイト運営を続けられます。

WordPressテーマ選びの6つのポイント

無料テーマも選択肢の一つですが、時間短縮デザインの自由度機能性サポート体制などを考えると、有料テーマは非常に魅力的な選択肢です。

ここでは、有料テーマを選ぶ際の6つのポイントを紹介します。

1. 目的、イメージに合ったデザインか?

Webサイトやブログは、目的ターゲットによって必要なデザインや機能が異なります。

  • 企業ホームページの場合は、サービス内容や実績を分かりやすく伝えられるデザインが必要です。
  • 個人ブログアフィリエイトサイトの場合は、記事が読みやすく、商品やサービスが魅力的に見えるデザインが必要です。
  • オウンドメディアの場合は、情報量が多く、常に新しい情報を発信できるデザインが必要です。

2. Webサイト設定、デザインが簡単

初心者にとって、テーマの設定やデザイン変更は難しいと感じる場合があります。

  • デモサイトのインポート機能
  • ドラッグ&ドロップ操作
  • 日本語マニュアル

などの機能があると、簡単に設定できます。

3. スマホ、タブレットに対応したテーマか?(レスポンシブデザイン)

近年、スマートフォンからのアクセスが主流になっています。

レスポンシブデザインに対応したテーマであれば、どのデバイスでも最適な表示ができます。

4. サポート体制はどうか

初心者にとって、サポート体制は重要なポイントです。

  • メールサポート
  • フォーラム
  • 日本語マニュアル

などのサポートがあると、問題解決がスムーズになります。

5. WordPress、ブロックエディターに対応しているか

WordPress 5.0以降では、ブロックエディターが標準搭載されています。

ブロックエディターに対応したテーマであれば、直感的に操作できます。

6. SEOはに意識しない

SEO対策は、テーマ選びだけで解決できるものではありません。

  • 良質なコンテンツ
  • キーワード対策
  • 内部リンク

などの対策が重要です。

有料テーマは、基本的にSEO対策がされています。

それよりも、コンテンツの内容に注力しましょう。

参考情報

WordPressテーマの探し方

数千ものテーマが存在する中、希望に合致するテーマを見つけるのは大変です。

ここでは、実際にWordPressテーマをネットで見つけるための3つの方法を紹介します。

1. ネット検索で好みのテーマを見つける

目的利用方法を整理した上で、以下のキーワードでGoogle検索してみましょう。

  • 「目的 + WordPressテーマ」 (例:「飲食店 + WordPressテーマ」)
  • 「業種 + WordPressテーマ」 (例:「アフィリエイト + WordPressテーマ」)
  • 「イメージ + WordPressテーマ」 (例:「和食 + WordPressテーマ」)

Webサイトの色を決める参考として、アパレルメーカーのサイトや「ブログ + 色」で検索するのもおすすめです。

2. たくさんのサイトを見る

30〜40記事ほど様々なサイトを見ることで、デザインの傾向を把握できます。

奇をてらったデザインは避け、目的に合ったデザインを選びましょう。

3. イメージと合うテーマを見つけたら、どこの会社のものか調べる

気に入ったWebサイトを見つけたら、使用されているテーマを調べましょう。

WordPressテーマは数千個存在しますが、日本語で利用可能なものは数十個です。

市場販売されていないテーマもありますが、ここでは有料テーマに焦点を当てます。

使用されているテーマを調べる方法はいくつかあります。

  • 以下のツールを使う
    • WP-Search
    • What WordPress Theme is That
    • Theme Check
  • サイトのソースコードを確認する
  • テーマのデモサイトを確認する

参考サイト、WP-Search、https://wps.manuon.com/

テーマ検索に興味ある方は記事の最後に関連記事としてあとでお読みください。WP-Searchの検索方法を解説しています。

WordPressテーマ:有料テーマと無料テーマのメリット・デメリット

ブログで収益化を目指すなら、テーマ選びは非常に重要です。

無料テーマ有料テーマ、それぞれメリットとデメリットがあります。

メリット・デメリット比較

メリット・デメリット有料テーマ無料テーマ
メリットデザインが豊富である
機能充実
サポート充実
ネット上で問題解決
無料
デメリット費用が発生する多少の知識が必要、
機能不足を感じる場合がある
有料・無料テーマ、メリット デメリット

どちらを選ぶべき?無料テーマから有料テーマへの移行パターン

多くの方が、最初は無料テーマから始めて、途中で有料テーマに移行するようです。

無料テーマから有料テーマへの移行パターン

行動パターン例

STEP
ネット記事を読んで

無料テーマも有料テーマどちらを選んでも良いと判断する。

STEP
最初は無料テーマに決めて、実際の使用感を確かめる

初めての方はまず、無料テーマから初めてみて様子を見ましょう。

STEP
10記事、20記事、記事が増えてくる

記事の書き方に慣れ、収益化をしたいと考えたら・・・

STEP
無料テーマの機能不足を感じる。

ブログ記事運営になれ、ステップアップしたい。

STEP
最終的に有料テーマに変更

デザイン、収益、操作性、有料テーマを探しだす。

STEP
有料テーマで落ち着く

時間と手間を考えると、最初から有料テーマを選べばよかったと感じる。

おすすめはやはり有料テーマ?

収益化長期的に考えている場合は、最初から有料テーマをおすすめします。

ブログは費用がかからないと言われることもありますが、収益化を目指すには投資が必要です。

WordPress有料テーマの費用体系

長期的な視点で費用対効果を考えましょう。

ブログで収益化を目指すなら、テーマ選びは非常に重要です。

WordPressテーマには、一括買い取り、月額支払い(サブスクリプション)、年間契約支払いという3つの支払い方法があります。

長い期間利用する予定であれば、費用対効果を考え、一括買い取りがおすすめです。

無料テーマも存在しますが、機能デザインが制限されていたり、サポートが充実していない場合があります。

有料テーマは、機能デザインが豊富で、サポートが充実しているため、ブログで収益化を目指す場合はおすすめです。

ブログで収益化を目指すなら、長い視点で費用対効果を考え、有料テーマの一括買い取りがおすすめです。

無料テーマではなく、有料テーマを選ぶことで、ブログ運営効率的に進めることができます。

人気の有料WordPressテーマ

有料テーマを選ぶ際は、自分のブログの目的に合ったテーマを選ぶようにしましょう。

スクロールできます
商品名価格支払い方法
アフィガー、AFFINGER6 14,800円一括支払い
ザ・トール、THE THOR16,280円
30,140円
サーバーセットプラン1年目30,140円
                2年目19,140円
ストーク19、STORK1911,000円一括支払い、会社名オープンケージ
スワロー、SWALLOW9,900円一括支払い、会社名オープンケージ
けいん、賢威 827,280円一括支払い
サンゴ、SANGO 14,800円一括支払い
TCD 無料〜39,800円一括支払い
スウェル、SWELL17,600円一括支払い
有料テーマ参考表

無料テーマでも始められる!おすすめテーマ

ブログを始めるには、費用がかかります。

有料テーマ高機能ですが、初期費用がかかり、自分のブログ運営は趣味として運営したいので、収益化はしないとお考えるなた、無料テーマ運営を迷わすオススメします。

無料テーマであれば、初期費用を抑えてブログを始めることができます。お財布にも優しいスタートです。そこで、

おすすめの無料テーマCocoonです。

Cocoonは、無料とは思えないほど高機能なテーマです。

デザイン豊富で、初心者でも簡単に使いこなせるため、多くのブロガーに愛用されています。

用語解説:WordPressブログを始める前に知っておきたい用語

WordPressブログを始める前に、以下の用語について理解しておくと役立ちます。

1. WordPressテーマ

WordPressテーマは、ブログのデザインや機能を決定するソフトウェアです。

具体的には、以下のような要素を決定します。

  • ブログ全体のデザイン
  • 記事のレイアウト
  • 使用できる機能

WordPressテーマには、無料のものと有料のものがあります。

無料テーマは費用を抑えられますが、機能が制限されていたり、サポートが充実していない場合があります。

有料テーマは、機能が豊富で、サポートが充実していますが、費用がかかります。

2. テンプレート

テンプレートは、WordPressテーマに含まれるデザインやレイアウトの雛形です。

テンプレートを使うことで、簡単にブログのデザインを整えることができます。

3. ブロックエディター

ブロックエディターは、WordPress5.0から導入された新しいエディタです。

ブロックエディターでは、文章、画像、動画などのコンテンツをブロックと呼ばれる単位で編集することができます。

ブロックエディターを使うことで、直感的にブログ記事を作成することができます。

4. SEO

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略です。

SEO対策を行うことで、検索結果でブログ記事が上位に表示される可能性が高くなります。

SEO対策には、以下のような要素があります。

  • キーワード選定
  • タイトルタグの設定
  • メタディスクリプションの設定
  • 内部リンクの構築
  • 外部リンクの獲得

5. プラグイン

プラグインは、WordPressに機能を追加するためのソフトウェアです。

プラグインを使うことで、以下のようなことができます。

  • 問い合わせフォームを設置する *関連記事を表示する
  • セキュリティ対策を行う

プラグインは便利なツールですが、インストールしすぎると動作が遅くなる可能性があります。

6. その他

上記以外にも、WordPressブログを始める前に知っておきたい用語はたくさんあります。

以下に、参考になるサイトを紹介します。

まとめ

WordPressテーマ選びで後悔しないためのポイントとしてまとめました。

WordPressテーマ選びは、ブログ運営において非常に重要なステップです。

今回の記事では、初めてのWordPressテーマ選びをする方に役立つ情報をまとめました。

WordPressテーマ選びで大切なポイントとして

Webサイト、ブログのイメージを固める

どのようなWebサイト、ブログを作りたいのかイメージを固めることで、最適なテーマを見つけやすくなります。

有料テーマを検討すること

おしゃれなブログやサイトの多くは、有料テーマを使用しています。

有料テーマは、無料テーマに比べて、以下のようなメリットがあります。

  • デザイン性が高い
  • 機能が豊富
  • サポートが充実

費用対効果を考える

有料テーマは費用がかかりますが、収益化を目的としたブログ運営であれば、費用対効果を考慮する価値があります。

WordPressテーマ選びは、時間をかけて慎重に行うことをおすすめします。

今回の記事が、あなたのWordPressテーマ選びの参考になれば幸いです。

参考までに、このブログで使用しているテーマはSWELLです。

関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次